スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
夏への扉
夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))
(1979/05)
ロバート・A・ハインライン

商品詳細を見る

いつか読もうとずーっと前から思っていて、最近やっと読了しました。
SF小説の古典です。


ある古本屋のご主人(女性)が、猫のピートは冬になるときまって夏への扉を探しはじめるという冒頭のくだりを絶賛していらっしゃいました。
家に11もあるドアのどれかは夏に通じていると固く信じているピートは、飼い主のダニエルに全部の扉を開けさせるまで納得しないのです。


優秀な技術者であるダニエル・デイヴィスは、共同経営者でもあった親友と婚約者に騙され、会社を追われた上に大事な発明まで取り上げられ、失意のどん底にいました。
1970年12月、凍てついた彼の心もまた「夏への扉」を探していたのです。


そんな彼が思いついた非常に後ろ向きな意趣返しの方法が、冷凍睡眠(コールドスリープ)。
30年後の西暦2000年に蘇生して、年老いた元婚約者ベル・ダーキンの前に若いままの姿で現れてやろうというのです。


この小説が書かれた時点で、1970年は近未来。
そのもっと先の未来である2000年でさえ、今はもう過去となりました。
ハヤカワ文庫の初版が1979年、翻訳されたのはもっと前ですから、言い回しや家庭用ロボットのネーミングに古さを感じたり、ちょっと都合が良すぎるかなと思う部分もありますが、面白いです。



冷凍睡眠に入る前に、やはり一矢報いてやろうと思い直し、元共同経営者のマイルズとベルの元に乗り込んだダニエルですが、ベルは思った以上の悪女でした。
自白剤を注射され、書類を偽造され、自分が契約していたのとは別の保険会社の冷凍場(サンクチュアリ)に送られた彼は、蘇生した時全てを失っていたのです。
保険会社の破産により、信託した資産は無となり、一緒に冷凍睡眠に入るはずだった猫のピートはあの日逃げ出したきり行方不明。今生きているはずがありません。


まさに踏んだり蹴ったりで、ダニエルが哀れになりますが、後半の大逆転劇には胸のすく思いがします。


元婚約者ベルのあまりの厚顔さに辟易しつつも、辛抱強く聞き出した話に違和感を覚えるダニエル。

かつての美貌は見る影もなく、老いて肥ってなお自分にまだ充分魅力があると信じている女は、見た目以上に醜悪ですねぇ…。
ダニエルから取り上げた発明で悠々自適の生活を送っているのかと思いきや、住まいは安アパート。


三十年という年月が、ぼくの代わりに、はるかに無慈悲な復讐をベルの上に与えていたのである。


これに続くベルの描写がそれはそれは辛辣で、作者の筆がいちばん冴えているのはここじゃないかと思いました(笑)
いえ、もちろん私も、ピートが夏への扉を探すという冒頭部分がいちばん好きなのですが。


ベルの話のほか、腑に落ちないことが次々と見つかり、ダメ押しとばかりに起こったショッキングな出来事が引き金となり、ついに決心したダニエルが取った行動とは…。

なるほど。SF小説だとはあまり意識せずに読んでいましたが、やっぱりSFでした。
諦めの悪いダニエルの粘り勝ち。
彼はやっと、夏への扉を見つけたのです。


今月、新訳本が出たので、読み比べてみるのも面白いかもしれません。
文化女中器(ハイヤード・ガール)や万能フランク(フレキシブル・フランク)がどんなネーミングで訳されているのか、非常に興味があります(笑)



夏への扉 [新訳版]夏への扉 [新訳版]
(2009/08/07)
ロバート・A・ハインライン

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌

[2009/08/18 17:38] ロバート・A・ハインライン | トラックバック(0) | コメント(2) | @
<<お留守番 | ホーム | 「鋼の錬金術師 」第23巻>>
コメント
--懐かしい~--
実はこれ…初版で読んでいます(笑)
ちょうど、あの当時・・冷凍睡眠が本当にあったのよ~新聞で詠みました
確か、ガンに侵された人が、何時かガンが克服された世になった時に目覚めたいっと睡眠に入ったとか…
あれから30年。未だ病気に解決策なしですの~

私も冒頭部分で一気にハインラインの世界へ引き込まれました
それ以前からもハインラインが大好きだったので
他の本も読んでいたな~懐かしい。
今読むとまた違った感想になるかもね(笑)
この表紙絵が大好きです~
[2009/08/21 17:25] URL | 満天 #- [ 編集 ]
--満天さんへ--
こちらにもコメントありがとうございます~m(__)m
遅くなって申し訳ありません!

>冷凍睡眠が本当にあったのよ~

私も、いつだったかテレビで観ました!
当時は「なんで?!」と思ったけど、今ならちょっと解るような気がします。

この表紙、それに冒頭のエピソード、私も大好きです(*^^*)
トラ猫の後ろ頭がなんとも可愛くて^^

そうそう、こんなところでなんですが、アン・ライスの「夜明けのヴァンパイア」、読んだことあります!
映画でレスタトを演じた当時のトム・クルーズは、凄みのある美形でしたね。
「頽廃」とか「耽美」とかがぴったりくる小説でした。
言われてみれば、「天使」に通じるものがあるかも…。
[2009/09/01 01:26] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/153-d973360c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。