太陽の夫人Vol.2 錬金術師の館
錬金術師の館 (太陽の夫人 Vol.2)(Best choice)

「金の冠通り」の続編です。
「金の冠通り」は主人公が誰なのか曖昧な印象でしたが、この「錬金術師の館」は間違いなくボナデアが主役。
そして、前作とはうってかわって幻想的です。


グリーパンデル館に住む外国人 ツリアムの助手として働くことになったボナデアは、夢とも現ともつかない不思議な体験を重ねてゆきます。
魔術師だと噂されていたツリアムは、実は錬金術師で、優秀な助手を探していたのでした。
助手には、自由な魂と強い意志を具えた人間が必要だったのです。



何年も前に読んだ桐生操さんの著書の中に、中世ヨーロッパの錬金術師に関する記述があって、その時は単純に「金が作れるわけないじゃない」と思いました。
だって、金って元素ですよ…。

でも、錬金術師が研究していたのは何も金を作ることだけではなかったらしく。


錬金術とは、最も狭義には、化学的手段を用いて卑金属から貴金属(特に金)を精錬しようとする試みのこと。
広義では、金属に限らず様々な物質や、人間の肉体や魂をも対象として、それらをより完全な存在に錬成する試みを指す。
錬金術の試行の過程で、硫酸・硝酸・塩酸など、現在の化学薬品の発見が多くなされ、実験道具が発明された。
その成果は現在の化学にも引き継がれている。
歴史学者フランシス・イェイツは16世紀の錬金術が17世紀の自然科学を生み出した、と指摘した。(Wikipediaより)


…ということらしいです。

このお話の錬金術師ツリアムが狂おしいほど求めていたのは、黄金ではなく知識でした。
金属としての金を「死んだ金」と呼び、「生きた金」が欲しいと言います。


「死んだ金が何だというのだ。
わたしのほしいのは生きた金だ……炎の魔術だ。
人間のおろかさと、人間の病をいやす最高の知識だ。」



そんな学者肌のツリアムですが、研究には莫大な資金が必要なため、金を作ることを条件に市会議員のクリンコスから出資を受けています。


館の地下室には様々な書物や実験器具が並び、壁には「太陽を飲み込む緑の獅子」の絵が飾られ、まさに錬金術師の研究室といった風情。

ここでボナデアが体験するのは、信じられないことばかり。

ある時は、研究室から一歩も出ていないのに、いつの間にか巨大な岩壁のふもとにいて、その岩棚に作られた火のハゲタカ(不死鳥のこと?)の巣から卵をとってきたり、

またある時は、炎の中で仔猫のように戯れ、お互いの尻尾を噛み合うサラマンデル(火蜥蜴)を見たり…。


そして、クリンコスに催促されたツリアムが金を作ろうと危険な実験に及んだ夜、事故が起き、ボナデアの魂は身体から離れて宇宙を漂い、地球を俯瞰するのでした。
これは、実験の最中にボナデアが直感的に「いけないことだ」と覚り、ツリアムに言われたこととは逆のことをしたためです。(ツリアムはそのことを知りません)


やがて、「帰りたい」と強く願ったボナデアの魂は無事に身体に戻りますが、その時、ツリアムは両眼を失っていました。
が、金を作ることに失敗し、自身は両眼を失ったにも拘らず、ツリアムはなぜか満足そうです。


「わたしは、ついに追い求めてきたことを達成したのだ。天の炎の魔法だ。
終わってみれば、なんとかんたんなことだったんだ。すべては光だ。
これは説明不可能な真実だ。言葉では表現できない。」



彼は両眼を代償に、追い求めていた真理に限りなく近づいたのかもしれません。


ボナデアが最後まで言われた通りにやっていればこんなことには…と、ツリアムが気の毒になりましたが、もしかすると、実験が成功していたら二人の命はなかったのかもしれないと、ふと思いました。

ツリアムは「意志の力なしには、誰も魂を繋ぎとめておくことはできない」とも言っていましたが、意志の強いボナデアだからこそ帰ってこられたのかもしれません。



結局、この巻でもボナデアが何者なのかはわからず終いでしたが、グリーパンデル館に移る前はパン屋の屋根裏部屋に住んでいたことと、船乗りの恋人がいることだけはわかりました。
年齢が書かれていないもので、私は漠然と11、2歳くらいかな~と思っていたのですが、恋人がいるというなら14、5歳といったところでしょうか。


「金の冠通り」でハルテル家のお父さんがしてくれたお伽噺は、ツリアムとボナデアのことだったようです。


そのハルテル家では、お母さんのエマが病に倒れ、しばらくの間 子どもたちと離れて暮らすことになりました。


この巻でも、例の実験の後でボナデアが思いついたこととか、伏線らしきものが見られるのに、続きは読めないんですよねぇ…。

例の殺人事件の犯人もわかっていないし、エマがちゃんと子どもたちのところへ帰ってくるのかとか、クルッレさん一家のその後とか、ツリアムと忠実な召使いグンナの行方とか、気になることは多々あります。

