スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
後巷説百物語
後巷説百物語 (Kwai books)後巷説百物語 (Kwai books)
(2003/12)
京極 夏彦

商品詳細を見る

「巷説百物語」「続巷説百物語」の 後(のち)の物語。

直木賞を受賞したというから、その当時は 前の二作を読まずに本書だけを読んだ人も少なからずいただろう。

しかし、それはあまりに勿体ない。

確かに この一冊だけでも面白いが、前二作の積み重ねがあるからこそ、万感胸に迫る。

これから読まれるかたは是非、「巷説~」から順に読んでいただきたい。




時代は江戸から明治へと移り変わり、薬研堀(やげんぼり)の隠居のもとには 今日も助言を求めて 矢作(やはぎ)巡査とその友人たちが集う。

九十九庵という庵を結び、自らを「一白翁(いっぱくおう)」と号するこの老人、かつては百物語開板のために諸国をめぐり 怪談奇談を収集していた 山岡百介の後の姿である。

百介は、あれから一度も江戸を出ることなく、今は「小夜」という遠縁の娘と共にひっそりと暮らしている。



元 南町奉行所見習い同心、現在は東京警視庁の一等巡査、矢作剣之進。

元 北林藩江戸詰め藩士、現在は貿易会社勤務、笹村与次郎。

元 徳川家重臣の次男坊、洋行帰りで今は無職、倉田正馬。

山岡鉄州に教えを受けた剣術使いで道場主、しかし今は専ら警察の剣術指南役、渋谷惣兵衛。



剣之進が奇怪な事件に遭遇し、知恵を借りるべく他の三人を呼び集める。

四人でああだこうだと言い合った挙句、一向に埒が明かなくて「そうだ、薬研掘へ行こう」というのがお決まりのパターンである。


彼らの話を聞いた一白翁こと百介が、昔 自分が体験した事件について語り、それをヒントに剣之進は事件を解決。

しかし実は百介の語った事件には裏があり、それは後に小夜にだけ明かされたり、あるいは与次郎に見破られて明らかになったりする。


「赤えいの魚」「天火」「手負蛇(ておいへび)」「山男」「五位の光」「風の神」


「赤えいの魚」は、「巷説百物語」の「柳女」と「帷子辻」の間、「天火」は「帷子辻」の後のお話である。

「手負蛇」の時間軸は不明。

「山男」は「天火」の後。

「五位の光」は「山男」の後、「続~」の「老人火」の二年前だと思われる。



第1話「赤えいの魚」は衝撃的だった。

「続~」の「死神」も怖かったが、「赤えいの魚」は 続きを読むのが怖くてページをめくるのをためらった末、しばらく休憩してしまった。


男鹿半島沖に浮かぶ幻の島。

常に不思議な靄に包まれ、年に数日 良く晴れた日に ほんの僅かの間 ある特定の場所からしか見ることが出来ないため、土地の者ですら その存在を知る者は少ないという。

更に、島の周囲の特殊な海流のせいで ある程度以上島に近づくと 急激に島に引き寄せられてしまい、二度と帰って来られない。

確かに日本なのに、どの異国よりも遠い まるで異世界のような島。

自分が今まで常識だと思っていた倫理が通らないということは、こんなにも恐ろしい。




しかし、百介の昔語りは 恐ろしいばかりではなく、郷愁に満ちてもいる。

自分が確かに「生きていた」と思える あの一時期。又市達と過ごした ほんの数年間。


老いますとね 昨日の数が多くなります。

(中略)

遠い昔の記憶(おぼえ)も昨日の記憶も、同じところに並ぶようになるのですなあ。
ですからね、より鮮烈で、より瑞瑞しい記憶の方が、目に付く。
そうした思い出が胸の内に浮かぶようになる。
それで、ああ自分は生きていたんだなと思うようになるので御座いますよ



百介が与次郎に向かって言った この言葉が 胸に残る。



「風の神」は、シリーズのタイトルでもある「百物語」がテーマであり、また シリーズ第1話での又市の仕掛けも百物語だったことから、シリーズの総括となる最終話にふさわしい。
(実際には本書の後にも「前(さきの)~」「西(にしの)~」の2冊が出ているが、時系列では「風の神」が最終話)


おおよそ想像通りだった小夜の素性や、百介が彼女を引き取った経緯が明らかになるにつれ、泣けてきてしようがなかった。


「続~」の「飛縁魔」で、又市が百介のことを「切り札」だと言ったが、まさか こんな未来を予想していたわけでもあるまい。

しかし、百介の仕掛けは、まるで又市の 最後の仕掛けだったようにも思えるのだ。



このシリーズには本物の妖怪や幽霊は登場しない。

又市なくしては どんな怪異も起こり得なかった。


なのに本書は、最後の最後に 「もしかしたら…」と思わせるような余韻を残して終わっている。


「続~」を読み終えた時ほどの喪失感はないが、やはりどうしようもなく寂しい。

私もまた、百介と同じように 百物語を終わらせたくなかったのだと思う。

後巷説百物語 (角川文庫)後巷説百物語 (角川文庫)
(2007/04)
京極 夏彦

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

[2012/02/23 15:59] 京極夏彦 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
続巷説百物語
続巷説百物語 (文芸シリーズ)続巷説百物語 (文芸シリーズ)
(2001/05)
京極 夏彦

