スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
吟遊詩人トーマス
吟遊詩人トーマス (ハヤカワ文庫FT)

数年越しの積読本「吟遊詩人トーマス」、やっと読了しました。


普段の私ならまず手に取らない類の本なのですが、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「九年目の魔法」が好きで、そのベースとなっているのが「吟遊詩人トーマス」と「妖精の騎士タム・リン」のバラッドだというので興味を持ったのです。
タム・リンはともかく、エルシルダウンの詩人トーマスは13世紀に実在した人物で、詩人としてより予言者として名高かったそうです。
これは、そのトーマスの伝承を小説にしたもの。


妖精の女王に愛された美貌の吟遊詩人トーマスは、エルフランドで七年間女王に仕えた後、人間界に戻ってきます。


その七年の間、女王がトーマスに約束させたことは、エルフランドの食べものを口にしないことと、女王以外の者とは話さないこと。
トーマスがほかのエルフたちの前で声を出せるのは、吟遊詩人として歌う時だけです。
(※前者は、エルフランドの食べものを食べると二度と人間界に戻ることができなくなるからです。なので、トーマスにはいつも人間界で作られた食べものが用意されていました。さて、後者は…?)



トーマスの七年間の奉仕と沈黙に対して、女王から与えられた褒美は「嘘をつけぬ舌」


なんの罰ゲームだよ!?…と思いますね。普通は。


「九年目の魔法」でも、ヒロインがそれを聞いて「そんなのちっともご褒美じゃないじゃない!」と言っていたような。


どうして「嘘をつけぬ舌」が褒美になるのか?
真実しか口にできなくなった吟遊詩人がその後どうなったのか?

その辺りに興味があったので、トーマスがエルフランドで過ごした日々よりも帰ってきてからのほうが面白かったです。


一連の出来事が、ゲイヴィン、トーマス、メグ、エルスペス それぞれの視点で語られます。
ゲイヴィンとメグは、流れ者のトーマスが立ち寄るたびに息子のように迎えてくれた、気の好い羊飼いの夫婦。
エルスペスは、トーマスがエルフランドから帰った後、彼の妻となった女性。


初めて出会った時からトーマスが姿を消すまでをゲイヴィンが、
エルフランドでの日々をトーマスが、
トーマスが帰ってきてから結婚するまでをメグが、
結婚してからその21年後までをエルスペスが語ります。


エルフランドから7年ぶりに帰還したトーマスが、出迎えたメグに発した第一声「なんてきれいなんだ」のところでコケそうになりました。
…嘘はつけないんじゃなかったっけ?

メグはトーマスの母親ほどの年齢で、この時はちょうどパンをこねていて、顔にはベーキングパウダーがついていたんですよ。
一般的に見ると美人ではないはずですが、トーマスにとっては7年ぶりに見る人間の女性、しかも母親のように慕う働き者のメグが、ただただ懐かしく、ほんとうに心からそう思ったのでしょう。

つまりは、トーマスが本心からそう思って発した言葉なら「嘘」ではないわけです。
ちょっとホッとしますね。



「嘘をつけぬ舌」の真の意味は、間もなくわかりました。

トーマスは、どんな質問にも必ず正しい答えを返せるのです。

例えば、王様に「敵国がいつ、どこから攻めてくるのか?」と尋ねられれば迷いなく答え、必ずその通りになります。

お陰でトーマスは、吟遊詩人としてだけでなく、予言者として王侯貴族に重用されるようになりました。


人は好いものの少々軽薄だったトーマスは、「嘘をつけぬ舌」のせいで、思慮深く、言動には慎重にならざるを得なくなり、そうなると夫婦のなんでもない日常会話でさえ常に緊張を孕むことに。
妻のエルスペスは、うっかり余計なことを聞いて、トーマスも自分も知りたくないことを知ってしまわないように気遣わなければならず、油断しているとどんな質問にも答えてしまうトーマスもまた然り。

日常会話がこんなにスリリングだと疲れますよねぇ…。
私だったらきっと、何にも喋れなくなってしまう。


エルスペスは賢いひとで、子どもたちの未来についてトーマスに尋ねることは、決してありませんでした。



この結末、清水玲子さんの漫画「輝夜姫」のラストシーンを思い出します。
でも、「輝夜姫」で最後にひとり残された彼に比べ、エルスペスがそんなに不幸に見えないのはなぜだろう?



エレン・カシュナーの原文は、英語の書き方の授業の教科書にしたいくらい、洗練されていて美しいそうです。
「ピュアでつめたく澄みきっていて、一言一句をのみほしたいほど」と、オースン・スコット・カードが評したと訳者あとがきにありますが、井辻朱美さんの訳文もまた綺麗です。


1991年度世界幻想文学大賞受賞作。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:ファンタジー・ホラー - ジャンル:本・雑誌

[2009/11/27 15:50] エレン・カシュナー | トラックバック(0) | コメント(10) | @
<<暇を出す | ホーム | 太陽の夫人Vol.2 錬金術師の館>>
コメント
--なんだろう~--
記事を読んでいて心がホワンとなる話だの~
いったい最後はどうなるんだろう???
私もウソを付けない舌って聞いた時は
完全に罰ゲームだと思ったよん(笑)

「輝夜姫」面白かったですか?
今度読んでみようと思ってるんです~
[2009/11/27 16:44] URL | 満天 #- [ 編集 ]
----
こんにちは☆

いいブログですね!!

