スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
佐藤亜紀「雲雀」
雲雀 (文春文庫)雲雀 (文春文庫)
(2007/05)
佐藤 亜紀

商品詳細を見る


「王国」「花嫁」「猟犬」「雲雀」の四編から成る、「天使」の姉妹編です。
以前書いた「天使」の記事はこちらから。


「天使」では詳しく書かれていなかったジェルジュの両親の事情や、
ジェルジュの実父グレゴールと養い親であるスタイニッツ男爵との因縁も明らかにされます。


とはいえ、「天使」を読んでからずいぶんと経っているので、覚えていないことも多々あり。

最初の「王国」で挫折しそうになりましたが、「いやいや、せめてジェルジュが登場するまでは頑張ろうぜ、自分!」
…と思って読んでいるうちに、夢中になりました。


そうそう、こういう文章を書くひとだった!
説明というものをぎりぎりまで削ぎ落としたような文章なんですよ。
時代背景や、作中では「感覚」と呼ばれる特殊能力、果ては人物の容姿に至るまで、説明がほとんど無い。
でも、読んでいるうちに慣れてきて、見覚えのない人物名に「前に出てきたっけ?」と焦って、いちいち前のページに戻って読み返すなんてこともなくなります。


ところで、前から思ってたんですが、「天使」のアオリ文句「堕天使たちのサイキック・ウォーズ」っていうの、なんとかならないんでしょうか。
あまりに語弊がありすぎる…。
サイキック・ウォーズなんて言うと、ド派手な超能力バトルが繰り広げられるSFアクションみたいに聞こえるじゃありませんか。
いや、超能力者が暗躍するならジャンルはSFになるのかもしれないけど。

でも、例えば梨木香歩さんの「家守綺譚」を、河童や桜鬼や竜が出てくるからといって「ファンタジー」とは呼びたくないのと一緒で、「天使」や「雲雀」を「SF」とは呼びたくない。
なんだか、そういうジャンル分けが似合わないんですよ。
寧ろ、硬質な文体は純文学に近いような気がする。

それに、ジェルジュをはじめとする超能力者たちは、堕天使ではないでしょう…。



閑話休題。

「王国」は「天使」の時間軸の中のお話で、
「花嫁」は「天使」より前、ジェルジュが生まれる前の、父グレゴールと母ヴィリの物語。
そして、「猟犬」と「雲雀」は「天使」の後です。

ひどい父親だと思っていたグレゴールですが、「花嫁」を読むと、ちょっと同情してしまう。

「あなたが好きよ、グレゴール」
「おれが出て行くから言うんだろ」
「そうだけど、でも好きよ」


この辺りの、ふたりの会話が好き。


「猟犬」では、ジェルジュがかつてボスニアで出会ったヨヴァンが、「狂犬」なんて物騒な異名をぶら下げて登場。

もっとも、ヨヴァンがジェルジュに向ける憎悪は「可愛さ余って憎さ百倍」の類だったようで。
負けを認めてからのヨヴァンは「君には勝てないのかな」なんて、妙に可愛いことを言ってくれて潔い。

そして「雲雀」

1話目の「王国」でジェルジュに拾われたオットーとカールの兄弟が、ここで再び登場します。
前線の兵士だった彼らが、ジェルジュの部下になって内勤に精を出してる!
しかも、兄のオットーはなかなかの切れ者です。


養い親のスタイニッツ男爵を看取り、全ての後始末を終えたら消えるつもりのジェルジュ。
スタイニッツの仕事をそのまま引き継ぐこともできたけれど、彼にそのつもりはありません。
ただ、ジェルジュが今までやっていた「仕事」の内容が内容だけに、辞めるなんて言ったら別の意味で消されかねない。
スタイニッツには死ぬ間際まで心配され、今はオットーやカールを心配させているというのに、当のジェルジュは焦るそぶりもなく。


ここでギゼラが出てきたのは意外でした。
大公の姪だっけ?というくらいしか記憶にありませんでしたよ。
およそ何に対しても執着のなさそうなジェルジュが、まだギゼラを好きだったというのも意外。


ようやく自由になったジェルジュとギゼラの道行きを助けてくれたのはオットーとカール。
なるほど、あの有価証券はガソリン代か(笑)


タイトルの「雲雀」は、ジェルジュのことですね。
「感覚」という翼があっても決して自由には飛べなかった彼が、やっと羽ばたいた夏の空。

真夏の小鳥は木漏日のように輝くのだそうです。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

[2009/07/10 11:32] 佐藤亜紀 | トラックバック(0) | コメント(4) | @
佐藤亜紀「天使―Der Engel―」
天使 (文春文庫)天使 (文春文庫)
(2005/01)
佐藤 亜紀

商品詳細を見る
たまには小説も…ということで、佐藤亜紀さんの「天使」です。
「天使」の姉妹編ともいえる「雲雀」が今年になって文庫化されたので、嬉々として二冊まとめて購入しました。
ファンタジーノベル大賞を受賞した伝説的デビュー作「バルタザールの遍歴」は、デビュー作だなんて初々しさの欠片もない傑作だったので、「天使」にも大きな期待を寄せて。


大酒呑みのヴァイオリン弾きの養父とともに暮らす十歳のジェルジュが、養父の死後、"顧問官"と呼ばれる男に引き取られるところから幕を開ける物語。
歴史小説にSFやスパイものの要素を織り交ぜた小説、というと、軽めのエンターテインメントのように聞こえてしまうけれど、磨き上げられた硬質な文体にそんな軽さはどこにもありません。
純然たる文学作品。



↓長いので、興味のある方だけこちらから続きをどうぞ。

続きを読む

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

[2007/11/25 00:55] 佐藤亜紀 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。