スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
「水曜日のクルト」復刊!
新版 水曜日のクルト (偕成社文庫)新版 水曜日のクルト (偕成社文庫)
(2009/05)
大井 三重子

商品詳細を見る


「水曜日のクルト」が復刊するそうです。

二年前にもブログに書いたのですが、古本市場にはめったに出回らない稀少本でした。
以前の記事はこちら→水曜日のクルト


推理小説作家の仁木悦子さんが、本名の大井三重子名義で出した唯一の童話集。

復刊ドットコムのリクエストコメントには、
「この本に収録されている『めもあある美術館』をもう一度読みたい!」
というものが多かったように思います。

探していらした方、よかったですね~(*^^*)

新装版の表紙がすごくかわいくて、私も今から楽しみです(^^)

1976年版では、杉みき子さんが解説を書いていらっしゃいましたが、今度はどなたでしょう?
それも楽しみ♪


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2009/05/15 16:18] 大井三重子 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
<<f植物園の巣穴 | ホーム | 尾道は坂の街>>
コメント
----
e-101asagiさん♪こんばんわぁ~e-266
表紙の絵がとても可愛いですね~(@^-^)
あらすじも読みました♪
ブログ最初の頃に登場する記事は、本当に思い入れのあるものなんですね♪
素敵なお話。。。注文してみようかなe-53
本好きな方から、いろいろご紹介して頂けると、世界が広がりますね~♪
いつも、人´∀`).☆.。.:*ありがとぉ
[2009/05/17 22:17] URL | 七色しゃん♪ #- [ 編集 ]
--七色さんへ--
こんにちは!

当時は、「この前NHK教育テレビの『おはなしのくに』で聴いたばかりなのに、なんで絶版?!」と、ずっと思ってました。

とにかく、入手に苦労した本なので、余計に思い入れがあるんですよ(^^)

「めもあある美術館」とか「ありとあらゆるもののびんづめ」も、とても素敵なお話です。
興味を持っていただけて嬉しいなぁ(*^^*)

こちらこそ、いつも楽しいコメントをありがとうございます!
[2009/05/18 18:01] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/131-1b760d52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。