スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
たまちゃんハウス5
たまちゃんハウス 5 (クイーンズコミックス)たまちゃんハウス 5 (クイーンズコミックス)
(2009/09/18)
逢坂 みえこ

商品詳細を見る

とある落語家一門の悲喜交々を、落語の演目と絡めて描いた「たまちゃんハウス」
この5巻で完結だそうです。
意外…。もっと続くかと思ってました。
というか、もっと読みたかったなぁ…。


桜花亭春福の一人娘 珠子を中心に、
弟子の早春、春々、白春
春福師匠とそのおかみさん
春福の良きライバル 松之家吉兆と、弟子でもある息子の小吉
吉兆宅で家事一切を取り仕切るねえやの妙子


登場人物ひとりひとりが個性的で良い味出してます。
逢坂みえこさんは、ひとの心の機微を描くのがすごく上手い。
ほわほわとした可愛い絵柄なのに、表情がリアルでハッとします。


どのキャラクターも好きで、彼らのその後をもっと見てみたいとは思うものの、珠子が「いちばん好きなものに本気を出そう」と決心したこの巻で終わるのも、キリがいいかなと思います。

「これが負け犬の鉄則やんねえ!?」

と、自分たちの臆病さを、ヤケクソになって笑い飛ばした珠子と春々は、共に何かが吹っ切れたみたいで。


主人公は珠子ですが、一話完結形式で、珠子以外のキャラが主役の話もたくさんあります。
この5巻では、早春と千秋の話がいちばん好きだなぁ。


春福師匠の弟子の中ではいちばんの優等生で、万事にソツがなくスマートな早春。
同居人は大学の落研の先輩で、今は消防士の千秋。
ちなみに千秋さんは、その辺の男よりよっぽど男前でカッコいい女性です。

この二人、同棲のきっかけが、もともと恋人同士だったのでもなんでもなく、双方極めて実用的な理由だったせいで、未だに「好き」の一言さえ言い合ったことがありません。

そんなの言わなくてもわかるだろうと思っていても、やっぱり言葉にしないと伝わらないことはあるもの。

落語の「替り目」という演目をここに持ってきたのがお見事。


ドラマを観てるみたいでした。

千秋の後を追いかける早春の姿にかぶせて、楽屋での春々と白春の会話は続きます。


「『替り目』の夫婦て
にらめっこみたいやよなあ

互いに 惚れおうてんのに
先に惚れた顔 見せたほうが 負けみたいな」


「はあはあ なるほどねえ

ほな 勝負は 決まってまんな」


「おお そらもう


男の負けやがな」



あははは。でも、負けは負けでも、このお話の早春は千秋に負けず劣らず男前でしたよ。

これ読んだ後は、落語を聴きに(観に?)行きたくなります。


「永遠の野原」に惚れて以来、逢坂みえこさんの漫画は単行本が出る度買ってますが、ほんとにハズレがありません。

短編集なら「ラムネ幻燈」が特におすすめ。
昭和30~40年代の古き佳き日本の空気にどっぷり浸れます。

ラムネ幻燈 (YOUNG YOUコミックス)ラムネ幻燈 (YOUNG YOUコミックス)
(1991/02)
逢坂 みえこ

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

[2009/10/01 15:15] 逢坂みえこ | トラックバック(0) | コメント(2) | @
<<♪枯葉よ~ | ホーム | 魔空の森 ヘックスウッド>>
コメント
--逢坂さんにハズレなし--
逢坂さんの漫画は「火消し屋小町」を読んでました。これお気に入りっす(笑)
好きな作家さんになったのに…その他の作品は読んだことがなかったです

逢坂さんにハズレなしのトコを読んで
他の作品も読んでみたくなりました
とりあえずラムネ幻燈を探してみたくなりました
なんか雰囲気、秋にピッタリな気がしての(笑)
[2009/10/02 12:13] URL | 満天 #NvOWcxG. [ 編集 ]
--満天さんへ--
「火消し屋小町」面白かったですよね~^^

「9時から5時半まで」とか「ベル・エポック」とかも、バリバリ働く満天さんにお勧めしたい作品です(笑)

「ラムネ幻燈」って、タイトルからしてノスタルジックでしょ?
「あいすくりん~」と言いながら自転車でアイスキャンディーを売りに来るおじさんなんか見たことないのに、なぜか懐かしい気がする…
どれもこれも、そんな不思議な郷愁を呼び覚ます短編でした。

絶版ですけど、Amazonのマーケットプレイスには古本が1円でわんさか出品されてますよ。
ブックオフでもちょこちょこ見かけます。

秋の夜長のお供にぜひ^^
[2009/10/02 16:48] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/163-a8dba62d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。