スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
北風のわすれたハンカチ




どなたか音楽を教えてください。
お礼はたくさんします。
                 くま





家族をみんな鉄砲で撃たれて、ひとりぼっちのくまの子は、家の扉にこんな貼り紙をしています。
寂しくて、胸の中がぞくぞくして、だから音楽を覚えたら、何もかも忘れられると思ったのでした。


音楽の先生かと思った最初のお客は、青い馬に乗った、青い人。
髪の毛からつま先までも、つめたい青い色をして、右手にトランペットを持った北風でした。


それから一週間後にやってきたのは、やっぱり青い馬に乗った、青い女の人。
青くて長い髪をなびかせ、バイオリンを抱えた、北風の奥さんでした。


トランペットもバイオリンも、それはそれは素晴らしい音色だったけれど、くまの子の心を暖めてはくれません。
それどころか、前歯は折れ、冷蔵庫の中のとっておきのごちそうはみんな持っていかれ、暮らしまでもが寂しくなりました。


そして、くまの子の家が、半分雪に埋もれそうになったある日のこと。
訪ねてきたのは、木馬のような青い馬に乗った、青い花びらのような北風の少女。


「あたし、まほうがつかえるの。ね、むこうむいてて。」


言われた通りに五十数えて、くまの子が振り向いてみると、少女がひろげた青いハンカチの上には、ホットケーキの材料が!
少女は、ふたり分のホットケーキを上手に焼き上げ、ふたりは楽しいおやつの時間を過ごします。


青いハンカチには、ほんとうは魔法の力なんてなかったのかもしれません。
少女が使ったほんとうの魔法は、寒くて寂しくて、今にも凍えそうだったくまの子の心を暖めたことでした。


雪が落ちる時にも音がすることを、少女に教えられたくまの子は、じっと耳を澄ませます。


ほと、ほと、ほと、ほと、………
小さな小さな音でした。
けれど、やさしいあたたかい音でした。
白い花が散るときも、こんな音がするでしょうか。
月の光がこぼれるときも、こんな音がするでしょうか。



雨や風、花や木の葉、どんなものにも歌があることを、少女はくまの子に教えたのです。


北風の少女がわすれていった青いハンカチは、再会の約束にも思えて、雪のコーラスを聴きながら、くまの子は幸せな冬ごもりを迎えるのでした。


安房直子さんの初期の童話集です。
表題作のほか「小さいやさしい右手」「赤いばらの橋」の二編を収録。
1971年旺文社から刊行され、長らく絶版でしたが、昨年ブッキングから復刊されました。

牧村慶子さんの挿絵は、やさしい色合いの水彩画で、どこか懐かしい雰囲気です。


残念ながらamazonでは既に品切れのようですが、bk1にはまだありました!

ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

[2007/11/28 20:04] 安房直子 | トラックバック(1) | コメント(6) | @
| ホーム | 次のページ>>

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。