スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
魔空の森 ヘックスウッド
魔空の森 ヘックスウッド魔空の森 ヘックスウッド
(2004/11)
ダイアナ・ウィン ジョーンズ

商品詳細を見る

「ジョーンズ女史の作品の登場人物には、最初に見たままの姿の者がひとりもいない」という評をどこかで読んだ覚えがあります。
それはちょっと大げさ過ぎるとしても、この「魔空の森」はまさにそういう作品でした。


全宇宙を支配するレイナー一族。
彼らが、辺境の星 地球に封印した「バナス」という機械が稼動を始めたのが、事の発端でした。
身分を偽ってレイナー・ヘックスウッドに就職した、コンピューターの扱いだけは天才的な詐欺師まがいの男が、遊び半分に封印装置を解除してしまったのです。


このバナスは、シータスペースと呼ばれる磁場を作り出し、その中にいかなる状況も生み出すことができ、いかなる人物も設定できるというシロモノ。
しかも生きた人間をも取り込むことができ、そうなるとそこに取り込まれた人は、与えられた役柄をそれとは気付かずに演じ続けることになります。
それも、最良の結果が得られるまで何度も何度も。(演じている当事者たちは、その「繰り返し」には気付いていません)

放っておけば、遠からず地球全体がバナスの磁場に取り込まれてしまうため、それを阻止すべく次々と地球へ向かうレイナーたち。


一方、ロンドン郊外のヘックスウッド農場の近くに住む14歳の少女アンは、散歩に出かけた森の中で古いコンテナを見つけます。
その中から出てきたのは、骨と皮ばかりに痩せ細ったモーディオンという魔法使い。
何世紀も箱の中に封印されていたと言うモーディオンは、アンの足の傷から流れた血と自分の血を混ぜ合わせ、「ヒューム」という名の少年を作り出します。


アンとモーディオンとヒューム、そして、旧式ながらも超高性能のロボット「ヤム」。
モーディオンとヒュームとヤムは森で暮らし始め、アンは度々彼らの様子を見に森へ出かけるのでした。


いったい、レイナー一族と彼らの間にどんな繋がりがあるのか?
そして、バナスが導き出そうとしている「最良の結果」とは?



…バナスよりも私の頭が久々のフル稼働で、読み終えた時にはどっと疲れが(笑)
読了までに何日かかったかな…。
何度も何度も前に戻って読み返したり、読んでいる間にほかの本に浮気したりで、これ一冊読み終えるまでに他の本を何冊も読破しましたわ…。


とにかく、何もかもが複雑で。
バナスの影響で、アンが森に行く度にヒュームの年齢が違っていたり、一緒に暮らしているはずのヤムが、廃棄されてゴミに埋もれているのを発見したりで、時系列がバラバラなことにまず疲れました。
数時間前に村で買い物をしていたはずのモーディオンが、アンが森へ行ってみると「今年の冬は食糧不足だから、時間ができたら村へ買い出しに行く」とか言ってたりするんです。


イライラしながら読んでいましたが、「天秤の館」でレイナーたちの衣装係を担当しているヴィエランという娘が「あること」に気付いた辺りから、俄然面白くなってきました。
読み手の私までが、最初からバナスの磁場に取り込まれていたんですよ。愕然としました。


時々頭の中で聞こえる4人の声を、アンは自分が作り出した想像上の友だちだと思っていますが、実は4人とも実在していて、この正体にもびっくりです。
ただし、アンが彼らに話しかけている時、受け答えしている彼らの時間軸はバラバラらしく、彼らの受け答えからその正体を推測するのはまず無理。



最初は、「宙域監督官」やら「シータスペース」やらと、いかにもSFといった感じですが、バナスが森に作り出した幻の城には王様や騎士や貴婦人がいて、磁場の中はまるで中世のヨーロッパです。
そのギャップがまた面白いのですが、あまりに設定が複雑すぎて、作者があちこちに張ったと思われる伏線に、なかなかそれとは気付けないのが惜しい。

読み終えてすぐ再読しました。
面白かったからもう一度というのではなく(いえ、面白くないわけでは…)、一度読んだだけでは理解し切れなかったのが悔しく、バナスに騙されていない状態でもう一度というわけです(笑)
久々に頭の体操になった本でした。


それにしてもこの本、ルビがふってあるし、本屋さんでは児童書コーナーに並んでいるらしいのですが、子どもには難しすぎるのでは…。
いや、もちろん子どもにもよりますけど。

総ルビなので、単純に文字を追うだけなら小学生でも読めますが、内容を考えると、対象年齢は中学生以上かなと思います。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2009/09/26 16:52] ダイアナ・ウィン・ジョーンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | @
バウンダーズ“この世で最も邪悪なゲーム”
バウンダーズ―この世で最も邪悪なゲームバウンダーズ―この世で最も邪悪なゲーム
(2004/11)
ダイアナ・ウィン ジョーンズ

商品詳細を見る


イギリスで生まれた少年ジェイミーは、弟と妹と暮らす普通の少年だった。
「古い要塞」と呼ばれる場所で、不可解なゲームをする“あいつら”に捕らえられ、ゲームの世界に放り投げられてしまうまでは……。
鉱山の世界、大神殿の世界、戦場の世界、けだものたちの世界など、ひとつの世界から次の世界へとさまようジェイミーの旅がはじまった。
この邪悪なゲームのルールは何か?もとの世界に、自分の家に帰ることはできるのか?
ゲームに翻弄されつつも、彼は故郷を失った奇妙な生命体ヘレンと、悪魔ハンター・ヨリスに出会い、同盟を結ぶ。
この「バウンダーズ」は、必死でチャンスをつかみ、帰途を見いだす反撃の計画を立てるのだった。
(帯より)


…まず、この帯に文句を言いたい(笑)
“あいつら”は、この世界を使ってゲームをしているのであって、ジェイミーは「ゲームの世界に放り投げられた」わけではない。
もともと、全ての人間がゲームの駒なのだ。
ジェイミーは、“あいつら”の姿を見てしまったため、「ランダム要素」としてディスカードされた(捨てられた)のである。
「ランダム要素」とは、思いも寄らない動きをする駒のことだろうか…?


