スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
沼地のある森を抜けて
沼地のある森を抜けて (新潮文庫)沼地のある森を抜けて (新潮文庫)
(2008/11/27)
梨木 香歩

商品詳細を見る

ひとことで言うなら、「ぬか床から始まる壮大な命の物語」


時子叔母が亡くなったせいで、先祖伝来の「ぬか床」を引き継ぐことになった久美。
それは、久美の曾祖父母が駆け落ちする際に、故郷の島から持って来たという曰く付きのシロモノ。
毎朝毎晩掻き回すという世話を怠れば悪臭を放ち、時には呻き声を上げ、稀に卵(!)が生まれたりする。
そんなもの捨ててしまえばいいと思うのだが、どうやらそうはいかない理由があるらしい。


…こんなぬか床を引き継いだら、あなたならどうしますか?


私なら捨てます。
毎朝毎晩掻き回すって、旅行とか出張中はどうするんですか?
卵から人が湧いてくるって、ホラーですよ、それは。
結婚相手にはなんて説明するんですか?
一生ぬか床に縛られて生きるなんてごめんだー!!!

…と、普通は思うはずで、久美もそうだったのですが、ぬか床の世話と引き換えに時子叔母のマンションをもらうことで、何とか折り合いをつけたのでした。
当初は「呻く」とは聞いていても、卵のことはまだ知りませんしね。


そして、ぬか床を引き取って一週間あまり経った頃、卵発見!
最初の卵から孵ったのはきれいな男の子で、半分透き通っていたその子は、久美が世話を焼いているうちに段々と実体化してきます。
久美の幼馴染のフリオには、その子が小学校時代の親友「光彦」に見えるけれど、久美には、幼い頃のフリオに見えるのです。

どうやら、ぬか床から生じる人々には、見る者(あるいはぬか床に関わった者)の心理が投影されるらしく。


次の卵から孵ったのは、和服姿に三味線をかき鳴らす「カッサンドラ」
のっぺらぼうに口だけの顔、二次元的な両眼は蛾のようにひらひらと部屋の中を飛び回るという、不気味な姿をした女性です。

面白いのは、久美がすぐにこの状況に慣れてしまったこと。
半分透き通っていた「光彦」が徐々に実体化してきた例から、のっぺらぼうの「カッサンドラ」も人間として出来上がる途上なのでは…なんて考えます。


カッサンドラは、おそらく「母性」の中のいちばん暗い部分、どろどろとした情念で構成されたような、そんな印象を受けます。
例えば、聖母のイメージが「正」であるなら、カッサンドラは「負」
全ての女性の中に普遍的に在る、正体の見えない黒い「何か」


やがてカッサンドラは久美が消滅させてしまいますが、消える間際にやっと、かつての優しい母の顔になるのでした。



この「ぬか床」とは、いったい何なのか?


時子叔母の友人から叔母の伝言を聞き、叔母が遺した日記を読んでも、謎はやはり謎のまま。
久美は、両親や叔母の死の真相と「ぬか床」の正体を知るためには、曾祖父母の故郷の島に行くしかないという結論に至ります。

やがて久美は、同じ会社の研究所で酵母の研究をしている風野さんと共に、ぬか床を故郷の島に返しに行くことになるのですが…。


この風野さんという男性が、非常に個性的でユニークです。
女言葉を話し、変形菌に「ケイコちゃん」「タモツくん」「アヤノちゃん」と名前をつけて愛でるような可愛い人ですが、決してニューハーフではありません(笑)
彼が「男」であることを捨て、「無性」であることを選んだ背景は実に壮絶で。


末期癌の母に、死ぬ直前まで家事一切を負わせ、死後に母のことを「結納金のわりには案外もたなかった」と、まるで消耗品のように言う祖父に、怒りのあまり日本刀を抜こうとしたそうです。
父権社会の横暴さに怒りを覚えての行動だったのに、その自分の抗議の仕方が男そのものだったことに愕然として、自分もまた母の死の遠因だったのかもしれないと思い至ったのだとか。



そんな彼もまた、知らないうちにぬか床の影響を受けていて、呼び寄せられるように島へと渡ったわけです。
その島で、ふたりは意外な人物に出会い、久美のルーツや、両親と叔母の死の真相も明らかになるのでした。



