スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
エルフさんの店
エルフさんの店エルフさんの店
(2008/06/24)
高柳 佐知子

商品詳細を見る

現実にはないもの、物語の中に出てくるものなどを売っている、不思議なお店を紹介したガイドブックです。



気まぐれ屋「エルフさんの店」、ハート屋「クリームさんの店」、ゆめ屋「エアリーさんの店」、かけら屋「マイルさんの店」、風屋「ハイウィロウズ店」…。
どれもこれも、「ほんとにこんなお店があったら!」と、胸がわくわくする素敵なお店ばかり。



とっても細かいところまで描き込まれているので、絵を眺めているうちに、どこかにほんとうにこんなお店があるような気がしてきます。
お店の説明は、活字ではなく、なんと高柳佐知子さんの手書き文字です!(それがまた良い味を出しているのです。)



私がいちばん心惹かれたのは、かけら屋さんとゆめ屋さん、それに小箱屋さん。




「かけら屋」のマイルさんの店は、海のすぐそばにあります。
だから、雨の日や霧がかかった日は、店の中も水滴がいっぱいになって、まるで水の中にいるようです。

この店は、ほんとうに時々、海の中に沈んでいるのかもしれません。





いったいどこから来たのか、何のかけらなのかわからない、きらきらしたたくさんの「かけら」たち。
もしかすると、月や星のかけらでしょうか。
いえいえ、誰かの夢のかけらまで混じっているのかも…。




飛行船でやってくるゆめ屋のエアリーさんは、見たい夢の絵を描いてくれる人。(ただし、ひとり一枚だけです。)
その絵を枕元に貼って眠ると、必ずその夢を見られるのだとか。




丘の中腹にある小箱屋のヒースさんは、丘に咲く花や、小鳥や野うさぎ、雲や星なんかを小箱に描きます。
小箱を開けると、たくさんの花びら、木の葉が一枚、野イバラの実…という具合に、その丘にあるものが何かひとつ入っているのです。




お店ばかりでなく、「秘密の花園」のような「ハーパーさんの庭」や、オウクさんが週に二度、本が大好きな人にだけ開放してくれる「本の虫文庫」なんていう素敵な施設も!





およそ30年前に学研から出た、この素敵な絵本「エルフさんの店」と「トウィンクルさんの店」。
古本屋さんをずいぶん探して、「エルフさんの店」だけはなんとか見つけたのですが、「トウィンクルさんの店」はどうしても見つかりませんでした。
それが、今年の7月、2冊を1冊にまとめた「エルフさんの店」が亜紀書房から復刊!
すぐに注文しました。



間もなく品切れになったようですが、嬉しいことに、また販売再開されています。




さあ、みなさんもぜひ、30年ぶりに開店した「エルフさんの店」へ!


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト
[2008/12/27 17:17] 高柳佐知子 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。