スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
f植物園の巣穴
f植物園の巣穴f植物園の巣穴
(2009/05/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る


千代を捜しに。




梨木香歩さんの新刊です。
文庫落ちするまで待とうかどうしようか迷った挙句、内容紹介を見ると、どうも私の愛してやまない「家守綺譚」に近しい空気を感じたので、買ってしまいました。

「植物園の園丁は、椋の木の巣穴に落ちた。
(中略)
動植物や地理を豊かにえがき、埋もれた記憶を掘り起こす会心の異界譚。」


と、帯にはあります。
ね、「家守綺譚」と同じ香りがしませんか?

期待に胸を震わせつつ、あの懐かしくも雅な世界よ もう一度!と、蓋を開けてみれば…
違いました(笑)

「家守綺譚」よりも寧ろ「裏庭」に似ているような。
でも、時代設定はたぶん「家守綺譚」と同じ頃、100年と少し前くらいだと思います。


「しくしくとした歯の痛みは、そのまま軽い陰鬱の気を呼び、それが気配のしんしんとした雰囲気とよく狎れ合って、何所とも知れぬ深みへ持って行かれるような心地。」


帯に引用されているこの一文から期待した通り、全編通してこの調子。
まるで、その当時の作家が書いているかのような、雅で流麗な文体に痺れます。
文体だけを見るなら、やっぱり「家守綺譚」に近いのですが…。

良い意味で、期待を裏切られた一冊でした。

読んでいる間に「えーっ!」と驚くこと、少なくとも三度。


そもそも「椋の木のうろに落ちた」と言うけれど、いったいいつ?どこからが現実じゃなくなってるの?と、読み始めた早々からまた前に戻って読み返しました。
園丁である語り手の「私」ともども、読者もまた知らぬ間に異界へと誘われているのです。

最初のうちは、現実とのズレも然程感じないのが、読み進むうちにどんどんどんどんとんでもないことになってきて。
穴に落ちて不思議の国に迷い込んだアリスさながら、帰り道をさがして右往左往する破目に。


文中の言葉を借りるなら、
「ここは、過去と現在がみんないっしょくたに詰まっているのだ。」

けれどそれは、「私」の過去と現在が渾然一体となった心的世界というだけでなく、どうも別の何かの介入があって成り立っている世界のような気がします。

キツネに帰り道を訊いたはずが、逆に、なぜここへ来たのかを尋ねられ、
思わず「千代を捜しに。」と答えたものの、その「千代」とは、
幼い頃自分を可愛がってくれた ねえやの「千代」なのか、
それとも、若くして逝った妻の「千代」なのか、
「私」自身にもよくわからないのでした。



受け容れられず、自分の中で消化できなかった辛い出来事は、記憶の底に澱のように沈み、本来あるべき流れを止めてしまう。
この異界での出会いも経験も、すべて、この流れをもとに戻すため、「私」にとって必要な道程だったのでしょう。


「村田エフェンディ滞土録」を読んだ時もそうだったのですが、まさか泣ける話だとは思っていなかったのに、また泣かされました…。

そして、現実に戻ってからの大どんでん返しに「えーっ!!!」となり、最後の一行にほっこりしました。


…あんまり詳しく書いてしまうと、せっかくの作者の仕掛けが台無しになって、初読の楽しみも半減しますので、ぼかしまくってますが、この辺で(笑)



余談ですが、初めて読んだ梨木香歩さんの作品は「からくりからくさ」でした。
それがとても好みの作風だったので、次に「裏庭」を読んだのですが、これがなぜか、当時の私にはしっくりこなくて。

結末を覚えていないところをみると、途中で挫折したのかもしれません。
何がダメだったのか、今となっては判然としませんが、その後ぱったりと梨木さんの本を読まなくなったのでした。

そうして何年も経ってから、ふとしたきっかけで手に取った「村田エフェンディ滞土録」に感銘を受け、今また次々と彼女の作品を読んでいます。

「f植物園の巣穴」を読み終えた時、今ならもしかして「裏庭」を読んでも、以前のような拒否反応は起きないのかも…と思いました。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

[2009/05/19 14:59] 梨木香歩 | トラックバック(1) | コメント(2) | @
<<山のタンタラばあさん | ホーム | 「水曜日のクルト」復刊!>>
コメント
----
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
[2010/06/21 17:31] URL | 藍色 #- [ 編集 ]
--藍色さんへ--
はじめまして。
トラックバックありがとうございました^^
先ほどこちらからもトラックバックさせていただきました。
[2010/06/22 11:23] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/132-ba2781ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
f植物園の巣穴 梨木香歩
歯痛に悩む主人公がある日、木のうろの中に落ちると、そこは異界だった。 前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、愛嬌のあるカエル小僧、...
[2010/06/21 16:26] 粋な提案
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。