本編の二章おきに一章ずつ挟まる「かつて風に靡く白銀の草原があったシマの話」というのは、「ぬか床」あるいは島の沼地の中のミクロの世界の出来事を寓話のように書いているのかと思いましたが、説明がないのではっきりとは分かりません。
でも、現実で起きていることと微妙にリンクしている部分があって、そういうキーワードに出くわすと、それが妙に頭の隅に引っかかります。
「シマの話」の「僕」が得意なパンフルートは、本編の「光彦」も出現してすぐに吹いていたし、「僕」につけられた「ロックオープナー」という名前は「水門を開ける者」のことで、これは久美の行動に重なるような気がする…。


梨木さんは、エッセイの中でしばしば「境界」とか「壁」について書かれていたように思います。
解りやすいところでは家の敷地と外を隔てる生垣であったり、意識の上での自己と他者との境界であったり。
「隔てる」というか、逆に言うなら内と外を「作る」もの。

この小説にも、細胞膜、細胞壁、ウォール…といった具合に、自己と他者、内と外とを隔てる(作る)もの、自己規定の拠り所として、あらゆる「壁」が出てきました。

梨木さんがエッセイの中で展開していた思考をもっともっと拡げていくと、こういう小説になるんですね。すごいなぁ…。


あと、風野さんが語る様々な菌の話が、興味深くて面白かったです。
植物の根と共生している外生菌根が作るネットワークとか、風野さんがジョーカーに例えたキラー酵母のこととか。
思えば、あの「キラー酵母=ジョーカー」というのも伏線だったのでした…。



風野さんの「解き放たれてあれ」という言葉と共にもうひとつ、印象深かったある人物の言葉。


世界は最初、たった一つの細胞から始まった。
この細胞は夢を見ている。
ずっと未来永劫、自分が「在り続ける」夢だ。
この細胞は、ずっとその夢を見続けている。
さて、この細胞から、あの、軟マンガン鉱の結晶のように、羊歯状にあらゆる生物の系統が拡がった。
その全ての種が、この母細胞の夢を、かなえようとしている。




この小説のはじまりが「ぬか床」だったことに、読了後あらためて感嘆しました。



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

[2009/06/25 16:47] 梨木香歩 | トラックバック(0) | コメント(8) | @
りかさん
りかさんりかさん
(1999/12)
梨木 香歩

商品詳細を見る


リカちゃん人形が欲しいと言ったようこの元に、おばあちゃんから送られてきたのは古い市松人形のりかさん。

「からくりからくさ」に登場した市松人形のりかさんが、蓉子(この本では「ようこ」)の家に来た経緯と、その後のお話です。


まさか半紙に「りかちゃん」と筆で書いて、古い抱き人形の箱に入れて来るとは想像だにしなかった。


ようこの落胆は手に取るようにわかるのに、なぜかここのところを読むと、つい笑ってしまいます。
でも、私の友人の中には、「リカちゃんが欲しいって言ったのに、おばあちゃんが買ってくれたのはボーイフレンドのケンだったよ!」という、もっと気の毒なエピソードの持ち主がいるんですよ。
どう慰めてよいのやら。だって、ケンって…。バービーのボーイフレンドですよ。
もはやリカちゃんファミリーですらないよ…。


それに比べたら、市松人形のりかさん、良いじゃありませんか。
何組かの着替えの着物に、りかさん専用の箱膳までついてきて。
おまけに、驚くなかれ、りかさんはようこと言葉を交わすことが出来るのです。


ようこは、りかさんを介して様々な人形の声を聴き、それぞれの物語に耳を傾けます。


「りかさん」は児童書という体裁なので、「からくりからくさ」に比べると、子どもにも解りやすい平易な文章なのですが、だからといって読者を子ども扱いはしていません。

ようこのお友だちの登美子ちゃんの家に飾られた、たくさんの人形たちの話す内容も言葉遣いもすごい!

例えば、昔、盗まれて竹藪に捨てられ、その後、遊郭へ通う途中の男に拾われて遊女への土産になったという官女は、「あちきの巣は…」と、遊女のような語り口。

ほかの人形からも、「疎いやつよの。格式のある家では…」とか「もったいないこと御意あそばす」とか、そういった時代がかった言葉があたりまえに出てきます。


フランス生まれのビスクドールは、自分を抱いて奉公先を逃げ出した年若いメイドのことを語り、
「汐汲(しおくみ)」という舞踊人形の台座に隠されていた「アビゲイル」の記憶は、不思議な映像となって ようこの前に現れます。

アビゲイルは、かつて日米親善使節の役目を負わされて、日本に送られた人形でした。
たくさんの少女たち、女性たちに愛された美しい青い瞳の人形が辿った運命は、推して知るべし。


