スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
Cotton
Cotton (POPLARコミックス)Cotton (POPLARコミックス)
(2003/10)
紺野 キタ

商品詳細を見る



あのころの
つくろうことのない苛立ち
まっすぐな怒りは
どこに
いっちゃったんだろう




恋人と別れたばかりのOL 奈月と、繊細すぎる感性に翻弄され誰とも打ち解けられない高校生 理子の、これは、友情というより恋にも似た、魂のふれあいの物語。


雨の中、交差点で信号待ちをしていた理子に自分の傘を押し付けて走り去った見ず知らずの女性は、なぜか泣いていた…。

その女性 奈月は、姉の結婚式でいつかの高校生に再会し、彼女が姉の結婚相手の妹だと知る。

「家の中に他人の物があるのって気持ち悪いから」と、奈月の家まで傘を返しに来た理子は、なぜかそれ以降、奈月につきまとうようになる。

理子の行動に戸惑いを覚えつつも、警戒心の強い猫に懐かれたような心境で、徐々に絆されていく奈月。

ところが、ある日、姉が理子の両親から奈月あてに預かってきた「お礼」のせいで、理子を怒らせてしまう。



まるで抜き身の刃物のような感性を持った理子は、さぞかし生き難かろうと思う。
でも、理子ほどではないにしても、誰もが多かれ少なかれそういう部分を持っているもの。
ただ理子と違うのは、自分のいちばん弱いところを無防備に曝したりしないし、自分が傷つかずに済む術を知っていて、もっと器用に立ち回る。


思春期の女の子が こんなに難しいものだったなんて

私も この年になるまでに そういう季節を
確かに 通りすぎてきたはずなのに

どうして 忘れてしまうんでしょうね



…とは、理子の母親が奈月に言った言葉だけれど、
ほんとにね。どうして忘れてしまうんだろう?

母親よりはずっと理子に近い年齢の奈月でさえ、理子に出会って初めて「私も昔はそんな表情をしていたのだろうか」と、懐かしくてせつない気持ちになるのだから、私の歳では尚更 仕方ないことかもしれないけれど。



理子の奈月への執着は、まるで「ライナスの毛布」のようだと思う。
子どもが、おとなになる途中のどこかで必ず手離すそれと同じように、理子にとっての奈月の存在も、いつか「ライナスの毛布」から「対等な友人」へと変わるのだろうか?

描き下ろしの後日談を読む限り、少々心配ではある(笑)



それにしても、「スキ」だの「キライ」だのって泣きながらの大ゲンカ、子どもの頃でさえした覚えがないよ…。
この本を読んでいる途中、そのことがとても残念で、もったいないことに思えた。



「夜の童話」と同じ、この本も描き下ろし以外は全て初出が同人誌。
表題作以外では、「生物Ⅰ」という短編がいちばん好き。
いじめられっ子の少年の言葉に、青木景子さんの「恋人へ」という詩を思い出した。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

[2009/11/12 16:30] 紺野キタ | トラックバック(1) | コメント(2) | @
夜の童話
夜の童話 (POPLARコミックス)夜の童話 (POPLARコミックス)
(2001/05)
紺野 キタ

商品詳細を見る

きみは
一篇の詩
一篇の物語




リンクさせていただいている「天青石空間」の未森奏さんが、先日の記事の中でちらっと書かれていたこの本に心惹かれ、早速購入しました。
7編の、優しいおとぎ話のような漫画が収録されています。


読み進むうちに、ふと、子どもの頃大切にしていた宝ものを思い出しました。
それは、大事にしすぎて、今はもうどこに収ったか忘れているもの。
例えば、雨上がりの砂利道で見つけた水晶。浜辺で見つけたビーチグラス。先生が作ってくれたどんぐりの指輪。
捨てたのでも、失くしたのでもなく、今もまだ実家のどこかに眠っているはずのそれらを。

自分の中に確かに在るのに、取り出し方を忘れてしまった透明で綺麗なものがあふれてくるような。
ああ、こんなものが、私の中にもまだ残ってたんだと思い出させてくれるような、そんなお話でした。


その中の1編「眼鏡売りの男」は、小川未明の童話「つきよとめがね」を髣髴とさせるお話です。
「眼鏡売りの男」と「蝶」というキーワードが共通するだけで、もちろん全く違うお話なのですが、雰囲気がかの童話に似ているのです。

あたたかな春の月夜に眼鏡を売り歩く黒眼鏡の男。
たまご色の灯がともる家々。(煌々としたネオンや蛍光灯の灯りではなく、ランプやガス燈のやわらかな灯です。)
時にはその家の窓越しに眼鏡を商ったりするあたり、やはり作者は「つきよとめがね」から構想を得られたのでしょうか。


どのお話も好きですが、いちばん印象に残ったのは、わずか6ページの「あかりさき」でした。
明り先(あかりさき)とは、「光がさしてくる方、または、光のさす明るい場所」を言うそうですが、このお話の場合は前者。
神さまから、一番星にあかりを灯す役目を授かった女の子のお話です。


「これで わたしの お父さんと お母さんを てらしてくれる?」


迷いのない澄んだ瞳でそう言った少女の、その言葉の意味が、最後のページで読み手に示されます。

「愛しい」と書いて、「かなしい」とも読みますが、「愛しさ」は「哀しさ」にも通じるからでしょうか。
読み終えた時、この少女に覚えるのは、切ないほどの愛しさです。



描き下ろしの「あかりさき」以外は、全て同人誌で発表された作品ばかりという異色の単行本です。
出会うことができて、ほんとうによかった!



私信:未森さん、この本のことを教えてくださって、どうもありがとうございました。
ちなみに、今この本は、娘の本棚に納まっています。
読んでいる途中で「おかあさん、私にこの本ちょうだい!」と言い出し、読み終えた途端そそくさと自分の本棚に収ってしまいました。


★追記(4月11日)
最初に読んだ時、「わたし 『あかりさき』なの」という少女の言葉から、「光がさしてくる方」と解釈したのですが、今は、もう片方の意味も内包してのこのタイトルなのでは…と思っています。

少女が照らすその先にある場所や人をも指しているのではないかと。

…日本語って不思議ですね。
ひとつの言葉が、まるで逆方向にあるふたつのものを同時に表現することもあるのですから。

少女にとっては、照らすその先にあるもの。
その光を浴びたものにとっては、光の源である少女。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

[2009/04/08 17:15] 紺野キタ | トラックバック(1) | コメント(4) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。