はるかな国の兄弟
はるかな国の兄弟 (岩波少年文庫 85)はるかな国の兄弟 (岩波少年文庫 85)
(2001/06)
アストリッド・リンドグレーン

商品詳細を見る
アストリッド・リンドグレーンといえば「長くつ下のピッピ」が有名ですが、私はこの「はるかな国の兄弟」がいちばん好きです。


兄が「ヨナタン・レヨンイェッタ」と呼ばれるようになったわけと、その後に続く不思議なお話が、弟カールによって語られます。
「レヨンイェッタ」とは、英語で言うと「Lion hearted」
「獅子の心(=勇敢な)」を意味する言葉です。


十歳のカールは、自分の命が長くないことを知っていました。
死ぬのが怖いと泣くカールに、十三歳の兄ヨナタンは「ナンギヤラ」のことを語って聞かせます。
死んで土の下に横たわるのはただのぬけがらで、魂はナンギヤラへ行くのだと。


「そこはまだ、野営のたき火とお話の時代なのさ。きっと、きみは、すきになるよ。」


そこに行けば、朝から夕方まで、それに夜中までも、冒険が続くのだとヨナタンは言います。
だから自分が行くまでは、木に登ったり、森でたき火をおこしたり、小川で釣りをしたり、今までやってみたくてもできなかったたくさんのことをしながら、待っていてほしいと。


けれども先にナンギヤラへ旅立ったのは、ヨナタンでした。


燃えるアパートの三階の窓から、動けないカールを背負って飛び降りたのです。


「まるでお話の王子さまのよう」と言われるほど美しい少年だったヨナタンは、


「泣くなよ、クッキー、ナンギヤラで、また会おう」(※ヨナタンはカールのことをクッキーと呼びます)


それだけを言い遺して、この世を去りました。


そうして、約束のナンギヤラの、桜の花咲く谷での再会から二人の冒険が始まります。


ナンギヤラは、楽園ではありません。


テンギルという独裁者がいます。


恐ろしい竜もいます。


時には信じていた仲間に裏切られることも。


それでも最後まで「レヨンイェッタ」であり続けたヨナタンと、そして小さなクッキーに、涙があふれてとまりませんでした。


余談ですが、何年か前、何をとち狂ったか、私はこのお話を娘に読み聞かせようと思い立ちました。
が、二章で号泣してしまって声が続かなくなり、娘に慰められた覚えが…。
当時幼稚園児だった娘が今でも「ヨナタン・レヨンイェッタ」という、日本人には馴染みの薄い名前を覚えているところを見ると、かなりのインパクトだったと思われます。


イロン・ヴィークランドの繊細な挿絵も物語によく合っていて、特に表紙の絵にはため息が出そう…。

結末は賛否両論ありますが、私は好きです。

ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト
[2007/08/30 14:50] アストリッド・リンドグレーン | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker