スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
九つの銅貨
九つの銅貨 (福音館文庫)九つの銅貨 (福音館文庫)
(2005/01)
W.デ・ラ・メア脇 明子

商品詳細を見る

イギリスの詩人ウォルター・デ・ラ・メアの童話集です。
「子どものための物語集」全17編のうちの5編が収められています。


「昔むかしのこと」で始まる物語は、けれどふつうの昔話ではなく、思いもよらない方向へと進んでいくので、読み手はまるで迷路に迷い込んだような気持ちにさせられます。




海のそばの、荒れ果てた古いお城の城壁の中に小さな家がありました。
その家に住むのは、おばあさんと孫のグリセルダ。
美しくて気立ての良いグリセルダは、貧しい暮らしの中でも、ほんのささやかなことに喜びを見出せる幸せな少女でした。
朝から晩まで働きづめの忙しい毎日でも、たまに自分の時間ができれば、海を眺めながら波の音に耳を傾け、満月の綺麗な夜には、こっそりベッドを抜け出して砂浜で踊り…。
文中の言葉を借りるなら「自分でもどうしてなのかさっぱりわかりませんでしたが」幸せでいっぱいだったのです。




ですがその暮らしも、たったひとりの家族であるおばあさんが、足を傷めて寝たきりになってからは一変します。
もともと働きづめだったものが更に忙しくなり、眠ったり食べたりする時間さえままならなくなりました。




ついには疲れ果て、勇気もくじけて、戸口に座り込んで泣き出したグリセルダの前に現れたのは、小人のおじいさん。
彼はグリセルダに、1日1ペニーの手間賃で、9日の間、家の仕事を代わってやろうと言うのです。
条件は、日が沈んでおじいさんが帰る前に必ず1ペニー支払うこと。
そして、おばあさんには絶対姿を見られないようにすること。




上の部屋で寝たきりのおばあさんに姿を見られる心配はまずないとして、お金はどうすればよいのでしょう?
今のグリセルダは、1ペニーすら持っていないのです。





おじいさんは、彼が家の仕事をしている間、グリセルダが外へ出て、よその家の仕事を手伝って稼げばよいと言うのですが…。





昔話では、こういう場合、たいていは主人公が約束を破ってとんでもない目に遭います。
では、この物語は?
メアリ・ド・モーガン女史の「風の妖精たち」のように、約束を果たしてめでたしめでたしとなるのでしょうか?




最後までどうなるのかわからない、ちょっと奇妙な味わいの物語でした。
小人のおじいさんの目的は何だったのかとか、9日間という数字には何か意味があったのかとか、理屈に合った答えを求めようとすると更なる迷路に踏み込んでしまいそうです。




ですが、詩人の紡いだ物語だけあって情景の描写がとても美しく、お話自体が薫り高い詩のようなので、美しい風景を眺めつつ、のんびり迷路を行くのも悪くありません。




あと、本筋には関係ないのですが、グリセルダが、わずかに残っていたオートミールで作った薄いおかゆをおばあさんに持って行く場面。
貧しい食事を「少しでもおいしく食べられるように」と、リンゴの花を小さな壺に活けておかゆに添えるエピソードが好きです。
こんなちょっとした心遣いにも、グリセルダの気立ての良さが表れていて、読んでいてじーんとしてしまいます。





表題作のほか「チーズのお日さま」「ウォリックシャーの眠り小僧」「ルーシー」「魚の王さま」の4編を収録。




私の持っているのは1988年発行のハードカバーで、その後絶版だったのですが、2005年に福音館文庫として新たに刊行されました。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2009/01/09 14:36] ウォルター・デ・ラ・メア | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。