スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
もりのなか
もりのなか (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)もりのなか (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1963/12)
マリー・ホール・エッツまさき るりこ

商品詳細を見る


ぼくは、かみの ぼうしを かぶり、あたらしい らっぱを もって、 もりへ、 さんぽに でかけました。




子どもの頃に親しんだグリム童話では、何か不思議なことが起こるのは、たいてい森の中でした。


お菓子の家には魔法使いのおばあさんが住んでいて、魔法のかかった泉の水を飲んだ少年は仔鹿に変わり、かと思うと、親切な小人たちの住む暖かな家があり。


森には、人の想像力をかきたててやまない魔力のようなものがあるのかもしれません。


絵も文章もマリー・ホール・エッツの手による「もりのなか」は、全ページがモノクロの絵本です。

色鮮やかな絵本ばかりを見慣れていると、少し物足りなく感じるかもしれませんが、ページをめくるごとに、この「もりのなか」で起こる出来事には、モノトーンこそが相応しいと思えてきます。


紙のぼうしをかぶり、ラッパを持った男の子の後に、森の動物たちが次々についてきます。

ライオン、ぞう、くま、カンガルーの親子、こうのとり、さる、うさぎ。

動物たちのナンセンスな行動も、この森の中にあっては、ごく自然なことに思えてくるから不思議です。


「はんかちおとし」に「ろんどんばし おちた」
そして最後は「かくれんぼう」


たくさんの動物たちと、にぎやかに遊んでいるはずなのに、この絵本の、不思議なほどの静けさはいったい何なのでしょう?


おにになった男の子が「もういいかい」と言って目を開けると、そこには…。


読んでいるほうも、まるでたった今、夢から覚めたような気にさせられるラストが見事です。


どこまでもしんとした空気に包まれた、子どもの夢のかけらを垣間見るような、そんな絵本です。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

[2007/10/23 14:03] マリー・ホール・エッツ | トラックバック(0) | コメント(4) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。