まるで、様々な人形の記憶を通して、連綿と続く女性たちの歴史を見ているようでした。


「いいお人形は、吸い取り紙のように感情の濁りの部分だけを吸い取って行く。
これは技術のいることだ。なんでも吸い取ればいいというわけではないから。
いやな経験ばかりした、修練を積んでない人形は、持ち主の生気まで吸い取りすぎてしまうし、
濁りの部分だけ持ち主に残して、どうしようもない根性悪にしてしまうこともあるし。
だけど、このりかさんは、今までそりゃ正しく大事に扱われて来たから、とても気だてがいい」



おばあちゃんの言う通り、りかさんは、おばあちゃんのところに来る前から、ずっとずっと大事にされてきたお人形でした。
だからこそ、ようこに力を貸して、アビゲイルの中に残る思いを昇華させることもできたのでしょう。
それはまた、ようこにも言えること。ようこだから、できたのではないかと。

そして、りかさんがアビゲイルから預かった使命は、「からくりからくさ」へと続いていきます。



屈託、という言葉はようこにはよく分からなかったが、その意味するものは瞬時に悟った。
ようこはそういうふうに自分の中に言葉を増やして行く子だった。


というのを読んだ時、もしかして、作者の梨木さんご自身がそういうお子さんだったのではないかなと、ちょっと思いました。
しかも、ほんとに人形と話が出来るひとだったりして…。
そんなことを思ってしまうほど、人形たちの物語には説得力がありました。


人形が話すとか、人形に魂が宿っているとかいう設定のお話は、実のところ苦手です。いえ、苦手でした。
それはきっと、昔読んだその手のマンガが、子ども心にはひどく恐ろしいものばかりだったから。


でも、内田善美さんの漫画「草迷宮・草空間」に出てくる「ねこ」という名の市松人形は、それはそれはチャーミングだったし、このお話の「りかさん」は、賢くて気だてが良いのです。
認識を改めました。



結末もまた、うすみどりの風が吹き抜けるような爽やかさです。



文庫版「りかさん」には、書き下ろし短編「ミケルの庭」も収録されています。
こちらは、「からくりからくさ」の続編。
かつてのおばあちゃんの家をアトリエに、草木染作家となった蓉子と、与希子、紀久、そして、マーガレットの赤ん坊「ミケル」のお話。

りかさん (新潮文庫)りかさん (新潮文庫)
(2003/06)
梨木 香歩

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2009/05/28 14:58] 梨木香歩 | トラックバック(0) | コメント(8) | @
f植物園の巣穴
f植物園の巣穴f植物園の巣穴
(2009/05/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る


千代を捜しに。




梨木香歩さんの新刊です。
文庫落ちするまで待とうかどうしようか迷った挙句、内容紹介を見ると、どうも私の愛してやまない「家守綺譚」に近しい空気を感じたので、買ってしまいました。

「植物園の園丁は、椋の木の巣穴に落ちた。
(中略)
動植物や地理を豊かにえがき、埋もれた記憶を掘り起こす会心の異界譚。」


と、帯にはあります。
ね、「家守綺譚」と同じ香りがしませんか?

期待に胸を震わせつつ、あの懐かしくも雅な世界よ もう一度!と、蓋を開けてみれば…
違いました(笑)

「家守綺譚」よりも寧ろ「裏庭」に似ているような。
でも、時代設定はたぶん「家守綺譚」と同じ頃、100年と少し前くらいだと思います。


「しくしくとした歯の痛みは、そのまま軽い陰鬱の気を呼び、それが気配のしんしんとした雰囲気とよく狎れ合って、何所とも知れぬ深みへ持って行かれるような心地。」


帯に引用されているこの一文から期待した通り、全編通してこの調子。
まるで、その当時の作家が書いているかのような、雅で流麗な文体に痺れます。
文体だけを見るなら、やっぱり「家守綺譚」に近いのですが…。

良い意味で、期待を裏切られた一冊でした。

読んでいる間に「えーっ!」と驚くこと、少なくとも三度。


そもそも「椋の木のうろに落ちた」と言うけれど、いったいいつ?どこからが現実じゃなくなってるの?と、読み始めた早々からまた前に戻って読み返しました。
園丁である語り手の「私」ともども、読者もまた知らぬ間に異界へと誘われているのです。

