スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
劇場版アニメ忍たま乱太郎 忍術学園全員出動!の段
劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段  スペシャルプライス版 [DVD]劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段 スペシャルプライス版 [DVD]
(2011/07/22)
高山みなみ、田中真弓 他

商品詳細を見る


万川集海の記事でちらっと触れた「落第忍者乱太郎」

こちらは2011年に公開された劇場版アニメ「忍たま乱太郎 忍術学園全員出動!の段」

「ああ、NHKで夕方やってる、あのお子さま向けアニメね~」くらいの認識だと、ちょっと この面白さは想像できないのではないかと思う。

原作37巻と42巻のエピソードが基になっている。


忍たまを全然ご存じない方のために説明しておくと、「忍術学園」は 優秀な忍びを養成するため 往年の天才忍者・大川平次渦正によって開かれた、10歳から15歳までの子どもたちが通う全寮制の学校である。

忍者のたまごである彼らを「忍たま」と呼ぶ。


「忍術学園全員出動!の段」は、冒頭の 合戦場で負傷者の手当てをする行者姿の少年とタソガレドキ軍の足軽兵の出会いから一転、夏休み明けの忍術学園から話が始まる。

事務員のヘマで一部の生徒の宿題が入れ替わっていたことが判り、学園は大騒ぎ。

全員にそれぞれの技量に合った別々の宿題が出されていたのだが、1年生の宿題が6年生に、6年生の宿題が1年生に…という笑えない事態が起きていた。

不運にも6年生用の宿題を引いてしまった1年は組の山村喜三太はまだ登校していない。

ちなみにその宿題とは、「オーマガトキ城主のふんどしをとれ」(※原作では「オーマガトキ城主の行方を追え」)

急遽、学園長の命で 宿題を忘れてきた生徒たちによる 喜三太救出特命選抜チームが結成される。


時を同じくして、学園長のもとには園田村の乙名(長老)が相談に訪れていた。

タソガレドキとの戦の真っ最中であるオーマガトキは敗色濃厚。

そのオーマガトキ領にある園田村は、オーマガトキが敗れた時に備えて「かばいの制札」をもらおうとタソガレドキ城主に多くの金品を差し出したが、未だ制札をもらえないばかりか、更には馬の飼料を要求されたという。

「かばいの制札」とは、兵による略奪や放火、乱暴狼藉などを禁じる、領主が署名した文書。

村々は「惣」という自治組織を作って領主に対抗しており、自衛の意識が非常に高い。

園田村の依頼を受けた1年は組は、オーマガトキとタソガレドキ、両軍の印を取る(戦力を調べる)ために出発する。

そして、両軍の情報を持ち寄り 話し合ううち、「かばいの制札」に関わる陰謀に気付くのだった。




忍術学園・佐武衆連合軍とタソガレドキ軍による園田村での大迫力の攻防あり、ミュージカル仕立ての石火矢の撃ち方講座ありと緩急自在の面白さ。

佐武衆の高度な射撃技術を表現するために 敵兵を射殺するのではなく、鉄砲をことごとく弾き飛ばしたり、指揮官の兜の緒を打ち抜くといった方法で見せるのが良い!

子ども向けだからと言われればそれまでで、実際の戦ではそんなことはないと解っていても、いや、解っているからこそ、である。

投降したタソガレドキ軍の雑兵は、乱太郎に怪我の手当てをしてもらった後、「帰って田んぼ やらんと…」と呟く。

おそらく雑兵の多くは彼のような農民なのだ。

そんな人々が死なずにすむ展開なのが嬉しい。


何度も繰り返し見たくなるような、心躍る秀作映画である。


YouTubeにこの映画の見所を集めた動画があったので貼っておく。





落第忍者乱太郎 (37) (あさひコミックス)落第忍者乱太郎 (37) (あさひコミックス)
(2005/04)
尼子 騒兵衛

商品詳細を見る


落第忍者乱太郎 (42) (あさひコミックス)落第忍者乱太郎 (42) (あさひコミックス)
(2007/10/30)
尼子 騒兵衛

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

[2013/10/24 17:14] 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
コクリコ坂から
この前の土曜日(9月10日)に、映画「コクリコ坂から」を観てきました。

