スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
マツの木の王子
マツの木の王子マツの木の王子
(1999/12)
キャロル=ジェイムズ

商品詳細を見る


この本も、「ムッドレのくびかざり」「ひかりの国のタッシンダ」と同様、フェリシモの企画により復刊しました。
「子どもの頃に読んだあの本をもう一度読みたい!でもタイトルが思い出せない!」という依頼に応えて本を探すという「本の探偵」赤木かん子さんが、二番目に多く訊かれた本だそうです。
初版は1967年。1999年に復刊するまでは幻の名作でした。

以下、ネタバレしてますのでご注意を。


むかし、遠い遠い国の高い山の谷あいに、マツの木の王国がありました。
自分たちをいちばん高貴な木だと自惚れるマツの木たちは、マツの林の中にたった一本芽吹いたシラカバが目障りでなりません。
事あるごとにシラカバの少女を苛めます。
けれど、マツの木の王子だけは、シラカバの少女が好きでした。


「なぜ、みんなは、あんなにかわいくてやさしい小さな木に、ひどいことをいうのだろう?」


シラカバの少女がきこりに伐り倒された時、マツの木の王子もまた、あまりのショックにばったりと倒れてしまいます。
けれど、ふたりは死んでしまったわけではなく、ここからがふたりの長い長い旅の始まりでした。


きこりによって材木屋に売られたものの、若すぎるせいでなかなか買い手がつかないマツの王子とシラカバの少女は、年よりのカシの木の話から、自分たちは たきぎかマッチ棒か紙にされてしまうかもしれないと思い、悲しくなります。


そんなふたりに、年とったリンゴの木がかけた言葉がとても素敵。


「気にしなくてもいいよ、おまえさんたち。
わたしは、たきぎように売られるかもしれないけれど、ちっとも気にしてはいない。
わたしがもえるときは、とてもあまい、いいにおいがするから、わたしは、みんなをしあわせにできるもの。」




けれど、幸いにも、ふたりを買ったのは優しい木彫り職人のおじいさんでした。
おじいさんの手によって、マツの王子は黒い馬に、シラカバの少女は銀色の鹿に生まれ変わったのです。


長い長い間、マツの王子とシラカバの少女は、ほかの木彫りの動物たちと共に、それはそれは幸せに暮らしました。

病気に罹ったおじいさんを助けるために、ふたりが自ら売られることを決意するまで、それは続きました。


ふたりを買ったのは旅のサーカス団で、メリーゴーランドの動物になったふたりは、今度はいろんな町をめぐり、たくさんの子どもたちを楽しませます。



赤木かん子さんは、この物語を「気高いラブロマンス」だと書いていらっしゃいました。
愛するひとと共に生きられる幸せを、マツの王子とシラカバの少女は体現していて、ちょっと物悲しいようなラストも、よくよく考えれば紛れもないハッピーエンドです。


でも、どうも私は感動するポイントがズレているらしく…。
メインであるラブロマンスよりも、たきぎとして売られたリンゴの木の言葉や、がらくた置き場に打ち捨てられた黒い馬と銀色の鹿を探しにきた子どもたちの言葉に、思わずうるっときました(笑)



「とうとう、きみたちを見つけたよ。とてもあいたかったよ。」

「あなたたち、ふたりでいっしょにいられなかったから、かなしかったのね。
それで、ぐあいがわるくなってしまったのね。」

「あなたたちを、わたしたちのあそび場につれていってあげましょう。
そうすれば、いつまでもいっしょにいられるわ。」




なんて優しい子どもたち!
そう、メリーゴーランドでは、ふたりは常に真ん中の柱を挟んだ反対側にいて、お互いの姿を見ることすら叶わなかったのです。


子どもたちと庭師のおじさんしか入れない美しい庭の、いちばん美しい一角に、ふたりは並んで置かれたのでした。



長い長い時が過ぎた ある秋の終わり、青いけむりとなったマツの王子とシラカバが、故郷のマツ林へと還っていくラストがとても美しい。



猪熊葉子さんの訳が素敵です。
マツの王子とシラカバの少女の言葉遣いは品があって美しく、子どもたちは可愛くて礼儀正しいのです。

そして、この静かな静かなラストシーンが、何より美しいと思います。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2009/10/30 16:25] キャロル・ジェイムズ | トラックバック(0) | コメント(10) | @
<<青い鳥 | ホーム | BALLAD 名もなき恋のうた>>
コメント
----
ラブロマンスです。
品が良い話です。
確かにリンゴの木のおじさんが言った
「甘い香りを漂わせる」の言葉には自分の個性が人の役に立つことへの喜びも感じられ、凄いな~と思う半分、燃やされてしまうのか・・・と淋しさもありました。
最期の生まれ故郷に帰る青い煙にも・・・
また次に芽生える時には、どんな生き方をするのかな~などと・・・・・・。
やっぱり、いい本ですね。
・・・拍手コメントありがとうございました。
[2009/10/31 11:03] URL | 風光 #- [ 編集 ]
----
こんにちは。
鉛の兵隊とお姫様の人形が暖炉で燃やされて、
でもそれがハッピーエンドでっていう昔読んだ絵本を思い出しました。
あれはなんだったっけか?