最初のうちは、現実とのズレも然程感じないのが、読み進むうちにどんどんどんどんとんでもないことになってきて。
穴に落ちて不思議の国に迷い込んだアリスさながら、帰り道をさがして右往左往する破目に。


文中の言葉を借りるなら、
「ここは、過去と現在がみんないっしょくたに詰まっているのだ。」

けれどそれは、「私」の過去と現在が渾然一体となった心的世界というだけでなく、どうも別の何かの介入があって成り立っている世界のような気がします。

キツネに帰り道を訊いたはずが、逆に、なぜここへ来たのかを尋ねられ、
思わず「千代を捜しに。」と答えたものの、その「千代」とは、
幼い頃自分を可愛がってくれた ねえやの「千代」なのか、
それとも、若くして逝った妻の「千代」なのか、
「私」自身にもよくわからないのでした。



受け容れられず、自分の中で消化できなかった辛い出来事は、記憶の底に澱のように沈み、本来あるべき流れを止めてしまう。
この異界での出会いも経験も、すべて、この流れをもとに戻すため、「私」にとって必要な道程だったのでしょう。


「村田エフェンディ滞土録」を読んだ時もそうだったのですが、まさか泣ける話だとは思っていなかったのに、また泣かされました…。

そして、現実に戻ってからの大どんでん返しに「えーっ!!!」となり、最後の一行にほっこりしました。


…あんまり詳しく書いてしまうと、せっかくの作者の仕掛けが台無しになって、初読の楽しみも半減しますので、ぼかしまくってますが、この辺で(笑)



余談ですが、初めて読んだ梨木香歩さんの作品は「からくりからくさ」でした。
それがとても好みの作風だったので、次に「裏庭」を読んだのですが、これがなぜか、当時の私にはしっくりこなくて。

結末を覚えていないところをみると、途中で挫折したのかもしれません。
何がダメだったのか、今となっては判然としませんが、その後ぱったりと梨木さんの本を読まなくなったのでした。

そうして何年も経ってから、ふとしたきっかけで手に取った「村田エフェンディ滞土録」に感銘を受け、今また次々と彼女の作品を読んでいます。

「f植物園の巣穴」を読み終えた時、今ならもしかして「裏庭」を読んでも、以前のような拒否反応は起きないのかも…と思いました。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

[2009/05/19 14:59] 梨木香歩 | トラックバック(1) | コメント(2) | @
エンジェル エンジェル エンジェル
エンジェル・エンジェル・エンジェル (新潮文庫)エンジェル・エンジェル・エンジェル (新潮文庫)
(2004/02)
梨木 香歩

商品詳細を見る

キーワードは「天使」



ほぼ寝たきり状態のおばあちゃんの、夜中のトイレの付き添いを引き受けたコウコ。
そのご褒美に、念願だった熱帯魚を飼うことを許されます。



その熱帯魚がやって来た日を境に、不思議なことが。
深夜、水槽のある部屋で、おばあちゃんは少女のような様子でコウコに話しかけるようになるのでした。
どうやら水槽のモーター音が、おばあちゃんの心の奥に眠る何かを呼び覚ましたらしいのですが…。



この小説はちょっと変わった造りになっていて、コウコの一人称で語られる章と、少女の頃のおばあちゃんの一人称で語られる章が交互に続いてゆきます。
時間軸も違っているので、最初のうちは、ふたつの話がどこでどう関わってくるのか見当もつきません。
途中から徐々に話が見えてきて、最後まで読んで、やっと納得。



さわちゃん(おばあちゃんのことです)の章は、なんと旧仮名遣いに旧字体の漢字を使うという徹底ぶりです。
中原淳一が挿絵を描いていそうな、少女小説の趣なのです。

たとえばこんな感じ↓

「ええ、是非是非。ごいつしよしませうねえ、ばばちやま、約束。」


…なんというか、こう、昔の良家の奥様やお嬢様の言葉遣いは、あまりにも優雅すぎて、ただの日常会話なのに現実離れして聞こえます(笑)
さわちゃんの章は、全文がこの調子。

梨木さんは、どうしてこんな文章が書けるんでしょうね。
あと、「シュー・クリイム」のレシピとか。このシュー皮、油で揚げて作るんですよ!