原作は、毎月「なかよし」を買っていた小学生の頃 リアルタイムで読んでいたので、タイトルを聞いただけで懐かしくなります。


「コクリコ」とはフランス語で ひなげしのこと。

コクリコ坂を上った丘の上にヒロインの家があって、その子の名前が海で、妹が空、弟が陸。

海をフランス語で「ラ・メール」ということから、海のあだ名がメル。


今となってはそのくらいしか記憶にないのですが、原作漫画が1980年の作品で 時代背景もその頃なのに対し、映画の舞台は1960年代。

きっと原作とは別物なんだろうなとは思ってましたが、やっぱりそうでした。


海、空、陸や 風間俊という登場人物の名前以外は、ほぼジブリオリジナルな感じ。

でも、映画は映画で面白かったです。

実物を見たこともない古ーい洗濯機や、お店の看板や街並。

今は絶滅してしまった熱くて純朴な男子学生たちに、大昔の昼メロみたいにベタな展開の恋愛ドラマ。

濃い昭和の空気にどっぷり浸れます。


でも、海のあだ名の由来に一言も触れず いきなり「メル」って呼ばれても、原作漫画を読んだことのない多くの人は戸惑うんじゃないかと。

映画を観に来る人みんながみんな あらかじめ原作漫画を読んでいるわけでも、パンフレットを買うわけでもありませんし。


「コクリコ坂から」という せっかくの印象深い素敵なタイトルも、なんでそのタイトルなのか最後までわかってもらえなさそう。

映画の中で、少しはそういうことに触れてもよかったのになーと思いました。


コクリコ坂からコクリコ坂から
(2010/07/10)
高橋 千鶴

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

[2011/09/19 15:26] 映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」観てきました
11.5巻とパンフレット

公開初日に観に行くなんて初めてです。

11.5巻GETしました。


エドの瞳が オレンジがかった黄色からレモンのような黄緑の綺麗なグラデーションで、終始それがすごく印象的でした。

なんかちょっとジブリの絵に似てると思ったら、監督と総作画監督がジブリの出身だそうで。


アメストリス西部、クレタとの国境沿いにあるテーブルシティという街を舞台に、民族紛争や 鋼のテーマのひとつである人間の業を描き、息もつかせぬアクションも満載の完全オリジナルエピソード。


楽しかったです。

やっぱりちっさい兄さんは可愛かった(笑)
できたらそのまま大きくならないでって思うくらい。


また観に行きたいけど、大阪でも上映してる館が少ないんですよね~

うちの近所のワーナーマイカルでやってくれるなら 前売りもっと買ったのになぁ。残念。


エドとアルの旅の途中のエピソードだったら、まだいくらでもお話作れそうだし、映画 毎年やってくれないかな~


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

[2011/07/04 17:34] 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
BALLAD 名もなき恋のうた
「BALLAD 名もなき恋のうた」を観て来ました。

良い映画でした。
とても丁寧に作られていました。


2002年に公開された、「映画クレヨンしんちゃん」の10作目「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を実写映画化したものです。
何年か前、テレビで何気なく観ていてすごく驚いた覚えが。

えーっ!!!しんちゃんでこの結末?!なんで私、しんちゃんに泣かされてるの?!(笑)
…というくらい衝撃的でした。


さすがに実写映画では、しんちゃんのキャラクターは「川上真一」という名前の小学生になってましたけど、「井尻又兵衛」や「廉姫」などは名前もそのまんまで、原作に忠実に作られたんだなぁと思います。


天正二年、織田信長が頭角を現し始めた戦国時代の真っ只中にタイムスリップした真一は、偶然にもそこで一人の侍の命を救うことになります。
侍の名は、井尻又兵衛義時。「春日」という小国の侍大将でした。


