スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
もしもしニコラ!
もしもしニコラ! (fukkan.com)もしもしニコラ! (fukkan.com)
(2005/02)
J.シャルドネ南本 史

商品詳細を見る
amazonのレビューにもありますが、当時の女の子の夢や憧れがぎゅっと詰まった本でした。


リーズはパリに住む八歳の女の子。
ママは看護婦でパパは警備員なので、時々ひとりで眠らなければならない夜があります。
ある夜、とうとう怖さに耐えきれなくなって、枕もとの電話のダイヤルをでたらめに回したら、繋がった先にいたのはニコラという男の子でした。


パリから350kmも離れたノルマンディのラ・モワヌリー農場に住んでいるというニコラは、怖くて泣いているリーズの話し相手になってくれます。
窓から見える月のことやポプラの木が歌う様子を話して聞かせ、窓を開けてふくろうの鳴き声を聞かせてくれたりもするのです。


携帯電話がこんなに普及するなんて想像もつかなかった頃のことです。
自分の部屋さえ持っていなかった私は、「フランスの子どもは自分の部屋に電話まで持ってるんだ!」と驚き、また、とても羨ましく思いました。


そして、ニコラ!
ひとりぼっちの夜に話し相手になってくれて、リーズをシャンドルール(燈火節または聖燭節ともいいます)なんて素敵な愛称で呼び、もみの木の苗をプレゼントしてくれるニコラは、まるでちいさなナイトのよう。


岡本颯子さんのかわいらしい挿絵と共に、当時の女の子たちの心を鷲掴みにする魅力にあふれた本でした。


EasySeekがまだあった頃、探しものコーナーに登録していたら親切な方が譲ってくださって、幸運にも再会できた一冊です。


復刊ドットコムでも得票数の多かったこの本は、その後めでたく復刊を果たし、今は新品で入手可能になりました。

ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト
[2007/08/07 15:15] ジャニーヌ・シャルドネ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。