シリーズのタイトル「太陽の夫人(ソーラ夫人)」は、やっと、子どもたちの遊びの中に名前が出てきました。



同じ福武書店から出ていた荻原規子さんの勾玉三部作は、勾玉という共通点はあるものの時代が違っていて、それぞれ独立した作品として読んでも何ら不都合はなかったのですが、この「太陽の夫人」は、完結編を読んでみないことには評価し難いです。
物語がどういう方向に向かっているのか、まるで見えてきません…。


参考までに、巻末の 日本の読者に向けた作者リリウスのメッセージの一部を。


「わたしは、ボナデアがこれから、だれも経験することのないような、偉大な運命を生きていくように思えます。」


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2009/11/22 22:57] イルメリン・サンドマン・リリウス | トラックバック(0) | コメント(0) | @
太陽の夫人Vol.1 金の冠通り
金の冠通り (太陽の夫人 Vol.1)(Best choice)

19世紀末のフィンランド、架空の港町ツーラバルを舞台にした「太陽の夫人」三部作の一作目です。

架空の町とはいっても、作者リリウスが暮らしていた町がモデルのようで、時代こそ少々違いますが、人々の暮らしぶりは実際にこんな感じだったのでしょう。

「ムッドレのくびかざり」のようなファンタジーではなく、北欧の厳しくも美しい自然や、その中での子どもたちの日常がリアルに描かれています。


ところで、三部作とはいうものの、実は完結編である三作目が出ていません。
1990年5月に2の「錬金術師の館」が出て、その巻末には3の「夜の馬」が「同年7月刊行予定」と書かれているので、その時点で訳は上がっていたと思うのですが…。
福武書店から出ていたシリーズなので、ベネッセコーポーレーションに社名が変わった後、児童書の出版から撤退したことで、3は出ないままとなってしまったのかもしれません。
せめてこういった続きものは、完結編を出してから撤退してほしかった!と、切に思います。

完結編の邦訳が出ていないシリーズではありますが、2まで読んだ私が不憫なので(笑)、あらすじだけでも紹介しておこうと思います。


サンナ、シーリャ、シセラのハルテル家の三姉妹は、金の冠通りの小さな家に、両親と兄と共に暮らしています。
お父さんは船乗りでしたが、頭に大怪我をして帰ってきてから、怪我が治った後も自分の身の回りの世話さえひとりでは出来なくなりました。
お母さんは、よその家の洗濯やこまごまとした用事を引き受けて、生活を支えています。
兄のステファンは、今は雑貨屋の店員をしているけれど、どんな仕事も長続きした例がない困り者。

そういった事情ですから、暮らしは当然貧しいのですが、子どもたちに卑屈なところは全く見られません。

三姉妹の友だちである孤児の少女ボナデアもそれは同じで、いつも笑顔で堂々としています。



フィンランドといえば、白夜やオーロラ、昔読んだトペリウスの童話などのイメージからお伽の国のように思っていましたが、少しの油断が死に繋がるような厳しい自然環境も、このお話には描かれています。


天気の良い日に遊びに出かけたシーリャとシセラが、帰りは吹雪に遭って危うく遭難しかけたり、兄のステファンが薪を買いに行くのを忘れたせいで、三姉妹が家の中で凍死するかもしれないという恐怖に見舞われたり。


土地柄、そういった危険とは常に隣り合わせではあるものの、町中が顔見知りのような平和な田舎町で起きた税関署長殺人事件は、あっという間に噂が広がり、様々な憶測を呼びます。
殺人の疑いをかけられた税関署員のクルッレさんは身を隠し、彼の息子クルルラッセの友人であるステファンは、クルッレさん一家を船で逃がそうと奮闘するのでした。


結局、この巻では誰が真犯人かわからないまま、クルッレさん一家を逃がすことには成功したものの、ステファンが家族にひたすら迷惑をかけたという話でした…。

もっとしっかりしろよ、兄ちゃん…と思ってしまった。
人助けもいいけれど、それで自分の家族を窮地に陥れてどうする!
妹たちのほうがよっぽど家族思いのしっかり者でした。



グリーパンデル館に住む謎の外国人、魔法を使うと噂されるツリアムや、謎といえばほんとに謎だらけのボナデアの正体が気になります。
孤児だというけれど、いったいどこに住んでいるのか?
シーリャとシセラが避難小屋にいることをどうしてか知って、ハルテル家に伝えに来たり、市長さんと親しそうで、道案内をしたりお遣いを頼まれたり、ほんとに不思議な女の子です。


三姉妹のお父さんが娘たちとボナデアにしてくれた意味ありげなお伽噺にはツリアムが登場したし、伏線と思われる箇所が多く見られる巻でした。
シリーズのタイトルにもなっている「太陽の夫人(ソーラ夫人)」は、まだ影も形も見えてきません。