春日の国には、又兵衛とは幼なじみの「廉姫」という美しい姫がいて、どうも彼女の祈りが真一を過去へと呼び寄せたらしいのです。


小国とはいえ一国の姫と、一介の侍との婚儀など在り得なかった時代。
ラブシーンらしいラブシーンもなく、ただお互いを大切に思う気持ちだけが静かに音もなく降り積もってゆくような、美しい映画でした。


相手に想いを伝える代わりに、廉姫は、又兵衛が戦で命を落とさぬように、怪我をせぬようにとただひたすらに祈り、
又兵衛は、大切な廉姫とその国を守るために、ただひたすらに戦う。



「鬼の井尻」と呼ばれるほどの戦上手で槍の名手である又兵衛を、草剛さんが好演していました。
穏やかで優しそうな人なのに、映画の中では見事な猛将ぶり。
廉姫に絡んできた野武士たちを撃退した後、傷ついて去ってゆく彼らにかけた真摯な言葉にじーんときました。


廉姫役の新垣結衣さんがまた可愛かった!
清楚で凛としていて、どちらかというとカッコいいお姫さまなのに、たまに見せる歳相応の女の子の顔がすごく可愛い。

私は、若い女優さんや俳優さんには疎くて、新垣結衣さんって、この映画で初めて顔と名前が一致したのですが、こんな可愛い人だったんですね。



合戦のシーンがやたらとリアルだったのにも驚きました。
当時の戦って、ほんとにこんな感じだったんじゃないかと思うくらい。
血みどろという意味でリアルなわけではなく、何と言えばいいか、小道具のひとつひとつや、戦い方が。
リアリティを追求しつつ、子どもが観ても大丈夫なように作られたという印象を受けました。



むかしむかし、ほんとうに、侍と姫君のこんな恋物語があったのかもしれません。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

[2009/10/26 15:31] 映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
映画「あらしのよるに」
あらしのよるに スタンダード・エディション [DVD]あらしのよるに スタンダード・エディション [DVD]
(2006/06/23)
中村獅童成宮寛貴

商品詳細を見る

先日の本の映画版。

実は、観てないんです。この映画…。
公開当時、子どもの付き添いで親が二人も映画館に入るのはもったいない!と、私がケチったもので。
ああ、観ておけばよかった…!!!
脚本は作者のきむらゆういちさんだし、絵も可愛いし。


夫と娘が観てきたので、パンフレットが手元にあるのですが、
メイが、めちゃくちゃ可愛いです。

ちょっと!こんなに可愛いと余計に食べたくなるんじゃないのっ?!
…と、ガブの理性が心配になるくらい(笑)可愛い。


パンフレットには作画監督の裏話が載っていて、それによると、

メイがガブを好きなのは解るけど、ガブがメイを好きなのはなぜか解らない。
だから、メイを、誰が見ても「この子だったら守ってあげたい」と思うくらい魅力的なキャラにするにはどうすればいいのか、すごく考えたそうです。

その時に相談したという、アニメーション監督との会話がおもしろい。

「お前がガブだとして、食べたくても食べられない。魅力的なものはなんだ?」


「それはやっぱり、マリリン・モンローのお尻でしょう。」

「それだよ!」



…というわけで、ガブの目の前を歩くメイの歩き方は、映画「ナイアガラ」のマリリン・モンローのモンロー・ウォークのイメージだそうです(笑)
ああ、成る程。それは、食べたくても食べられませんわね…。

あの、めちゃくちゃ可愛いメイは、スタッフの試行錯誤の賜物なのね。
ますます観たくなりました。

あ、ちなみに、メイは男の子ですから。

あらしのよるに スペシャル・エディション [DVD]あらしのよるに スペシャル・エディション [DVD]
(2006/06/23)
中村獅童成宮寛貴

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

[2009/09/08 16:29] 映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。