すいーん星旅行記
すいーん星旅行記 (1980年)

漫画家・大島弓子さんによる、1980年8月31日発行の絵本です。

ひとりの少女の ちょっとスリリングな夏休み旅行記。

表紙の雰囲気から、SFっぽい内容を想像していたのだけれど、表紙をめくればカバーの袖は千代紙のような和柄の模様に、見返しと扉はベージュのシワシワっとした和紙のような紙。

文章の書かれた左のページの端にもカバー袖と同じ模様が印刷されていて、もう この本の造りだけで きゅんきゅんします(笑)


サブタイトルは、GREEN TRIP IN SUMMER



夏休み。初めての一人旅で、少女は おじいちゃんとおばあちゃんの家へ。

汽車の中で見る夢は、宇宙遊泳。

緑色したりんごのような星へと向かいます。

そこは おかあさんが生まれた星で、おかあさんは その星を"すぃーん星"と呼んでいます。



「すいいんとは、緑の木陰のことよ」

おかあさんはいいました。




…ああ。なるほど、「翠陰」かぁ。



緑の星の夜は真っ暗で、宇宙がよーく見えて、トイレは最新式で(!)、肉体を持たない声だけの異星人「ザシキワラシ」という生物がいたりします。



なんだろう。この懐かしさ。


子どもの頃の あの長~い夏休みよ、再び!


せっかくお休みなのに、なんで学校行くより早起きしないといけないの?と内心ぶうぶう文句を言いつつラジオ体操に通い、ハンコを押してもらう。


宿題の絵のために、友だちと写生に行く。


スイカ食べて、かき氷食べて、川で遊んで、たまにおなかを壊したり。


家の庭先でささやかな花火をして、見上げた夜空には満天の星。


肝試しの順番待ちは、お寺に続く坂の下。流れ星がたくさん見えた。


そして、お盆を過ぎたあたりからは毎日がサザエさん症候群。



緑の星の住人だった私の夏休みは、遠くのおばあちゃんの家へ遊びに行くでもなく、家族旅行をするでもなく、たいていは家から半径5㎞以内で過ぎてゆきました。



そんな中で、たったひとつ、今でも何だったのかよくわからない出来事が。


中学生の頃、家で昼寝をしていた時、目が覚める直前だったのか、寝入り端だったのか、隣の部屋で話している両親の声が ふすま越しにはっきり聞こえていました。

後で内容を尋ねられたら ちゃんと答えられるくらいには鮮明でした。

その時、二階から誰かが下りてくる足音がして、トントントンという その軽い音とともに 鈴の音が。

弟は出かけていて、二階には誰もいないはずなのに。

そのうちに鈴の音は 私の近くまでやってきて、私の周りをぐるぐる回るのですが、隣の部屋で話している両親は ちっともその音に気付かないようなのです。

そのうち鈴の音はどこかへ行ってしまい、間もなく私は目を開けましたが、もちろん誰もいませんでした。

変だなとは思いましたが、すこしも怖くはなく、ちいさな子どもが鈴を手に走り回っているようなあの音の正体を 確かめられなかったのが残念でした。

鈴の音が聞こえていた時、目を開けられなかったのか、それとも薄目を開けて見ても誰もいなかったのか、もうよく思い出せません。


あれが「ザシキワラシ」だったのなら、会ってみたかったなぁと思います。



脱線しましたが、そんな昔々の夏休みの欠片が、ぶわっと溢れてくるような絵本でした。


巻末には「私の夏休み」と題した大島弓子さんのあとがきが。

すいーん星旅行記


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2012/08/01 16:36] 大島弓子 | トラックバック(0) | コメント(6) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker