スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
りかさん
りかさんりかさん
(1999/12)
梨木 香歩

商品詳細を見る


リカちゃん人形が欲しいと言ったようこの元に、おばあちゃんから送られてきたのは古い市松人形のりかさん。

「からくりからくさ」に登場した市松人形のりかさんが、蓉子(この本では「ようこ」)の家に来た経緯と、その後のお話です。


まさか半紙に「りかちゃん」と筆で書いて、古い抱き人形の箱に入れて来るとは想像だにしなかった。


ようこの落胆は手に取るようにわかるのに、なぜかここのところを読むと、つい笑ってしまいます。
でも、私の友人の中には、「リカちゃんが欲しいって言ったのに、おばあちゃんが買ってくれたのはボーイフレンドのケンだったよ!」という、もっと気の毒なエピソードの持ち主がいるんですよ。
どう慰めてよいのやら。だって、ケンって…。バービーのボーイフレンドですよ。
もはやリカちゃんファミリーですらないよ…。


それに比べたら、市松人形のりかさん、良いじゃありませんか。
何組かの着替えの着物に、りかさん専用の箱膳までついてきて。
おまけに、驚くなかれ、りかさんはようこと言葉を交わすことが出来るのです。


ようこは、りかさんを介して様々な人形の声を聴き、それぞれの物語に耳を傾けます。


「りかさん」は児童書という体裁なので、「からくりからくさ」に比べると、子どもにも解りやすい平易な文章なのですが、だからといって読者を子ども扱いはしていません。

ようこのお友だちの登美子ちゃんの家に飾られた、たくさんの人形たちの話す内容も言葉遣いもすごい!

例えば、昔、盗まれて竹藪に捨てられ、その後、遊郭へ通う途中の男に拾われて遊女への土産になったという官女は、「あちきの巣は…」と、遊女のような語り口。

ほかの人形からも、「疎いやつよの。格式のある家では…」とか「もったいないこと御意あそばす」とか、そういった時代がかった言葉があたりまえに出てきます。


フランス生まれのビスクドールは、自分を抱いて奉公先を逃げ出した年若いメイドのことを語り、
「汐汲(しおくみ)」という舞踊人形の台座に隠されていた「アビゲイル」の記憶は、不思議な映像となって ようこの前に現れます。

アビゲイルは、かつて日米親善使節の役目を負わされて、日本に送られた人形でした。
たくさんの少女たち、女性たちに愛された美しい青い瞳の人形が辿った運命は、推して知るべし。


まるで、様々な人形の記憶を通して、連綿と続く女性たちの歴史を見ているようでした。


「いいお人形は、吸い取り紙のように感情の濁りの部分だけを吸い取って行く。
これは技術のいることだ。なんでも吸い取ればいいというわけではないから。
いやな経験ばかりした、修練を積んでない人形は、持ち主の生気まで吸い取りすぎてしまうし、
濁りの部分だけ持ち主に残して、どうしようもない根性悪にしてしまうこともあるし。
だけど、このりかさんは、今までそりゃ正しく大事に扱われて来たから、とても気だてがいい」



おばあちゃんの言う通り、りかさんは、おばあちゃんのところに来る前から、ずっとずっと大事にされてきたお人形でした。
だからこそ、ようこに力を貸して、アビゲイルの中に残る思いを昇華させることもできたのでしょう。
それはまた、ようこにも言えること。ようこだから、できたのではないかと。

そして、りかさんがアビゲイルから預かった使命は、「からくりからくさ」へと続いていきます。



屈託、という言葉はようこにはよく分からなかったが、その意味するものは瞬時に悟った。
ようこはそういうふうに自分の中に言葉を増やして行く子だった。


というのを読んだ時、もしかして、作者の梨木さんご自身がそういうお子さんだったのではないかなと、ちょっと思いました。
しかも、ほんとに人形と話が出来るひとだったりして…。
そんなことを思ってしまうほど、人形たちの物語には説得力がありました。


人形が話すとか、人形に魂が宿っているとかいう設定のお話は、実のところ苦手です。いえ、苦手でした。
それはきっと、昔読んだその手のマンガが、子ども心にはひどく恐ろしいものばかりだったから。


でも、内田善美さんの漫画「草迷宮・草空間」に出てくる「ねこ」という名の市松人形は、それはそれはチャーミングだったし、このお話の「りかさん」は、賢くて気だてが良いのです。
認識を改めました。



結末もまた、うすみどりの風が吹き抜けるような爽やかさです。



文庫版「りかさん」には、書き下ろし短編「ミケルの庭」も収録されています。
こちらは、「からくりからくさ」の続編。
かつてのおばあちゃんの家をアトリエに、草木染作家となった蓉子と、与希子、紀久、そして、マーガレットの赤ん坊「ミケル」のお話。

