スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
愛蔵版 蛍火の杜へ
愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2011/09/05)
緑川ゆき

商品詳細を見る


「何があっても 絶対 私に 触らないでね」


この言葉が、最強の告白だなんて、誰が思うだろう?(ただし本人に自覚なし)




六歳の夏、祖父の家へ遊びに来ていた蛍は、妖怪たちの住まうという山神の森で迷子になった。

疲れ果てて動けなくなった蛍の前に現れたのは 狐の面を被った不思議な少年で、彼は人間に触れられると消えてしまうのだと言う。

だから手は繋げない。彼は、手に持った木の枝の端を蛍に握らせ、森の外まで連れ出してくれたのだった。

その日から 蛍は、「ギン」と名乗るその少年に会うために 森に通い続ける。

そうして 夏が終われば、次の夏を心待ちにするようになる。


やがて、ちいさかった蛍は中学生になり、高校生になり…

それでも 蛍のギンを想う気持ちは変わらず、むしろ次第に その想いは強くなっていく。

ギンの蛍への想いも また。





どうして こんなにも哀しい、こんなにも幸せな物語を描けるのだろう?

ふたりがいちばん怖れていることと、いちばん望んでいることが 同じだなんて。



山神の森の妖怪たちがまた、ギンをとても大切に思っていて、それが心をあたたかくする。

彼らはたびたび蛍に言うのだ。

「人の子 ギンの肌に 触れてくれるなよ」


蛍は、ギンが「他の妖怪たちに慕われている」と言うけれど、慕われているというよりも、「護られている」に近いような。

妖怪でも人でもない、自分たちより弱くて儚い美しい者を 慈しんでいるのだろうと思う。

人が、幼子や鳥の雛や動物の仔を見ると 無条件に優しい気持ちになるように。

彼らにとってギンは、いつ消えてしまうかわからない 目を離せない、庇護すべき者。

そして、愛すべき仲間だった。



高校生になった蛍に 「忘れてしまって いいんだよ」と、ギンは言う。

「忘れないでね 私のこと  忘れないで」と、蛍は言う。



年を重ねるごとに成長する蛍と、出逢った頃と ほとんど変わらないギン。

遠からず 蛍は、ギンの歳を追い越してしまうだろう。

時間が いつかふたりを分かつことを、ふたりともが知っている。



ふたりが最も怖れ、最も望んだ その瞬間、ギンは きっと笑っているに違いないと思った。

蛍は 笑おうとして失敗して、泣き笑いの顔になってるんじゃないかと。


ところがどうだろう。面を外した蛍は、何の陰りもない、少しはにかんだような とびっきりの笑顔なのだ。


けれど、読者は ふたりのようには笑えない。

「切ない」なんて ありきたりの言葉ではとても足りない、この物語の結末を どう表現したらいいのだろう?


「さぁ いこう  いきましょう」


そんな読者を叱咤するかのような 蛍の言葉に、背筋がすっと伸びるような気がする。



絵が達者なわけでは決してない。

けれど、それを補って余りあるものが この作品にはある。


あっ、惜しい!と思ったのは、クライマックスの手前、後ろから走ってきたはずの子どもに、蛍が振り向いて手を振るところ。

しかも、ギンの左手と布で繋いであるはずの右手を。

このコマだけは修正して欲しかったかも(笑)



本書は、映画化に合わせて出版された愛蔵版。

表題作のほか、「体温のかけら」「星も見えない」の二作と、描き下ろしの「蛍火の杜へ 特別編」を収録。

ギンの視点で描かれた 描き下ろし短編が また良い!

健気で優しい妖怪たちは、やはり「夏目友人帳」に通じるものがある。



緑川ゆきさんの漫画を読むと、少女漫画にエロは要らんと ほんっとに思う。

そんなのなくても、互いを思う 痛いほどまっすぐな気持ちが ひしひしと伝わってくる。


映画、観に行きたいけど…

上映館少な過ぎっ!

いや まあ、大阪はあるだけましか。


映画公式サイトはコチラ→「蛍火の杜へ」映画公式サイト




ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

[2011/09/12 16:09] 緑川ゆき | トラックバック(0) | コメント(2) | @
あかく咲く声
あかく咲く声 第1巻 (白泉社文庫 み 4-1)あかく咲く声 第1巻 (白泉社文庫 み 4-1)
(2008/05/15)
緑川 ゆき

商品詳細を見る

願いが叶う声




もうずいぶん前のことです。
ブログサーフィンをしていて、たまたま表示されたブログで、この漫画を知りました。
タイトルが印象的だったのと、内容にも興味を惹かれ、いつか読もうと「緑川ゆき」という作者の名前とともに頭の中にメモったのでした。


確か、高校生くらいのお嬢さんのブログで、「絵はイマイチだけど、ストーリーは良い」
何より「キスシーンがない!」というコメントに俄然興味を惹かれました(笑)


こちとらいい歳のオトナなので、少女マンガにお色気は求めません。
そういうのは他でいくらでも調達できるので、寧ろ初々しいの希望。


いいですよ~、この漫画。
ベタベタ甘くないのがいい!
デビュー後初の読み切り短編の予定だったのが、好評だったため連載になったそうです。


国府佐和が思いを寄せる、「無口な少年」辛島。
ある日、人気のないビルに忍び込む辛島を偶然見かけ、後を追いかけた佐和が見たのは信じられない光景だった…。


…こんな感じで始まる、サスペンス+ラブストーリー。


辛島は不思議な声の持ち主で、本人にその気がなくても、声を出すだけで相手に強い暗示をかけてしまうのです。
命令や願望を口にすれば、たいていの人は従ってしまう、まるで「魔法の声」
その能力を買われて、彼は警察の特殊部隊に協力しているのでした。


…これ、なかなかにハードな境遇だと思います。

「望めば何でも叶う声」なんて、他人から見れば羨ましい限りだけれど、そのせいで彼は友だちとも気軽に話せない。

自分のそばにいると危険な目に遭わせてしまう。不幸にしてしまう。だから、大事なひとを作れない。

でも、その声のお陰で警察に協力を求められ、「誰かに必要とされている」と感じることができる。
だから、声を失うことが怖い。

そして、警察は彼に協力を要請しつつ、一方では監視も付けている。
なぜなら、そんな特殊能力を持つ彼が、もし道を間違えたら恐ろしい事態を招くから。



「私には 好きな人も 嫌いな奴もいるから
もしあんな声を持っていたら きっと
おかしくなってしまう」



登場人物のひとりが言った言葉です。
これ、すごくよくわかる!

そんな誘惑を良心だけで抑え込む少年と、その少年に思いを寄せる少女の一途さが眩しい…。
ふたりとも、いい子だなぁと思います。

いかにも「見て見て、私ってイイコでしょ?」というのを前面に出したヒロインは鼻につくけど、国府佐和は、素直に「かわいいな」と思える女の子です。


絵に関しては、デビュー直後の作品ですから、確かに達者ではないけれど、そこはストーリーとキャラの魅力で充分にカバーされているかと。
砂吐きそうなベタ甘の少女マンガに食傷気味の方にお薦めです。


そうそう、「夏目友人帳」がアニメ化されると聞いた時、「『あかく咲く声』の人だ~!!!」と、なんだかすごく嬉しくなりました(*^^*)

あかく咲く声 第2巻 (白泉社文庫 み 4-2)あかく咲く声 第2巻 (白泉社文庫 み 4-2)
(2008/05/15)
緑川 ゆき

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

[2009/04/21 17:03] 緑川ゆき | トラックバック(1) | コメント(2) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。