ついついコメントしちゃいました♪

また遊びにきますね(*`・_っ・´)ノ

よかったら私のブログにも遊びに来てください★
[2009/11/27 17:06] URL | 808 #- [ 編集 ]
----
今晩はー
リンクさせていただきました
もしよろしかったら相互リンクおねがいします
ご検討のほどよろしくお願いいたします

ブック人気ランキング娯楽部
http://269g.2-d.jp/18book/
[2009/11/27 19:29] URL | ブック人気ランキング娯楽部 #- [ 編集 ]
--満天さんへ--
こんにちは♪

「嘘をつけぬ舌」でつい想像してしまうようなヒドイことにはならなくて、ホッとしました^^
でもやっぱり、知っても変えることができない他人の不幸な未来が見えてしまうのは、辛いことですよね…

「輝夜姫」は、第1巻を読んで想像したのとはまるきり違う方向に話が進んでいくので、ビビりました。
結末が気になるので新刊が出る度についつい買っちゃって、最後まで読みましたが、科学的な信憑性とか、話の辻褄とか、「あのエピソードには何の意味があったの?」とかツッコミ入れ始めるとキリがないので、な~んも考えずに読みましょう^^
それなりに面白いです。

清水玲子さんの漫画は、昔の短編のほうが好きです。
「メタルと花嫁」とか「もうひとつの神話」とか。
あと、「竜の眠る星」の女王様には最後の最後に泣かされました…

絵は、今のほうが洗練されてて美しいに違いないんですけどね~
[2009/11/28 16:30] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--808さんへ--
はじめまして。
コメントありがとうございました!
そちらへおじゃましようと思ったのですが、URLが違うみたいで…(^^;
またの機会におじゃまさせていただきますね^^
[2009/11/28 16:37] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--はじめまして~♪--
お友達のさくらさんのブログから遊びにきました。
いつもお名前だけはよく拝見していました~(*^^*)

わたしもファンタジー大好きです。
エレン・カシュナーの「剣の輪舞」が気になっていたんですが、こちらの「吟遊詩人トーマス」のほうが面白そうかも☆
井辻さんの訳は、とても綺麗ですよね。ナンシー・スプリンガーの「アイルの書」とか、メリングの「妖精王の月」とか…翻訳本を感じさせずにサラリと頭に入り込んでくるので大好きです~^^

あっ!それと、過去の記事を拝見して、今積読になっている佐藤亜紀さんの「天使」、asagiさんのレビューを読んで俄然読みたくなってきました。
「バルタザールの遍歴」はとてもデビュー作とは思えない作品でしたよね(><)

asagiさんの読まれている作品、自分好みのものがたくさんあったので、また遊びに伺いたいと思います~☆
[2009/11/28 18:38] URL | nanaco☆ #- [ 編集 ]
--nanaco☆さんへ--
はじめまして♪
さくらさんと仲良しのnanaco☆さんですね!
私も、さくらさんのところでよくお名前を拝見してました。
おいでいただけて嬉しいです^^
ありがとうございます~

「妖精王の月」ってタイトルしか知りませんでしたが、あの本も井辻朱美さんの訳でしたか!
言葉の選び方が綺麗でいいなぁと思うので、そのうち他の訳本も読んでみたいと思います。

「天使」は、「バルタザールの遍歴」に比べると読みにくいですが、好きなんです。
私、マゾかもしれない(笑)
あの、読者おいてきぼりどころか突き放すような文章、慣れてくるとハマります。

好みの本がかぶっているのは嬉しいです~^^
私も後ほどおじゃまさせていただきますね。
[2009/11/28 19:11] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--タイトルで一度は手にとる本--
こんばんは。
『吟遊詩人・・』このタイトルで、私なら手にとり、あらすじを一読して買う可能性もありですね。

ただ内容は私の想像どおりではないような気もしていますが・・訳が素晴らしいとのこと、数ページ眺めて検討してみましょう。

積読も将来への宝物、私は山ほどです。

「お友だち欄」の更新情報、楽しみにしております。
[2009/11/28 22:28] URL | wachoo #- [ 編集 ]
--wachooさんへ--
こんにちは。
コメントありがとうございます!

「吟遊詩人」って、字面も言葉の響きも英語の「rhymer」より趣があって、そそられますよね^^

>積読も将来への宝物

ほんとにそうですよね~

私の積読本が増えたのは、ひとえに古本のせいです(^^;
古本でしか入手できない絶版の稀少本をお手頃価格で見つけた時、次はいつ出会えるかわからないという強迫観念から即買いする癖があって…。

最近の本で読みたいものもたくさんあるのですが、まずは積読の山を崩さないと~

私も、wachooさんの更新情報楽しみにしています^^
[2009/11/29 12:15] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--ブック人気ランキング娯楽部様--
はじめまして。
ご訪問ありがとうございました。
お返事がたいへん遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。

相互リンクの件なのですが、申し訳ありませんがご希望に添えません。
今のところ、相互リンクはブロともさんのサイトのみですので、どうぞご了承くださいませ。
[2009/11/30 17:42] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/177-c03c58e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。