スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
文庫版「あらしのよるに」
あらしのよるに(3) (講談社文庫)あらしのよるに(3) (講談社文庫)
(2009/07/15)
きむら ゆういち

商品詳細を見る

欲しかったんだけど、シリーズ7冊全部揃えるとかさばるし値も張るしで、ずーっと我慢していた「あらしのよるに」
文庫版が出ていることをつい最近知って、全3巻即買いしました。

2005年に映画化された時の、「ともだちなのに、おいしそう」という衝撃的なキャッチフレーズ(笑)をご記憶の方も多いはず。


NHK教育テレビの「おはなしのくに」で初めて聞いた時には、続編があるなんて知りませんでした。

嵐の夜に、こわれかけた小屋で雨宿りしていたヤギと、同じく雨宿りにやってきたオオカミが出会い、真っ暗な中、お互いに相手が同族だと勘違いしたまま会話が進んでゆきます。
双方とも別のものを指して話しているのに、見事に会話が成立してしまい、意気投合した二匹は、「あらしのよるに」を合言葉に翌日の再会を約束して別れるのでした。

スリリングな展開と、最後のこのくだり


明くる日、この丘の下で、何が起こるのか。
木の葉のしずくをきらめかせ、ちょっぴりと顔を出してきた朝日にも、そんなこと、わかるはずもない。



…おもしろい。
おもしろいけど、子ども向けにしてはずいぶんとブラックな内容だなぁ…と、思ったんです。最初は。

「何が起こるのか?」と読者に想像の余地を残してはいるものの、普通に考えたら、ヤギはオオカミに食べられるでしょうよ…。
緊張感を残した絶妙のラストで、それが作者の狙いなんだろうなとも思いました。

実際、作者も1冊で完結のつもりだったのが、続きを望む読者があまりに多く、その声に押されて次々と続編を書いたのだとか。


2話目の「あるはれたひに」では、驚いたことに、食べられるに違いないと思っていたヤギが、オオカミと一緒にピクニック!
再会した時のお互いの反応をネタに、笑い合ったりしています。

3話目「くものきれまに」で、初めて二匹の名前が「ガブ」と「メイ」であることがわかります。


何しろオオカミとヤギに芽生えた友情ですから、付き合っていくうちには、いろんな葛藤があります。
けれどその度に乗り越え、絆を深めてゆくガブとメイ。
当然、お互いの同族には二匹が友達だということは秘密です。


「あらしのよるにⅢ」には、秘密がバレて仲間から逃げ出した二匹のその後を描いた「ふぶきのあした」「まんげつのよるに」が収録されています。


作者は、この6話目の「ふぶきのあした」で、今度こそ完結のつもりだったそうです。
例によって「完結編の続きは?」という読者の声が殺到しても書くつもりはなかったのに、ある小学生のメールがきっかけとなって7話目の構想が浮かんだといいますから、たまにはファンレターも書いてみるもんですねぇ…。


「ふぶきのあした」で終わっても、あれはあれで美しいと思いますが、やっぱりガブの安否が気になりますから。
「まんげつのよるに」ほんとうに素敵な結末でした。
まるで最初から決まってたみたいに、1話目のタイトルでもあり二匹の合言葉でもあった「あらしのよるに」という言葉が、重要な鍵になっています。



「喰う者」と「喰われる者」であるガブとメイの友情は、もうそれだけでイバラ道。
だけど、より辛いのはどっちだと思う?という話を娘としたことがあったのですが、

「そりゃあ、やっぱりガブでしょ。」
「そうだよねぇ…。」

だってね、メイはガブを食べたくなったりしないじゃないですか。
友だちを食べたいと思う自分に罪悪感や嫌悪感を抱くことは、メイにはないんですよね。

ところがガブは、いつの間にかそんな本能さえ抑え込んで、メイを大切に思うようになってる。
吹雪の中、何日も食べてないガブに、メイが「わたしを食べて、わたしの分まで生きて」と言っても、ガブにはもうそんなことできません。

