スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
元素生活
元素生活 Wonderful Life With The ELEMENTS元素生活 Wonderful Life With The ELEMENTS
(2009/07/16)
寄藤 文平

商品詳細を見る


neconaさんのブログ「もやもやをつらつらと」で紹介されていて一目惚れした本(笑)

うちの娘と同い年の長男くんが、最近元素に興味があるというので、お誕生日にプレゼントしたそうな。
とはいえ、うちの娘は興味を示さないだろうな~と思いつつ、「こんな本があるんだけど~」と見せたら、意外にも「読みたい読みたいっ!」と食いついてきた。


娘が読んだ後、お友だち何人かのところを回って、先日帰って来たので私も読んだ。
まえがきで爆笑してしまった。
その後も度々思い出しては笑いがこみ上げてくるので、困っている(笑)



・「元素」は、原子の種類を表す分類名。
・「元素」を軽いほうから順番に並べると周期的に似たような性質の元素が現われる。
・そのことに気がついたのはメンデレーエフという科学者。
・その周期にしたがって、タテの列に似たような性質の元素が並ぶようにして、ヨコの行が下に行くほど元素の原子量が大きくなるような表にまとめたのが、元素周期表。



↑…高校の化学の授業で習ったはずなんだけどなぁ。
元素記号の暗記の仕方しか覚えてない。


周期表はこれまでの科学者の知恵が集結した、ものすごい表なのです。


はい。ほんとにその通り…。
「水兵リーベ僕の船~」なんて、わけもわからずただ機械的に元素記号を暗記してたことが、申し訳なくなってしまう。



この本では、著者が元素を擬人化して描いたそれぞれの性質を表したキャラクターを使って、元素をわかりやすく説明してくれる。


・固体・液体・気体をカラダで。
固体なら普通の人間、液体は下半分くらい融けてて、気体は幽霊風(笑)


・原子量を体重で。
軽い順に、ガリ、ふつう、デブ。


・発見された年を年齢で。
古代なら老人、現代に近付くほど若くなる。


・特殊な性質は背景や服で。
光る性質のものは光を背負ってるし、磁力を作れるものはSとNのツートンカラーの服を着ている。


…といった具合で、なんともとぼけた感じの元素キャラクターたちを見ているだけでも楽しい。


それぞれの元素につけられたキャッチコピー(?)にもなるほど~と感心してしまう。

水素(H)は「宇宙を作る神さま元素」
鉄(Fe)は「文明をわけた運命の歯車」
ヒ素(As)は「冷酷無比なダークサイダー」
ラジウム(Ra)は「恩人の命も奪う悲しき宿命」

…などなど。

「人類史上初の人工元素」テクネチウム(Tc)なんてのもあって、驚いた。
えっ、元素って作れるもんなの?!

テクネチウムに添えられた説明文がまた笑える。


43番目の元素は、地球誕生時にはいたけれど、はるか昔にぜんぶ崩壊してしまった。
でも科学者たちはどうしてもこれを見つけたいといろんな方法で試すうち、なんか、つくれちゃった。
(以下略)



118もの元素の中には、最長でも約21分しか存在しないため、実際に見ることができない元素というのまである。
「謎をかかえてはかなく散る」フランシウム(Fr)



いや~、おもしろい!



余談だが、私がここで度々しつこくねちこく好きだ好きだと主張している漫画「鋼の錬金術師」の一場面を思い出した。

亡くなった母親を取り戻そうと、幼い兄弟が人体錬成を試みる。


「水35ℓ、炭素20kg、アンモニア4ℓ、石灰1.5kg、リン800g、塩分250g、硝石100g…」


人体を構成する物質が羅列されていく。

「市場に行けば子どもの小遣いでも買えてしまう」というそれらを全部揃えたところで、人間を創ることはできない。


この本にも「人間の原価」という項目がある。
人体の構成元素をもとに、体重60kgの人で換算すると13000円だそうだ。

「この原価にどんな付加価値をつけるかは自分次第ですね。」とは、著者の言。
だけど、その原価13000円分の元素がくっつきあって、こんな複雑な仕組みの人体を構成してるなんてね~。
もうなんにもしなくても、それだけで相当な付加価値がついてると思うけど…。



私は、数学も物理も化学も苦手だったけれど、それは「嫌い」とはちょっと違う。
むしろ、永遠に届かない片恋の相手に手を伸ばすような(笑)、切な~い憧れが常にあった。

数式や記号に宇宙を閉じ込めてしまうような人たちの眼に、この世界はどんなふうに映るのか。
自分が理解できないから余計に、理数系が得意!という人を見ると無条件に尊敬してしまう。


子どもの頃にこんな楽しい本に出会っていたら、それがきっかけになってもっと化学に親しみが持てたかも。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

[2010/03/17 17:07] 寄藤文平 | トラックバック(0) | コメント(8) | @
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。