スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
なぞの忍者と妖怪の国へ
なぞの忍者と妖怪の国へ (児童推理小説)なぞの忍者と妖怪の国へ (児童推理小説)
(1990/12)
結木 美砂江

商品詳細を見る

某SNSで、子どもの頃大好きで何度も読んだのに、引越しの時に失くしてしまって、タイトルも作者も思い出せない本を探しているという方がいらっしゃいました。
なかなかおもしろそうなお話だったので、誰の何という本なのか、私も知りたくなって検索してみました。
表紙の絵や内容はかなり細かいところまで覚えていらしたので、すぐ見つかるだろうと思ったんです。
ところが、これが意外にもなかなかヒットせず…。

やっと1件だけ見つけたそれらしい記事は、個人の方のブログでした。
残念ながら絶版でしたが、Amazonのマーケットプレイスに古本が何冊も出品されていたので、その旨お知らせしたところ、とても喜んでいただきました。


それがこの本、「なぞの忍者と妖怪の国へ」
1990年に発行された児童小説です。


早速、私も買って読んでみました。


東京の小学五年生、夕月真吾は、その年の夏休みをおかあさんの実家のある山陰地方の山奥で過ごすことになります。


おじいちゃんの家に至るまでの山道とか、田舎の古い家の土間とか五右衛門風呂とか、私の母の実家もそんな感じだったので、ちょっと懐かしい。
でも、長い滞在になると、東京の小学生には退屈だろうなぁ…。
元気だった頃はおもしろい遊びを教えてくれたおじいちゃんが今や寝たきりで、案の定、一週間もすると退屈し始めた真吾。
でも、おばあちゃんが古い虫かごと虫捕りあみを出してきてくれたので、わくわくしながら虫捕りに出かけます。


ところが、運悪く雷雨に見舞われ、神社の境内に逃げ込んだ真吾の目の前で雷が落ち、杉の大木が真っ二つに割れ…。
気を失って、目を覚ました時、真吾の隣には同じ年頃の見知らぬ少年がいました。


最初のうちは警戒し合っていたふたりですが、そこは子どものこと、すぐにうちとけます。
どうにもお互い微妙に話が噛み合ってなくて、おかしいなと思いつつも。

「剣客みたげでがんじょうげな名まえだ」と真吾の名前を誉めた後、少年が名乗ったのは「霧隠才蔵」という名前。
真田十勇士の忍者ですよ。
今の子どもは忍者ごっこなんかしないだろうけど、かつては子どもたちのヒーローだったんだろうなぁ。
猿飛佐助とか霧隠才蔵とか、名前もカッコいいもんね。


その才蔵くん、長寿の呪文を聞きだすために、これから白ぎつねを捕まえに行くと言うのです。
さんざん拝みたおして、ようやく真吾も連れて行ってもらえることになりました。


才蔵は、入院しているばあやのツネさんのために。
真吾は、寝たきりのおじいちゃんのために。


長寿の呪文があれば、ツネさんもおじいちゃんも元気になって、もっと長生きしてくれると思ったんですね。
子どもって、おとなが知らないところで胸を痛めて、自分にも何か出来ないかと密かに頑張ってたりする。
ふたりとも健気でかわいいなぁ…。



むかしの人が白ぎつねを見たことがあるという「かやせのどうくつ」は、神隠しがよく起こったとも言われている場所。
その洞窟から「あやかしの国」へ迷い込んだ二人は、「出口はない。目的を果たした時にのみ、この国から出られる」と告げられ…。

つまりは、白ぎつねを捕まえて長寿の呪文を聞き出すまで、人間界には戻れなくなってしまったのでした。


蜘蛛女に追いかけられたり、鬼の館に迷い込んだり、鬼婆に食べられそうになったりしますが、二人はその都度なんとか切り抜けます。


蜘蛛女の群れには、真吾の虫かごの中の虫をおとりに。
鬼の館では、才蔵が落としたビー玉を取り合って、鬼たちがけんかを始めた隙に。
そして鬼婆には、うさぎの女の子がお礼にくれた三枚のおふだで。



早い段階でオチの見当もつくのですが、それでもちょっとしんみりしてしまう結末。
子どもの本はこうでなくっちゃ!という要素がぎゅっと詰まった本でした。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2009/07/07 15:16] 結木美砂江 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<佐藤亜紀「雲雀」 | ホーム | ジョニーくん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/143-4748ed0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。