木が木に恋をするってステキですよね。
日本の昔話には池が一山超えた池や木に恋するってのがあったと思うけど、
よその国にもあるんですねぇ。
どうやって出会うのだろうと考えると、木の精みたいなのがいて、、、
まさにラブロマンスですねぇ。。。
[2009/11/01 18:17] URL | さくら #- [ 編集 ]
--風光さんへ--
こんばんは。
お元気になられて、ほんとによかったです^^

もしかして、この本ご存知でしたか?
リンゴの木の言葉、良いですよね~
何も、家や家具や船になるばかりが偉いわけでなし、自分にできる精一杯で誰かを幸せにできるならそれでいいじゃない…という姿勢が好きです。
確かに、燃されてしまうのだと思うと一抹の寂しさが残りますが。
でも、家も家具も船も、いつかは朽ちるのですから。
長く生きること=幸せではなく、その中身の濃さにこそ意味があるのだと思っています。
これは、ダラダラと生きてる自分への戒めをこめて(^^;
[2009/11/01 22:25] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--さくらさんへ--
こんばんは♪

アンデルセン童話の「すずの兵隊」ですね!
あのお話、好きです^^
製造過程で錫が足りなかったばっかりに一本足になってしまった兵隊さんが、美しい踊り子の人形に恋をするお話でした。
錫の兵隊には、片足を上げたポーズの踊り子が自分と同じ一本足に見えたんですよ^^
子ども心に、ふたりが燃えてしまったあとに、ハート型の錫の塊が残ったという結末が哀しくも印象的でした。
アンデルセン童話は、一見哀しい結末に見えてもどこかに救いがあって、好きなお話が多いです。

>日本の昔話には

大和三山の耳成山と香具山は男神で、女神である畝傍山を取り合ったっていう話もありましたね~^^
山にも池にも、花や木にも、精霊が宿っていて不思議はないと思います。

私も、「家守綺譚」の綿貫さんのように、木に懸想されてみたいですね~
お世話するにも張りが出るような気がします。
ほんっと、手がかかるんだ…(^^;
[2009/11/01 22:43] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--すてきなお話☆--
はじめまして!ひよこです。
絵本が大好きです!!
フェリシモからは素敵なお話が
いろいろ出されているんですね!!
いいお話をおしえていただきました!!
ありがとうございますv-238
寒い季節の楽しみがふえました。
[2009/11/02 09:09] URL | ひよこ #- [ 編集 ]
--ひよこさんへ--
はじめまして。
コメントありがとうございます^^
ネットで古本屋さんをしていらっしゃるのですね!
60~70年代の絵本や児童書が特に好きで、ネット古書店さんにはよくお世話になってます^^

>フェリシモからは素敵なお話が
いろいろ出されているんですね!!

そうなんですよ~
フェリシモさんが、長らく絶版だった名作をたくさん復刊させてくれました^^
でも、せっかく復刊しても、数年でまた品切れ・重版未定になってしまって…。
それでも、復刊する前に比べると古本がお手頃価格で出回るようになるので、ずいぶん入手しやすくなります。

「マツの木の王子」も素敵ですが、私はフェリシモから復刊した本の中では「ムッドレのくびかざり」がいちばんお気に入りです。
海魔女がね、どことなく「千と千尋の神隠し」の魔女(お姉さんのほう)を連想させるんですよ~^^
[2009/11/02 17:10] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--読んでいるだけで--
ジーンとくるエエ話じゃの~~

北海道なら白樺の林に松がポツンだろうに
なんぞと思ってしまっただ

演劇部に在籍していたころ、メリーゴーランドの回転木馬が必要になり
もう、使えなくなった木馬を無料で貸して頂いたのだ
白いペンキの剥げた木馬を、部員一同で青く塗り
スポットライトを浴びた木馬は、それは綺麗だった
その芝居は見事全国大会まで出場し、半年以上も我等と共に居たんだが
役目が終わり返却する時に、木馬がどうなるか聞いたら
焼却処分になると言われ、悲しかった思い出が蘇っただ
あの木馬は、誰かを温めることが出来ただろうか
童話って色々なことを思い起こさせてくれるの~
[2009/11/04 12:13] URL | 満天 #- [ 編集 ]
--満天さんへ--
>北海道なら白樺の林に松がポツン

そうでしょうね~^^
白樺って、とても綺麗な木ですよね。
このお話の松の木たちも、自分たちがいちばん高貴な木だと信じて疑わないものの、白樺の美しさに嫉妬してたみたいなんですよね。

満天さんたちの木馬は、きっとそれまでにもたくさんの子どもたちを楽しませてきただろうし、舞台の上では綺麗だと注目を浴びて、焼却されると聞けば悲しんでもらえて、じゅうぶん幸せだったと思います。
きっと、たくさんの人の心をあたためてきたに違いない^^
私は、子どもの頃にメリーゴーランドに乗りたいと言っても乗せてもらえなくてね~(^^;
今まで一度も乗ったことなくて、それが未だに心残りですもん。

私も、高校の頃ちょっとだけ演劇部にいて、新人発表会ですんごいシュールなお芝居をしました。
お陰さまでウケはよかったけど、私は紅天女にはなれない…と確信しましたわ(^^;
満天さんたちのお芝居、観たかったな~
[2009/11/04 14:41] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
----
asagiさん
ブログみてくださったんですねv-20
ありがとうございます。
そうなんです、絵本の古本やさんやってるんです。
思うようにお店も整えられないのですが
絵本大好きなので楽しんでやっています。
『ムレッドくびかざり』読んでみたいですv-238
探してみます♪!!ありがとうございます☆
[2009/11/09 09:43] URL | ひよこ #- [ 編集 ]
--ひよこさんへ--
またまたこちらにまで、ありがとうございます~^^

古本屋さんのサイトって大好きなんです!
書影を眺めてるだけでわくわくしちゃって^^
またおじゃまさせていただきますね。

「ムッドレのくびかざり」どこかで見かけられましたらぜひ!
[2009/11/09 16:37] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/171-549a248f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。