スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
白夜のナイチンゲール
白夜のナイチンゲール 白夜のナイチンゲール
名木田 恵子 (2000/08)
講談社

この商品の詳細を見る

この前ちらっとお話した「白夜のナイチンゲール」は1976年~1977年に「なかよし」に連載されていた漫画です。


小学生の頃、近所のおねえさんに古い「なかよし」を何冊かもらって、初めて読みました。


舞台は森と湖の国フィンランド。
ジャンキンとラベリンの兄弟は、父の突然の事故死の後、隠された森でミシュリヌという名の美しい少女に出会います。


言葉を知らず、鳥のような声で歌うミシュリヌ。
次第に彼女に心惹かれていく兄弟。


父グスターが、奥深い森の中で、言葉も教えず誰にも会わせず育てていたらしいミシュリヌには、どんな秘密が?


…当時、夢中になって読みました。
いま読み返せばツッコミどころも多々あるのですが、その頃の私はそんなのちっとも気にならなくて(というか気付かなくて)、ただただ結末が知りたい!とページをめくりました。


その後「なかよし」は全て処分してしまって、コミックスも買わず終いだったというのに、あまりに印象的だったため、タイトルもヒロインの名前もばっちり覚えていたくらいです。


2000年に文庫版で復刊した時、懐かしくて思わず手にとりました。



「あれっ?」と思ったのは、私の覚えている部分が欠けていること。

途中のどこかにグスター・ラントーの日記が挟まれていて、その中に

「ミシュリヌ――汚れなき永遠のアフロディテ」

という一文があったと思うのですが、文庫版にはないのです。

私の思い違いかなぁ…。

いやいや、子どもの記憶力はバカにできない、と思うのですが…。

ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:まんが - ジャンル:本・雑誌

[2007/08/27 15:29] 志摩ようこ | トラックバック(0) | コメント(11) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。