商品詳細を見る


「続」というからには当然「巷説百物語」の続編…と思っていたら、ちょっと違った。

「巷説百物語」のそれぞれの短編を繋ぐような形で話が進む。

本書の第1話「野鉄砲」における時間軸は「巷説~」の「小豆洗い」と「白蔵主」の間、第2話「狐者異(こわい)」は「白蔵主」と「舞首」の間…という具合である。

「巷説~」が全7話で こちらが全6話だから、最終話はきっと「柳女」と「帷子辻」の間のお話なんだろうと思って油断していたから余計に、読み終えた後の衝撃は大きい。

なんとも言いようのない寂しさが残る。

迷子になったような、置いてきぼりにされたような心もとなさ。

それはきっと、読者にいちばん近い場所にいる百介の気持ちに寄り添って読んでいたからだろうと思う。

「巷説~」も重いと感じたが、本書に比べれば余程気楽に読めた。



「巷説~」が、全話 「越後の国に」「加賀の国に」というように 地名から始まっていたのに対し、「続~」は全話 「山岡百介が」で始まる。

百介は戯作者志望で、いつの日か百物語を開板することを夢見て、諸国の奇談怪談を聞き集めている蝋燭問屋の若隠居。

「巷説~」の第1話で、偶然 又市一味と出会い、その仕事ぶりを目の当たりにした百介は、彼らの人柄に魅かれ 時々仕事を手伝うようになるのだった。



「野鉄砲」「狐者異(こわい)」「飛縁魔(ひのえんま)」「船幽霊」「死神 ~或は七人みさき」「老人火(ろうじんのひ)」


個々の独立した短編でありながら、4話目までは全て「死神 ~或は七人みさき」に向けての伏線となっている。

「巷説~」では、仕掛け人である彼らの身に危険が及ぶことは なかったように思う。

いや、危ない橋を渡ってはいるけれど、それは後になってわかることで、読者がヒヤヒヤさせられることはない。

だからこそ、仕掛けやどんでん返しを純粋に楽しめた。


けれど、本書の「船幽霊」では、百介やおぎんが かなり危ない目に遭っている。

加えて、「死神 ~或は七人みさき」では、人の心に巣食う底知れぬ闇を垣間見て背筋が寒くなる。

その場に居たなら、きっと 百介同様 気を失ってしまうに違いない、底なしの恐怖である。


収拾不可能にも思える、藩ひとつを丸ごと巻き込んでの大騒動。

又市の離れ技に感心しつつ、事件が解決してもなお埋めることのできない空洞を思うと、「終わった!」という爽快感はない。



「巷説~」では触れられなかった百介の内面が深く掘り下げられ、また、治平やおぎんの壮絶な過去が明かされる、読み応えあり過ぎのずっしり重い一冊だった。


最終話「老人火」は、「死神」の事件から6年後。

一端の戯作者となった百介は、とある事情で6年ぶりに北林藩を訪れる。



胸に穴が空いたような寂しさを覚えつつ、本を閉じた。


続巷説百物語 (角川文庫)続巷説百物語 (角川文庫)
(2005/02/24)
京極 夏彦

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

[2012/02/13 16:06] 京極夏彦 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
巷説百物語
巷説百物語 (怪BOOKS)巷説百物語 (怪BOOKS)
(1999/09)
京極 夏彦

商品詳細を見る


前から読んでみたいとは思っていたものの、なんとな~く腰が退けていた京極作品。

なんというか、タイトルや表紙からして おどろおどろしいし、怖い話は好きだけどグロいのは苦手な私は、もしそういう話ばっかりだったらどうしようかと。

読んでみたらなんのことはない、面白い時代小説だった。

もちろん、面白いとは言っても「楽しい」とか「愉快な」というのではない。

夜が暗いのはあたりまえだった時代のイメージそのままに、全編に亘って闇が凝ったような重さは付きまとう。

そして、やっぱり凄惨な事件も起きる。

でも後味は悪くない。



「小豆洗い」「白蔵主(はくぞうす)」「舞首」「芝右衛門狸」「塩の長司」「柳女」「帷子辻(かたびらがつじ)」


各話のタイトルは竹原春泉・画「絵本百物語」から付けられた妖怪の名前である。

ただし、本書に本物の妖怪は登場しない。

これらの妖怪に準えられるのは人の業。

真っ当なやり方では解決できない事柄を、巧妙な仕掛けと目眩(めくらまし)で妖怪の仕業として丸く収めてしまう 御行の又市一味が暗躍する。


御行(おんぎょう)とは、行者紛いの身形で魔除けの札を売り歩く者をいうらしいが、又市は全くの無信心。

しかし、この行者の姿も 仕掛けに一役買っている。



雨の中、険しい山道を急ぐ一人の僧。

寺までの道のりはあとわずかだったが、やむを得ず 山中の小屋で夜を明かすこととなる。

その小屋では既に十人ほどが雨宿りをしていた。

百姓や物売りに混じって そこに居たのは、白装束の御行、人形遣いの女、商家の隠居、そして正体不明の若い男。

無聊の慰めに百物語でもしようと御行が提案し、皆が順番に怪談を語り始めるが、僧の様子が次第におかしくなり、ついには意味不明の言葉を口走ると雨の中を外へと飛び出していってしまう。(小豆洗い)




越後の国の枝折峠を皮切りに、物語の舞台は日本各地に散らばり、いずれも見事などんでん返しが用意されている。



文庫版も出ているが、このシリーズはカバーの裏に仕掛けがあるので、私はハードカバーのほうがお気に入り。

ただ、「続巷説百物語」「後巷説百物語」と だんだん分厚くなってくるので、本の重みで手が疲れるのが難点(笑)


巷説百物語 (角川文庫)巷説百物語 (角川文庫)
(2003/06)
京極 夏彦

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

[2012/02/01 17:41] 京極夏彦 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。