さわちゃんの学校はカトリック系のミッション・スクールらしくて、修道院のシスターにお料理を習うシーンがあるのですが、これがものすごくリアルです。
実際にその場にいた人が書いたみたいに。



そしてこの小説には、まるで何かを暗示するかのように、そこかしこに「天使」が出てきます。

中でも「大鷲の翼をもつ木彫りの天使」というのが象徴的。
もともとの木目のせいで、「どうかすると蝙蝠じみてさえ見える」というのですから、尚更です。
まるで悪魔の翼を持つ天使みたいではありませんか。


さわちゃんがコウコの家に引き取られたのも、コウコが熱帯魚を飼うことになったのも、きっと必然だったんだなぁ…。
最後の最後に、懺悔のように、コウコに向かって「ごめんね」を繰り返すさわちゃんに、そう思いました。


最後まで読んで「ああ、そうだったのか」と納得する気持ちと、難しい宿題を出されたような気持ちと、半々です。


「神様が、そう言ってくれたら、どんなにいいだろう」
「私が、悪かったねえって。おまえたちを、こんなふうに創ってしまってって」




さわちゃん、私もそう思います。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

[2009/01/21 17:24] 梨木香歩 | トラックバック(0) | コメント(4) | @
春になったら莓を摘みに
春になったら苺を摘みに (新潮文庫)春になったら苺を摘みに (新潮文庫)
(2006/02)
梨木 香歩

商品詳細を見る
梨木香歩さんのエッセイ。


英国に留学していた頃の、下宿の女主人であり師でもあったウェスト夫人をはじめ、様々な人々との出会いが、相変わらずの美しい文体で綴られています。
解説にもあるように、(たとえ本人にそのつもりがなくとも)「下手をすると鼻白む自慢話、体験談に陥ってしまう」エピソードも、梨木さんの手にかかると読んでいて心地良いばかり。
彼女の小説を読んでいつも惚れ惚れする、簡潔で美しい文体。このエッセイは、それに加えて「隙がない」という印象を受けました。
梨木さんの冷静な観察眼の賜物か、あるいはご自身の美学によるものか、この本を読んで上記のような理由で不快に思う人はいないと思います。



児童文学者でもあるウェスト夫人は、「ほんとにこんな人がいるんだ!」と驚くほどの稀に見るお人好しで(失礼)、ユーモアを解し、尚且つ聡明なご婦人です。
あらゆる人種、国籍の人々が出入りするウェスト夫人の下宿は、「村田エフェンディ滞土録」のディクソン夫人の下宿を彷彿とさせて、ちょっと嬉しくなりました。
「梨木香歩」という作家を形作るものの一端を垣間見たような気がします。
それほどに、ウェスト夫人との出会いと英国での暮らしは、作家である彼女に並々ならぬ影響を与えたんだなぁと。
「理解はできないが受け容れる」というウェスト夫人の姿勢は、「村田エフェンディ滞土録」の登場人物たちに感じた印象、まさにそのものでした。



ほとんどの人が聴覚に障碍を持つという大家族のなかで育ち、ウェスト夫人の言によれば「信じられないくらいドラマティックな出来事ばかり起こる」という、ジョーという女性。


ウェスト夫人の別れた夫のナニーで、八歳で奉公に来てから八十八で死ぬまで独身のまま、家事一切のエキスパートとして勤め上げたドリス。


関西空港へ向かう電車の中で出会った、カリフォルニアで生まれ、戦時中をアメリカの強制収容所で過ごしたという日本人男性。



正義漢で、反骨精神旺盛で、冗談好きで頭の回転が速く、他人に親切な、ギリシャ人のエマニュエル。



出会った人々との交流が、下手な同情も偏見もなく、ただ穏やかに、流れるように綴られます。
時には悲しんだり憤慨したりしつつも、決して主観だけで語ることはなく、相手の立場や境遇を思いやり、読む人に誤解を与えぬようにという気配りが見られるから、梨木さんの文章は読んでいてこんなに心地良いのかもしれません。



文庫版のための書き下ろしである「五年後に」は、日本にやってきたエマニュエルの話。
彼は「オオキニ」というたった一言の日本語と笑顔だけで、ガイドもなしにひとりで京都、奈良、大阪、熊野を観光したそうです。
箸の使い方をマスターしたいと言い出し、滞在中に格段の進歩を遂げた彼は、帰りの飛行機の中で割り箸を断り、梨木さんにプレゼントされた箸を使ったことで、スチュワーデスに甚く感動されたとか。


前章「最近のウェスト夫人の手紙から」で、ちょっとしんみりした後の、思わず顔が綻んでしまう楽しいエピソードでした。

ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:エッセイ/随筆 - ジャンル:本・雑誌

[2008/02/06 15:20] 梨木香歩 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
| ホーム | 次のページ>>

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。