あと、「奇妙な生命体ヘレン」というのは、あんまりだと思う。
ヘレンは、少々(かなり?)変わった右手を持っているだけの、人間の女の子だ。
彼女は、思い通りにその形状を変化させられる「ウクアラの手」を持っている。

「悪魔ハンター」と聞くと、西部劇なんかに出てくるならず者っぽい賞金稼ぎを連想してしまうけれど、ヨリスは見た目も中身も良家の子息のような少年で、驚いたことに奴隷でもある。
ただし、主のコンスタムからは奴隷のような扱いは受けておらず、主を心から崇拝している。


ヘレンもヨリスも、ジェイミー同様、“あいつら”の姿を見てしまったためにディスカードされた。

ゲームは、この世界ばかりでなく、増殖し続ける全てのパラレルワールドを使って行われている。
それぞれ別々の世界を故郷に持つ、ディスカードされたランダム要素である彼らは「バウンダーズ」(故郷に向かう者)と呼ばれ、自分の故郷以外のあらゆる世界をさまよい続けることとなる。

ちょっとだけネタバレありなので、以下、たたみます。
続きを読む

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

[2009/07/31 14:42] ダイアナ・ウィン・ジョーンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | @
デイルマーク王国史4「時の彼方の王冠」
時の彼方の王冠 (創元推理文庫)時の彼方の王冠 (創元推理文庫)
(2005/03/24)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ三辺 律子

商品詳細を見る


ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「デイルマーク王国史」完結編です。

前の3冊は続けて読んだのに、この4巻目を読むまでに間が空いてしまいました。
お陰で登場人物の名まえがあやふやになってしまい、前3巻を何度も見返しつつ、4巻を読み進めることに(^^;



文字通り、架空の国デイルマークの歴史を紡ぐファンタジーです。
1、2は、現実のヨーロッパの歴史でいうなら中世の末期?(鉄砲が使われているので)

1の「詩人(うたびと)たちの旅」は、吟遊詩人クレネンの息子モリル
2の「聖なる島々へ」は、デイルマーク南部、ホーランド生まれの少年ミット
を中心に、ほぼ平行して進む物語です。

ところが、3「呪文の織り手」の舞台は、うってかわって先史時代。
まるで神話の世界です。
1も2も、架空の世界の話とはいえ、スパイが暗躍していたり、革命を企てる反乱分子がいたりと結構現実的だったので、あまりの落差に戸惑いを覚えました。
(ただし、1、2巻共に、時には不思議な出来事が当たり前のように起こりますが)


そして、まさかのこの4巻!
前3巻は独立した物語としても読めるので、この4巻でどうまとめるのかと思えば…。

鉄道や飛行機やパソコンが存在する、現代のデイルマークに住む少女メイウェンが登場します。
とある理由で、200年前のデイルマークに送り込まれたメイウェンは、自分に瓜二つの少女ノレスの身代わりとして、王冠を探す旅に出ることに。

1巻のモリルとヘステファン、2巻のミットとネイヴィス、そして3巻の「不死なる者」らと共に旅を続けるメイウェンは、いずれ近代化を成し遂げる「アミル大王」の誕生に立ち会うことになるのでした。


ダイアナ・ウィン・ジョーンズさんの小説は、ファンタジーでありながら、しばしばミステリーを読んでいるような感覚に襲われます。
複雑に絡み合った人間関係と、いくつもの名前で呼ばれる「不死なる者」には混乱することもありますが(^^;
デイルマークには「不死の遺伝子」を持つ者が存在し、長く生きるが故にいくつもの名前を持つことになるらしいのです。


この大河ファンタジーも、他のジョーンズ作品同様「あっ!」と驚く展開と、予想外の結末でした。
各巻末に付いている「デイルマーク用語集」も必見。
デイルマークの世界独特の信仰、楽器、スラングなどが多数あるために作られたものかと思いきや、それだけでなく、本編では触れられていない各登場人物のその後なども記されています。


全4巻、そのうち時間を作って、もう一度じっくり読み返したい!
夢中で読んだので、さらっと読み流してしまった感があり、なんだか勿体ないような気がしています。
あまりに入り組んだ、凝った構成故に、再読して初めて気付くことや、おもしろい発見がたくさんありそうです。



詩人(うたびと)たちの旅―デイルマーク王国史〈1〉 (創元推理文庫)詩人(うたびと)たちの旅―デイルマーク王国史〈1〉 (創元推理文庫)
(2004/09)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ田村 美佐子

商品詳細を見る
聖なる島々へ <デイルマーク王国史2> (創元推理文庫)聖なる島々へ <デイルマーク王国史2> (創元推理文庫)
(2004/10/22)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

商品詳細を見る
呪文の織り手 <デイルマーク王国史3> (創元推理文庫)呪文の織り手 <デイルマーク王国史3> (創元推理文庫)
(2004/11/25)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ三辺 律子

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

[2009/05/08 17:02] ダイアナ・ウィン・ジョーンズ | トラックバック(0) | コメント(4) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。