スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
ひさの星
ひさの星 (創作絵本 7)ひさの星 (創作絵本 7)
(1972/01)
斎藤 隆介

商品詳細を見る

子どもの頃、私の家には本があまりなかったので、小学校に入学していちばん嬉しかったのは、図書室で本が借りられることでした。
小さな田舎の小学校のこと、図書室もたいして広くはなく、蔵書もそれほど多くはなかったはずなのですが、当時の私にはじゅうぶんでした。
こんなにたくさんの本の中から、どれを借りて帰ってもいいんだと思うと、嬉しくてたまらなかったのです。


その図書室で借りた2冊目の本が、この「ひさの星」でした。
岩崎ちひろさんの表紙絵に惹かれて借りたものの、内容はそれほど印象に残らず、その後二度と借りることはありませんでした。
ちゃんと意味も解って読んでいたし、ひさを可哀想には思ったのですが、なぜかフィルター越しに情景を見ているような曖昧な印象しか残らなくて。
馴染みのない方言での語りも、その頃の私には親しみにくかったのかもしれません。


ところが、娘が生まれて、絵本の読み聞かせをするようになって、二十数年ぶりに開いたこの絵本は、おとなの私を号泣させました。


ひさは、十か十一くらいの、無口で控えめな少女です。
あかちゃんを犬から守るために、その子の上に覆いかぶさって庇い、噛み傷だらけで家に帰ってお母さんに叱られても、「犬にかまれて…」としか言わないような、そんな子どもです。


この絵本のあとがきで、作者の斎藤隆介さんは、ひさのことを「蛍のようにかそけくしずかな少女」と表現しています。
「黙ってその道を歩き、ひとにほめられたりしたら頬を赤くするような人が、私には星のように輝いて見える」とも。


宮澤賢治の「雨ニモマケズ」は「サウイフモノニ ワタシハナリタイ」で結ばれていますが、「サウイフモノ」とは、ひさのような人のことかと、ふと思いました。



子どもの頃に読んだ時は、「お母さんに叱られたら『あかちゃんをかばって犬にかまれた』って、ちゃんと言えばいいのに!」と、ひさの性分が腹立たしく、ちっとも理解できなかったのですが、今なら少し解るような気がします。
それどころか、芯が強くてまっすぐで、それでいて控えめな子どもが、いじらしくて愛おしいのです。
おとなの目で読むと、これほどに印象の変わる絵本もあるのだと、その時思いました。


ひさがいなくなった日の夜から、東の空に輝きはじめた青い星を、村の人々は見つめます。


「ああ、こんやも ひさの星が でてる」




1972年の初版以来、今も版を重ねるロングセラーです。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2009/03/12 15:17] 斎藤隆介 | トラックバック(0) | コメント(8) | @
<<当たったんだけど | ホーム | 誰かの明日>>
コメント
--不思議なものですね^^;--
変わらない本の内容・・・にも関わらず、いろんな経験や時間の経過?など成長してきたってことのようにも思えます。気づかなかったものに気づいたり視点が変わることで新たな感情に気づいたり本当に素敵なことですね^^
[2009/03/14 05:43] URL | 1xclick #- [ 編集 ]
--1xclickさま--
そうか、私の視点が変わったからですね!

子どもの頃は、ひさを同年代の女の子として見ていたから、叱られる側の子どもの心理として「なんで?」と思ったし、今は母親の目でひさを見るから、いじらしいと思うのでしょうね。

自分が傷だらけになってあかちゃんを助けたことを、自分から言いたくなかったひさの気持ちがわかるような気がするのは、私も歳をとったからか~。
でも、それがなんだか嬉しいです。
[2009/03/14 17:06] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
----
こんにちは^^
岩崎ちひろさんの絵って大好きで子どもの頃よく借りたのですがその内容がぴんとこないものが多かったきがします。
この絵本も読んでみたくなりました。図書館で探して見ます♪

娘ちゃんの言葉にまた、涙がでそうになりました。辛い事苦しい事を乗り越えてきて気づいたんでしょうね。

病気の事を含めこれからも色々な事があると思いますが、素晴らしい事に気づいた娘ちゃんは、きっと乗り越えていけそうですね。

かりゆしって幸せ・縁起がよいことを意味するのですが、会話等にはあまりでてきません。かりゆし●●とか名前によくつかわれているかんじです。(リゾートホテル名とかビーチ名とか)
[2009/03/15 05:55] URL | ハコハナ #LBrq/a0E [ 編集 ]
--ハコハナさま--
ハコハナさん、度々ありがとうございます♪
「かりゆし」って、そういう意味だったのですか!
なるほど、意味を調べようと検索してみたら、やたらホテルの名前ばかり出てきましたよ~。(いや、私の検索の仕方が悪かったんですけど)
素敵な言葉ですね。

うちの娘は、白血病に罹るまでは一日も学校を休んだことがなくて、皆勤賞を目指せる勢いだったんです(笑)
それだけに、本人も私たち両親も余計にショックが大きくて。
でも、健康な時には気づくことができなかったたくさんのことに気づきました。
その経験を無駄にしないようにしないと。

「ひさの星」
私、今なら、子どもの頃は馴染めなかったあの方言も情感たっぷりに表現しつつ読み聞かせできると思うのですが、きっとまた途中で泣いてしまってダメです。
もしもお子さんに読み聞かせをされたら、ぜひとも反応を知りたいです。
ハコハナさんの息子さんは感性が豊かそうなので、どんな感想を聞かせてくれるのか楽しみですね。
[2009/03/15 12:58] URL | asagi #- [ 編集 ]
----
asagiさん、ブログ訪問とコメントありがとうございます。「ひさの星」うちにもあります。絵本がたくさんあるわけじゃないのですが、プレゼントにいただいたものなので、30年以上たってもとっておいています。内容わすれてしまっていたので、あらためて読んでみます。ありがとうございます♪
[2009/03/24 19:17] URL | sorayume #3un.pJ2M [ 編集 ]
--sorayumeさま--
こんにちは。
こちらこそ、おいでいただいて嬉しいです!

絵本は、今になって読み返すと新たな発見があって楽しいです。
「ひさの星」と同じ作者の「花さき山」は、おとなになって初めて読んだのですが、これにも泣かされました。
機会がありましたら、そちらもぜひ!
[2009/03/26 15:50] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
----
「花さき山」ですか、さがしてみます。ありがとうございます^^
[2009/04/02 23:11] URL | sorayume #- [ 編集 ]
--sorayumeさま--
sorayumeさん、わざわざありがとうございます!
「花さき山」も、どこかの方言で語られる民話のようなお話です。
滝平二郎さんの迫力ある美しい切り絵が印象的でした。

子どものけなげさに涙が出てきます。
ひとの優しさ、健気さが花になって咲く山が、本当にどこかにあったらいいのに。
[2009/04/03 14:20] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/108-ab818dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。