さて、次巻で話がどこまで展開するでしょうか…。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2009/11/20 15:42] イルメリン・サンドマン・リリウス | トラックバック(0) | コメント(0) | @
ムッドレのくびかざり
ムッドレのくびかざりムッドレのくびかざり
(2003/05)
イルメリン・サンドマン=リリウス

商品詳細を見る


スウェーデン語の原題は、英語で言うと「ユニコーン(一角獣)」

1967年に学研から出版された児童書で、長らく絶版だったのが、フェリシモの復刊企画により2003年にようやく復刊が実現しました。
(訳が新しくなっているので、厳密には「復刊」とは言わないかもしれませんが。)

1960~70年代当時、この本を買ってもらった女の子はどんなに嬉しかっただろうと思います。
一角獣とちいさな女の子が向かい合う、この表紙の絵を見ただけでわくわくしたに違いありません。

「ムッドレ」という日本人には耳慣れないユニークな名前は、主人公の女の子で、作者リリウスの愛娘の名前でもあります。
お母さんが作家で、自分を主人公にしたこんな素敵なお話を書いてくれるなんて、なんて羨ましい!


お母さんから赤いサンゴの首飾りをもらったムッドレは、三日目に早くも失くしてしまいます。
松の木の枝に引っ掛かり、糸が切れてバラバラになって地面に落ちたはずのサンゴは、どういうわけかひとつも見つかりません。

不思議なことに、サンゴは、てのひらほどの一角獣の角になってしまったようなのです。

ちなみに、この一角獣、福田貴さんの旧訳では「つの馬」となっていました。
この本の中では「一本の赤いサンゴのような角をもつ白い馬」という扱いだったので、敢えて「つの馬」と訳したと、あとがきにあります。

木村由利子さんの新訳では「イッカクジュウ」
個人的には、カタカナで「イッカクジュウ」と表記するよりも、漢字の「一角獣」にルビをふってほしかったなぁ…。


ガマガエルのおばあさんから一角獣の行き先を聞いたムッドレは、夜中に家を抜け出して、仲良しのお人形アステル・ピッピと共に、イグサで作ったいかだに乗って川を下ります。
川のぬしのおじいさんに助けられたり、野菜泥棒と間違えられて恐いおばあさんに捕まったり、それをまた姿の見えない小さい人に逃がしてもらったり、いろんな冒険を経て、海魔女の住む海岸へ。
はたしてムッドレは、サンゴの首飾りを取り戻せるのでしょうか?



…この本、子どもの頃に読みたかったと切実に思います。
小学五年生の うちの娘でも、もう遅すぎたかもしれない。
私がおとなだからつまらなく思えるとか、そういうことではなく、今だってじゅうぶん魅力的で、もしもジブリが映画化してくれたらどんなに綺麗なアニメになるだろうと思うんですよ。
でも、まだ他の本をあまり読まないうちに、例えば、絵本から読み物への移行期くらいに出会っていたら。
すっかり感受性の鈍くなった今ではなく、もっと頭も心もまっさらな状態でこの本を読んだら、違う何かを受け取れたかもしれないと、そんな気がしてなりません。

以下、ネタバレありなので、これから読もうとお考えの方はご注意を。




あたし、大人になったらここでくらしたい……
ムッドレが、いつかこの先大人になる日のことを考えたのは、生まれてはじめてのことでした。
何だかふしぎで、めまいがするようでした。


ムッドレが海魔女の住む海岸を見た時の、この描写が好きです。
荒涼とした海岸のどこに彼女は惹かれたのか。
子どもだからこそ見える、何かキラキラしたものが、そこにはあったのでしょうか。


海魔女は、言葉遣いはぶっきらぼうだけれど、親切で働き者のおばあさんでした。
オサビシトロルは、一見ハリネズミのようで、でも実はふわふわの毛に大きな目の可愛い生き物でした。

そして、ムッドレがいちばん最初に見た時は てのひらほどの大きさしかなかった一角獣は、群れの中でもいちばん大きい一角獣になっていました。

一角獣の角は時々取れることがあるそうで、そうなると魔力が弱まって、身体もあんなに小さくなるのかもしれませんね。
新しい角が生え始めるまで、ムッドレの首飾りのサンゴを借りて角に変えたのかも…。

朝の光が一角獣の角に射した瞬間、角が百ものサンゴのかけらになって飛び散るシーンが、鮮やかでとても美しい。


ひみつのお庭、
アステル・ピッピの吹くシャボン玉、
岸辺で食べるとろりとしたオムレツ、
川底で光る磨り減った銀貨、
一角獣の毛で糸紡ぎをする魔女…



聞くだけでもワクワクするキーワードの数々。
懐かしい美しいものが、ぎゅーっと詰まったような物語でした。

私のお気に入りは海魔女とオサビシトロルですが、最初と最後にちょっとだけ登場する、なんとも暢気なムッドレのお母さんも素敵。


せっかく出た新訳版も、また絶版か重版未定のようですが、こちらは古本がお手頃価格でけっこう出回ってます。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2009/10/16 15:29] イルメリン・サンドマン・リリウス | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker