のうさぎのフルー
のうさぎのフルー (1977年) (カストールおじさんの動物物語〈2〉)のうさぎのフルー (1977年) (カストールおじさんの動物物語〈2〉)
(1977/10)
リダ フォシェ

商品詳細を見る

この絵本は、「カストールおじさんの動物物語」全三冊のうちの一冊として、1977年福音館書店から発行されたものです。
もともとは、フランスの編集者ペール・カストールの編集した「ペール・カストールの画帖(アルバム)」と呼ばれる数百冊にも及ぶ絵本叢書の中の一冊なのだそうです。


若い野生の野うさぎフルーの日常が、躍動感いっぱいに描かれています。
「5才から」とありますし、挿絵も豊富なのですが、絵本というよりどちらかというと「読みもの」に近いので、そのくらいの年齢のお子さんに読んであげたら喜ばれそうです。


「おかあさんは、一しゅうかん、フルーにおちちをのませて、かわいがったあとで、どこかへいってしまいました。」
というように、お話のそこかしこに、野うさぎの習性をわかりやすく表した文章が出てきます。

野うさぎのあかちゃんが神さまからもらった「三つのおくりもの」の比喩は、きっと子どもたちをワクワクさせるはず。

「かくれみの」「まほうのみみ」「七里ぐつ」って、なんて素敵な響きでしょう!
何を指してそう呼ぶのかすぐに見当はついても、やっぱり秀逸な表現だなぁと思います。

フルーが野菜畑や沼地や森を駆けまわる時、子どもたちはまるで野うさぎの目線で、植物やほかの動物たちを見ているような気になるのかも。
むくむくふとったキャベツや、つゆをのせたみずみずしいパセリが、無性においしそうに感じられたりもするかもしれません。


カラスに追いかけられていた、きれいなめすのうさぎキャプシーヌと仲良くなったフルーは、もうひとりぼっちではなく、どこへ行くにもふたり一緒です。
けれど、それも束の間、嫌な予感があたって、猟犬に追いかけられ狂ったように逃げ惑ううち、キャプシーヌとはぐれてしまうフルー。
もうこれっきり、キャプシーヌとはお別れなのでしょうか…?



子どもの頃、父が「落ちてた」と言って、山で仔うさぎを拾ってきたことがありました。
どうも足を傷めていたらしくて、そのせいで動けなかったんですね。
お皿にミルクを入れてやっても、最初は自分では飲めなくて、人差し指にミルクをつけては舐めさせるという根気の要る方法で育てました。
しばらくすると、お皿から自分で飲むようになり、菜っぱなんかも食べるようになりましたが。

膝にのせてノミをとってやっている時も、少しも逃げ出す気配がなかったのが、今思うと不思議です。
元気になった時に、山へ帰してやればよかったなぁ…。
仲の良いフルーとキャプシーヌのお話を読んでいたら、ずっとひとりぼっちだったあのこを思い出しました。



「のうさぎのフルー」福音館書店版は絶版ですが、2002年に「野うさぎのフルー」として童話館から復刊しました。
ところが、福音館版と童話館版では元になっている原書が違うらしく、(福音館版はフランスのFlammarion社、童話館版はHARPER&BROTHERS社)何年か前、この「復刊」について一部では論議を呼びました。
HARPER&BROTHERS版はFlammarion版の絵を並べ替えており、童話館版はそのHARPER&BROTHERS版の絵を更に並べ替え、レイアウトも変えてあるということで、Flammarion版を忠実に再現した福音館版の「復刊」と銘打つのはおかしいのでは?ということらしいです。

私は童話館版を見たことがないのでなんとも言えませんが、こちらは読みものというより絵本らしいので、小さなお子さんがひとりで読むのには向いているのかもしれません。

文はペール・カストール夫人であるリダ・フォシェ、絵はコールデコット賞画家ロジャンコフスキー。
ちなみに福音館版は石井桃子、大村百合子 両氏の共訳、童話館版は石井桃子 訳編となっています。

童話館版「野うさぎのフルー」はこちら↓
野うさぎのフルー野うさぎのフルー
(2002/12)
リダ フォシェ

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2009/03/03 14:24] リダ・フォシェ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker