バウンダーズ“この世で最も邪悪なゲーム”
バウンダーズ―この世で最も邪悪なゲームバウンダーズ―この世で最も邪悪なゲーム
(2004/11)
ダイアナ・ウィン ジョーンズ

商品詳細を見る


イギリスで生まれた少年ジェイミーは、弟と妹と暮らす普通の少年だった。
「古い要塞」と呼ばれる場所で、不可解なゲームをする“あいつら”に捕らえられ、ゲームの世界に放り投げられてしまうまでは……。
鉱山の世界、大神殿の世界、戦場の世界、けだものたちの世界など、ひとつの世界から次の世界へとさまようジェイミーの旅がはじまった。
この邪悪なゲームのルールは何か?もとの世界に、自分の家に帰ることはできるのか?
ゲームに翻弄されつつも、彼は故郷を失った奇妙な生命体ヘレンと、悪魔ハンター・ヨリスに出会い、同盟を結ぶ。
この「バウンダーズ」は、必死でチャンスをつかみ、帰途を見いだす反撃の計画を立てるのだった。
(帯より)


…まず、この帯に文句を言いたい(笑)
“あいつら”は、この世界を使ってゲームをしているのであって、ジェイミーは「ゲームの世界に放り投げられた」わけではない。
もともと、全ての人間がゲームの駒なのだ。
ジェイミーは、“あいつら”の姿を見てしまったため、「ランダム要素」としてディスカードされた(捨てられた)のである。
「ランダム要素」とは、思いも寄らない動きをする駒のことだろうか…?


あと、「奇妙な生命体ヘレン」というのは、あんまりだと思う。
ヘレンは、少々(かなり?)変わった右手を持っているだけの、人間の女の子だ。
彼女は、思い通りにその形状を変化させられる「ウクアラの手」を持っている。

「悪魔ハンター」と聞くと、西部劇なんかに出てくるならず者っぽい賞金稼ぎを連想してしまうけれど、ヨリスは見た目も中身も良家の子息のような少年で、驚いたことに奴隷でもある。
ただし、主のコンスタムからは奴隷のような扱いは受けておらず、主を心から崇拝している。


ヘレンもヨリスも、ジェイミー同様、“あいつら”の姿を見てしまったためにディスカードされた。

ゲームは、この世界ばかりでなく、増殖し続ける全てのパラレルワールドを使って行われている。
それぞれ別々の世界を故郷に持つ、ディスカードされたランダム要素である彼らは「バウンダーズ」(故郷に向かう者)と呼ばれ、自分の故郷以外のあらゆる世界をさまよい続けることとなる。

ちょっとだけネタバレありなので、以下、たたみます。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

[2009/07/31 14:42] ダイアナ・ウィン・ジョーンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | @
| ホーム | 次のページ>>

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker