スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
赤い実はじけた
赤い実はじけた (PHP創作シリーズ)赤い実はじけた (PHP創作シリーズ)
(1999/04)
名木田 恵子

商品詳細を見る


表題作の「赤い実はじけた」は、光村図書の国語の教科書に長い間掲載されていたものだそうです。

小学六年生になった子どもたちが、初めて国語の教科書を開いた時に見る いちばん最初のページに載っていたお話。



「急に胸が苦しくなってきて、とたん、胸の中で、赤い実がはじけたの」

いとこの千代が言ったことを思い出して、「赤い実がはじけるって、どんな感じかしら」と想像する綾子。

それは突然やってきた。

クラスメイトの哲夫と話していた時に。




作者の名木田恵子さんのところには、子どもたちからの手紙がたくさん届いたそうです。

その中に必ずあった質問「”赤い実がはじける”ってどんなことですか?」

作者によると この本は、その質問への答えになるかもしれないとのこと。



それまで苦手だと思っていたクラスメイトが、ふとしたきっかけで別人のように見えるようになった綾子。


泣き虫で頼りなかった幼なじみが、いつの間にか自分より背が高くなっていて、好きな女の子からチョコをもらったと喜んでいることにショックを受ける朝美。


好きな人から告白されて嬉しいはずなのに、母や姉の「マセてる」という言葉に、二人きりで会うことを後ろめたく感じてしまう みどり。


イタズラ電話がきっかけで知り合った十歳も年上の、顔も知らない女の人を好きになってしまった章。


父の暴力から母と弟を守ろうとして、初めて父に殴られ、それまで抑え込んでいた怒りを父にぶつけた英貴。


好きな人がいないと何度言っても信じてくれない友だちに、面倒になって適当な名前をでっち上げたものの、良心の呵責に苛まれる舞子。


ピアノが嫌いで もうやめたいと思っているのに、母と先生が怖くて なかなか言い出せない明里。




小学五、六年生の男の子や女の子を主人公にした計七編の短編集。

それぞれの「赤い実がはじける」瞬間が、時に瑞々しく、時にユーモラスに、時には痛みを伴って描かれます。


人の心の中にたくさんある小さな実が、いろいろな出来事に出会うたび色づいていき、それがいつかはじける…

心の底から何かを感じた瞬間を「赤い実がはじける」という清新な言葉で表現した作者は さすが!


私は、中でも「さよなら藤木くん」が印象に残りました。

うちの娘を見ているようで(笑)


好きな人なんていない。夢中になるタレントさえいない。

本当のことなのに、それを言うと「あたしたちの年頃で好きな子がいないなんておかしい」と言われてしまう。

そればかりか信じてもらえなくて、隠しているだけだと思われ、ちょっと話をしただけの男の子のことを「好きなんでしょう?」と決めつけられる。

小学六年生にして既に女のめんどくささ全開で、微笑ましいよりイラッときてしまいますが、本作の主人公・舞子はイラッを通り越して悩みます。


好きな人がいない、ということはそんなにはずかしいことなのだろうか。


友だちの追求がめんどくさくなってでっち上げた「藤木くん」も、友だちの口からその名前が出るたびに違う意味でドキドキしてしまい、「嘘って体に良くない」と へこむ日々。

そんな舞子が、「好き」という感情は一人一人大きさも色も形も違うのだと気付いた瞬間、「好き」の呪縛から解き放たれた彼女に拍手したくなります。


残念ながら絶版のようですが、Amazonマーケットプレイスの古本、万単位はふっかけ過ぎじゃないかと。

この本、私はちょっと前に普通の本屋さんで買ったので、ネット書店はダメでも まだ在庫のあるお店もあるんじゃないかな~と思います。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2012/10/20 16:30] 名木田恵子 | トラックバック(0) | コメント(6) | @
海時間のマリン
海時間のマリン (fukkan.com)海時間のマリン (fukkan.com)
(2005/12)
名木田 恵子

