スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
風のローラースケート
ものいう動物たちのすみか (安房直子コレクション)ものいう動物たちのすみか (安房直子コレクション)
(2004/03)
安房 直子

商品詳細を見る
かつて安房直子さんの絶版本は、一部の文庫本を除き、古本でもめったに出回りませんでした。
古書検索サイトやネット古書店さんなどをこまめに見てまわっても、なかなか見つからないのです。
ここ数年、嬉しいことに、安房さんの作品は続々と復刊されていますが、それまでは毎日のように絶版本をネットで探していました。


筑摩書房の「山の童話 風のローラースケート」も、そういった探求書の中の一冊で、特に思い入れのある本です。
昔、知人に借りて読んで夢中になり、自分でも持っていたいと思い書店に注文しましたら、ずっと前に絶版になっていました。


タイトルを見ただけで、胸の中が懐かしいものでいっぱいになるような。
夕暮れ時に山里の家々から立ちのぼる煙、子どもの頃よく摘んだよもぎの香り、何もかもが青く見えた満月の夜。
私にとっては、そんなものを思い出させてくれる童話集です。


峠に茶店を開いたばかりの、まだ若い茂平さん夫婦を中心に、いたち、たぬき、さる、いのしし、うさぎ、きつね、桜の精やてんぐまでが登場し、楽しくて不思議な、時にはちょっと怖いお話が八編。


・茂平さんが初めて作ったベーコンを盗って、風のローラースケートを履いて逃げるいたち。追いかけていた茂平さんは、いつの間にか海辺の町まで来ていました。(風のローラースケート)



・「ゆきのしたホテル」を営むたぬきは、茂平さんに、みそおでんの作り方を教わりにやってきます。
そのお礼にと、たぬきに招待された茂平さん一家は、あたたかな春の月夜、「ゆきのしたホテル」へ。
「ユキノシタ」という植物をご存じですか?
私の実家の庭の隅にたくさん生えていて、祖母がよく煎じ薬にしていたその葉が、このお話では天ぷらになって出てきます。(月夜のテーブルかけ)



・「つづら屋」というみやげ物屋の老夫婦のもとへ、ある晩、ちょうちんをぶら下げたさるが訪ねてきました。
手仕事の上手なさるは、アケビのつるで見事なつづらを拵えます。
名前だけだった「つづら屋」は、ほんとうに、つづらが名物のみやげ物屋に。
律儀なさると老夫婦の交流が微笑ましくて、胸があたたかくなる、私のいちばん好きなお話です。(小さなつづら)



・あかね山のいのししの集まりに招待された茂平さん。
いのししと一緒に食べるふろふき大根の湯気の中には、彼らの思い出話とともにいろんなものが見えてきます。
白い鳥やユリの花、夏の雲に白い蝶…。
ふろふき大根の湯気は、悲しいことやいやなことを忘れさせてくれるそうですよ。
あつあつのふろふき大根と、大きなお餅と、気の好い いのししの心遣いに、身も心もほっこりしそう。(ふろふき大根のゆうべ)



・「たにまのおやど」に泊まった旅人は、命からがら茂平さんの茶店に逃げ込んできました。
前の晩、おそろしい目に遭って、一睡もできなかったと言うのです。
八編の中では異色の、ちょっと怖いお話。(谷間の宿)



「さくら屋にご招待します。花ふぶきの午後、おでかけください。」

山の人間しか入れてくれない「さくら屋」に、山暮らし五年目でやっと招待状をもらった茂平さんの奥さん。
使えるお金は百円まで。全部五円玉で用意しなければなりません。
さあ、とっておきのフレアースカートをはいて、うすもも色の着物を着た桜の精たちが待つ「さくら屋」へ。
ですが、くれぐれも、長居は禁物です。(花びらづくし)



・よもぎが原によもぎを摘みに出かけたまま、帰ってこない子どもたち。
月の光が照らす中、うさぎに変えられた子どもたちを人の姿にもどそうと頑張る、母親たちのお話。

「お母さん、よもぎが原のうさぎって、すごいねえ。あんな魔法まで使うんだもの」(よもぎが原の風)



・めんこが下手なたけしは、買ったばかりのめんこを全部友だちにとられてしまいます。
とぼとぼと山道を行くたけしをかわいそうに思ったのか、てんぐは、何でも吹き飛ばす「風のめんこ」をくれました。
風のめんこを手に、今度は子ぎつねたちと勝負するたけし。
親ぎつねたちが作ったというめんこは、一枚一枚が手書きで、それは見事な出来ばえなのだそうです。
ちょっと見てみたくなりますね。
それにしても、安房直子さんの食べ物の描写は、どうしていつもこんなにリアルでおいしそうなんでしょう。
きつねの作ったてんぷらうどんの描写は、ただごとではありません。読んでるだけで唾が出そう。(てんぐのくれためんこ)



入手するのにずいぶん苦労したこの本ですが、現在は、偕成社の安房直子コレクション3「ものいう動物たちのすみか」に収録されています。
ぜひ、よもぎが原の風に吹かれる気分を味わってみてください。

ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2008/01/30 11:44] 安房直子 | トラックバック(0) | コメント(10) | @
| ホーム | 次のページ>>

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。