「へっ、いまさらメイを食えるわけないっすよ。
あ~あ、どっかに草の一本でもはえてねえかなあ」


なんて言いながら、メイのために草を探すガブが愛しくてたまらない。


文庫版の1巻目に、このシリーズに寄せた宮本亜門さんの文章が載っています。

「僕にとってのメイとガブは、
国であり、民族であり、宗教であり、恋愛であり、
本来この地球上に生を受けたあらゆるものの姿である。



同感です。
彼らは、「こうあってほしい」と願ってやまない、すべてのもの。

あらしのよるに〈1〉 (講談社文庫)あらしのよるに〈1〉 (講談社文庫)
(2005/12)
きむら ゆういち

商品詳細を見る

あらしのよるに 2 (講談社文庫)あらしのよるに 2 (講談社文庫)
(2007/03/15)
きむら ゆういち

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2009/09/04 17:36] きむらゆういち | トラックバック(1) | コメント(4) | @
<<映画「あらしのよるに」 | ホーム | 最果て>>
コメント
--これまた面白そうですねぇ--
こんにちは。
うーん、7冊は無理だけど3冊となると手が届くなぁ。
ともだちが美味しそうって、かなしい葛藤が見えそうな気がするけど、
想像ですみそうもないので読んでみたくなります。

満月に魔物になってしまって母親を食べたくなってしまう「煌夜祭」というお話もありましたが、
それともちょっと違いますよね。

お金が入ったら探しにいってきます♪
[2009/09/07 18:55] URL | さくら #- [ 編集 ]
--さくらさんへ--
こんにちは♪

世代を超えて人気のシリーズではありますが、元が絵本なので、文章量が…さくらさんには物足りないかもしれないわ(^^;

>満月に魔物になって

実際、統計的に見ると満月の夜には凶悪犯罪が多いらしいので、月の光には何らかの魔力があるのかも。
でも、ガブは満月に限らず年中無休ですから、もっとキツイでしょうね~

ガブがメイのために、吹雪の中、あるはずのない草をさがすシーンがすごく好きなのですが、ほかに、追っ手のオオカミたちが花を踏まないように気を付けてるのを見たメイが「花が好きなオオカミもいるんですね」とガブにささやくところも好きです^^
それに対してガブが、ちょっと怒ったように「あたりまえでやんす」と返すのも。

こんなちょっとしたことが、相手を理解しようと努力するきっかけになったりするんですよねぇ…。
[2009/09/08 15:28] URL | asagi #VGllieGA [ 編集 ]
--良かったです☆--
こんにちは。
ついに読みました。私が入手したのは、これじゃなくて「小説 あらしのよるに」という一冊にまとめられたものでした。
これはでも章タイトルが漢字二文字になっていて、
「確執」とか出てくると、ええ! って読む前に胸騒ぎしたりと、ちょっと。

ガブの忍耐強さもあっただろうけど、メイのために必死に草とってきてくれたり、
言い返すこともあまりせずと、男気たっぷりのところに惚れましたよ。
満月を見せたかったって、あの話はうっとりしました。ステキ☆

古い記事にすみません。。。
[2010/02/03 18:02] URL | さくら #- [ 編集 ]
--さくらさんへ--
さくらさん、こんにちは。

>古い記事に

いえいえ~
コメントはいつ頂いても嬉しいです^^
ありがとうございます!

そっか、小説版だと章タイトルがそうなるのね。
それはドキッとしますよね~

>言い返すこともあまりせず

そうそう、ガブが健気で男前でした!
映画のDVDを借りて観たんですけど、映画もまたよかったですよ^^

吹雪の中、弱っていくメイを見ながら「なんでおいら、オオカミなんかに生まれてきちまったんだよおぉぉぉっ!」と自分を責めるガブの叫びがあまりに悲痛で。
声優(俳優)さんって、スゴイ!
ほんとに命を吹き込んでるみたいだわ!と思いました。

さくらさんが「良かった」と言ってくださって嬉しいです~^^
[2010/02/04 14:11] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/157-7dd79cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
小説 あらしのよるに
嵐の夜、ヤギのメイが小屋に避難すると、そこには先客が。真っくらなので姿は見えないが、ふたりは歌を歌ったり、話をしたりするうちに、気が合う仲間を見つけたようで嬉しくなり、明日また会う約束をする。姿がわからないので合言葉を決める。「嵐の夜に」と。 次の日、...
[2010/02/03 18:15] ◆小耳書房◆
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。