りかさん (新潮文庫)りかさん (新潮文庫)
(2003/06)
梨木 香歩

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2009/05/28 14:58] 梨木香歩 | トラックバック(0) | コメント(8) | @
<<Under the Rose(アンダーザローズ)6 ― 春の賛歌 | ホーム | 山のタンタラばあさん>>
コメント
--人形は怖い--
こんにちは。
梨木香歩さんというと、映画『ぐるりのこと』をみてとても感動したので、
どれか読みたいなと思っている作家さんです。
りかちゃん人形、私も姉とかぶるという理由で買ってもらえませんでしたねぇ。

人形がしゃべるというのはちょっと怖い気がしますね。
古いものに魂が宿るとか、そういう話は好きなんですが、人の形をしているものは怖いきがします(^^;
[2009/05/29 05:24] URL | さくら #- [ 編集 ]
----
こんにちは。
「りかさん」、子どもにだけ読ませておくのはもったいない良質なお話でしたね。

リカちゃんのボーイフレンドは、わたる君でしたか?懐かしいです。。。
[2009/05/29 08:28] URL | 牛くんの母 #DXknpAqk [ 編集 ]
--さくらさんへ--
さくらさん、こんにちは♪

「ぐるりのこと」はエッセイなので、あの映画はタイトルが同じなだけで、全然別物だと思ってました。
梨木さんのエッセイが原作だったんですか?!
びっくり…。

私も、リアルな人形は苦手です(^^;
「人の形をしているものは怖い」っていうの、私もそうなのでよくわかります。
昔はリカちゃん人形で遊んでたのに、いつの頃からか人形が怖くなってしまって。

でも「りかさん」は、そういう人形がテーマの作品にありがちなおどろおどろしさは全くなく、後味の良い物語でした^^

私が梨木さんの本でいちばん好きなのは「家守綺譚」なのですが、人それぞれ好みがあるので、どうかなぁ…。
とにかく私は、読み終えてすぐ、最初から読み返すぐらい夢中になりました。
[2009/05/29 16:19] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--牛くんの母さんへ--
はじめまして。こんにちは♪

リカちゃんのボーイフレンド、「わたるくん」とか「かけるくん」とか、いろいろいましたね~^^

「りかさん」を読んでいたら、忘れてしまっていたことをいろいろ思い出しました。
おもちゃなんてほとんど持ってなかったから、祖母に買ってもらったリカちゃんがものすごく大切で。
私のリカちゃんは、最初からカールがかなり崩れてましたが(^^;
それでも大切でした。

ごくたまに、母が内職の合間にリカちゃんの着替えを縫ってくれるのが、すごく楽しみでした。

「りかさん」は、そんな子どもの頃のことをいろいろ思い出させてくれますね^^
[2009/05/29 16:31] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--梨木さんの本て・・・--
はじめまして、こんばんは

私も梨木さんの本が好きで、この記事を見つけて思わずコメントしちゃいました。

私が初めて呼んだのは「からくりからくさ」で、その後が「りかさん」だったかな。

どの話も梨木さん独特の世界が広がっていてとても不思議ですよね。

またこさせてもらいますね。
[2009/05/29 22:56] URL | ねこまげどん #- [ 編集 ]
--ねこまげどんさんへ--
はじめまして。こんばんは♪

私、「からくりからくさ」の次に読んだのが「裏庭」で、それがどうにも合わなくて、恥ずかしながら読了したかどうかさえ定かではないんですよ(^^;

でも、何年も経ってから読んだ「村田エフェンディ滞土録」に泣いて、それからはまた次々と読むようになりました。

いいですよね~^^
梨木さんの小説を読んでいると、なんだかものすごく居心地の良い場所にいるような、穏やかな気持ちになれます。

ご訪問ありがとうございましたm(__)m

私も、またおじゃまさせていただきますね^^
[2009/05/30 00:58] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
----
ケンってww
あえて男の子の人形を選ばれたセンスに
脱帽ですww

人形 人の形をしているだけあって
少々不気味だったりもするのですが
楽しく話をしていたら とっても面白いですね!
[2009/05/31 22:21] URL | necona #z8Ev11P6 [ 編集 ]
--neconaさんへ--
既にリカちゃんを持ってて、それに加えて男の子のお人形も…っていうのなら、それなりに嬉しかったんでしょうけどね~(^^;

おばあちゃんとしては、お友だちがみんなリカちゃんを持ってるのなら、違うお人形を買ったほうが一緒に遊ぶ時に楽しいと思ったのかも。

「りかさん」は、人形に魂が宿ると聞いて想像するような怖いお話ではなくて、後味が良かったですよ^^




[2009/06/01 18:19] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/134-8d0bf381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。