商品詳細を見る


片桐真鈴(マリン)は、もうすぐ15歳になる中学生。

母はマリンが1歳の時に亡くなり、それ以来 父と二人暮らし。

母のいない分を補うかのように、溢れんばかりの愛情を注がれて育った 幸せな少女だった。

しかし、15歳の誕生日が近づくにつれ、マリンの身に様々な異変が起こり始める。


よく転ぶようになり、両足首には 青い花びらのようなあざが奇妙な対象模様を描く。

リアルな幻覚を見る。


熱を出して一週間寝込んだ翌朝、マリンが父から聞かされたのは、思いもよらない、それでいて とっくに知っていたようにも思える事実だった。

マリンは、人魚と人間のハーフなのだという。

15歳の誕生日までに ある場所に辿り着かなければ、完全な人魚へとメタモルフォセス(変身)してしまう。

そればかりか、その後 間もなく死んでしまうのだと。


母の形見の魔鈴と不思議な地図を手に、マリンは出会ったばかりの仲間たちと共に北へ向かう。

ドラゴンネックを目指して。






「キャンディ・キャンディ」の原作者、名木田恵子(水木杏子)さんのファンタジーです。

私が月刊「MOE」を毎月買っていた頃、この作品が連載されていたのですが、途中で買うのをやめてしまったため、結末を知らないままでした。

1992年に講談社から刊行されましたが、そちらは絶版。

その後、復刊ドットコムに寄せられたリクエストにより、2005年にブッキングから復刊しました。


あとがきを読んで意外に思ったのは、「当時はこういった作品は(ジャンルが不定)と、なかなか受け入れてもらえなかった。」というくだり。

連載されていたのは20年くらい前で、その頃 この手のファンタジーってそんなに珍しかったでしょうか?

昔からファンタジーを好んで読んでいた私は、ちっともそんな気がしないのですが。



人魚、プーカ、ケンタウロス、バーヴァン・シー、カシの木の精。


人と、人ならざるものとの間に生まれた子どもは、生まれながらに罪の子であり、純粋な種族からは疎まれ、命を狙われるという理不尽。

そんな中、それぞれの目的地を目指して歩き続けるのは至難の業です。

そう、種族によって「ここへ辿り着けば許される」という目的地もタイムリミットも違う!

マリンは15歳でドラゴンネック、剣多は17歳でクラリエンの森、呂は18歳で罪喰い岩。


今までの現実世界と、メタが完了した後 彼らの現実となるであろう幻想世界が、チャンネルが切り替わるように交錯し、読者も軽くめまいを起こしそう。

この、幻想世界に切り替わることを、彼らは「メタが起こる」と言い、そうなると今まで自分の家にいたはずが森の中だったり、地下の隠れ家が岩の谷間に変わったり…。

ちなみに、ドラゴンネックは 日本地図なら竜飛岬にあたります。


果たして彼らはタイムリミットまでに辿り着けるのか?



ちょーっと都合が良すぎるような気もするけど、ハーフの子どもたちに課せられた運命があまりに過酷なのと、それまでが悲劇続きなので、このくらいの救いはないとね~と思います。


うちの娘の感想はというと、「ケンタが不憫。あと、ツンデレっていうけど、ケンタはツンツンで全体の1割くらいしかデレがない。」

いや、後者はその通りだけど、ケンタくん、ちゃんと報われてますから。



名木田恵子さんといえば、私が「なかよし」を愛読していた頃、「キャンディ・キャンディ」だけでなく、少女マンガの原作を多く手掛けていらっしゃいました。

おもしろい!と思ったマンガは、不思議と名木田恵子さん原作のものが多かったように思います。

ずーっと前にブログに書いた「白夜のナイチンゲール」とか、「ロリアンの青い空」とか、細かい部分は忘れていても、タイトルを見ただけで 初めて読んだ時の心の揺れや 物語を包む空気を鮮やかに思い出せます。


今も現役で、瑞々しい作品を次々と発表されているのは ほんとにすごい!


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2012/09/06 16:02] 名木田恵子 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。