スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
「鋼の錬金術師」第24巻
鋼の錬金術師 24 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 24 (ガンガンコミックス)
(2009/12/22)
荒川 弘

商品詳細を見る


結末に向けてのあまりに目まぐるしい展開に、いつもながらドキドキするやら、もうすぐ終わりなんだと思うと寂しいやら。

以下、ネタバレありのひとりごとですので、未読のかたはご注意を。












マスタング大佐。このひとはなぜ、エドを相手にするとこんなに大人げないのか。

「誰も見に来いなんて頼んでないぞ」とか「恩着せがましく言うな」とか言ってるけど…


いやいやいや。やっぱりエドのお陰だと思うよ。


あの時、エドが大佐からエンヴィー取り上げてなかったら、中尉に何と言われても焼いてたと思う。

「右手ごと焼くぞ!!!」とまで言われてもエンヴィーを放さず、一歩も退かず、あんなに必死で止めようと頑張ってくれた子に、詫びとか礼とか労いの言葉のひとつもかけてやったらどうか。

14も年下の子どもと同レベルでケンカするなよ~(^^;




アームストロング姉弟。
加勢に来たイズミ師匠からエルリック兄弟も闘っていると聞いて 、満身創痍で立ち上がる二人がカッコいい。


「これからこの世を背負って行く若者に
今この世を背負っている大人の…
我らの生き様を見せんで何とする!」




例えば、大総統の椅子に目の色を変えて手を伸ばしたどこぞの将軍が、直後に人形兵に殺されたのとは対照的に、アームストロング少将は椅子に一瞥をくれただけで、「こんな狙撃され易そうな場所に座る奴の気が知れんわ」と、すぐに背を向ける。

こういうちょっとしたエピソードが、キャラクターに深みを持たせていくんだなぁと思う。



上官の命令と、今目にしている軍の暗部への不信の板挟みになり、何を信じるべきか解らなくなっている軍人たちは、イズミ師匠の「貴方自身を信じなよ」「貴方の魂に恥をかかせない生き方を選べばいいじゃない」の言葉に、次々と軍の徽章を棄てる。


突然現れたキング・ブラッドレイ大総統を前に、ガタガタ震え、泣きながらも、退かずに銃を構えたファルマン少尉もまた「自分の魂に恥をかかせない生き方」を選んだのだと思う。(死ななくてよかった!)



フー爺さんとバッカニア大尉に至っては…壮絶だった。

フー爺さんは、リンへの忠誠心や一族のためだけにそうしたのではなく、リンならきっと民を思う良い皇帝になると信じたから、そしてその対極にあるブラッドレイが許せなかったからだろうし、
また、バッカニア大尉は その思いを汲んで、自分が死ぬのも承知の上であんな行動に出たのだと。そう思った。

賛否両論ありそうだけど、二人はきっと、無駄に死に急いだわけではない。
自分たちが死んだ後の、ずっと先の未来まで見ていたのだと思う。


それまで傷一つ負わせられなかったブラッドレイへの渾身の一撃は、グリード(リン)に更なる攻撃のチャンスを齎す。

硬化した身体も表情もグリードなのに、泣いているのはリン…。

また部下を守れなかったと、リンは自分を死ぬほど責めるんだろうな…。
でも、そういうひとだから、ランファンもフー爺さんも、忠誠心からだけでなく守りたいと思うんだよ。




「フラスコの中の小人」とホーエンハイムの闘いはどうなったのか?

別々の場所から同時に姿を消したエド、アル、イズミ師匠はどこへ運ばれたのか?

「キング・ブラッドレイを作った」と言う胡散臭い科学者の次なる目的は何か?


いつものことながら、もう次の巻が待ち遠しくてたまらない。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

[2009/12/28 16:24] 荒川弘 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
| ホーム | 次のページ>>

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。