スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
海街diary3 陽のあたる坂道
海街diary / 3 / 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)海街diary / 3 / 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)
(2010/02/10)
吉田 秋生

商品詳細を見る


父が亡くなり、すずが鎌倉で香田家の三人の異母姉たちと暮らし始めて一年。
父の一周忌法要のために山形に向かった四姉妹だが、そこで意外な事実を知らされる。
すずの継母だった陽子には結婚を前提に付き合っている人がいて、もう既に一緒に暮らしているのだという。
そういう事情だから施主は出来ないと陽子の叔父夫婦に謝られ、あっさり施主を引き受ける幸。
一方、すずは、父が死んで一年も経たないうちに他の男と暮らし始めた陽子にも、それを怒らない幸にも怒りが収まらない。


「どうして怒ってくんなかったの!?
陽子さんひどいって!
なんで言ってくんないの!?」




父を看取った、まだ中学生のすずと、父のいない時間のほうが長い姉たちとでは、当然ながら反応に温度差がある。
まあ、陽子本人がいないところで、叔父夫婦にどうこう言っても仕方ないわけだから、まっとうな大人は幸みたいな対応をするんだろうなぁ。
でも、すずにそれを求めるのは酷だと思う。
それでなくても、父の入院中からお葬式まで、陽子に言ってやりたいことが山ほどあっただろうから、トドメとばかりのこの出来事にブチ切れても無理はない。


陽子さんみたいな人、現実にもいるよね…。
そういう人になりたいとは間違っても思わないけど、なんのしがらみもなくって生きるのラクそうでいいよね~と時々思う。
大人になると、いくら面倒でも避けて通れないことは必ずある。
だけど、そういう面倒事は他人に押し付けてシレッとしてるし、子どもよりも自分の幸せや男が優先。
ほんと、ラクそうだわ~(笑)


すずもそう思っていただろうけれど、姉の千佳や義理の弟だった和樹の言葉にハッとして、自分を客観的に振り返るあたり、この子、私と違ってまっすぐだ(笑)


「嫌い」は「好き」よりずっと早く伝わってしまうのかもしれない



ああ、きっとそうだね。

昔、母に言われたことを思い出す。

「あなたが嫌いだと思ったら、その人もきっとあなたのことを嫌ってる」

だからむやみに人を嫌うものじゃない。その人の良いところを見つけなさいと言いたかったのだろうけれど、これがなかなか難しい。
その人を理解しようと努力するより、ただ嫌うほうがずっと楽なのだ。
見ようとしないから、良いところが見えない。
自分の見たいものだけ見ていたほうが楽だから、いつまで経っても見えない。




すずが所属するサッカーチームのエースで、病気で右足の膝から下が義足になった裕也。
リハビリの甲斐あって、またプレーできるようになった裕也だが、やはり以前と同じようにはいかない。
すずを含め、チームメイトのほとんどがそのことにショックを受ける中、風太だけは「やっぱあいつスゴイよ」と言う。
早々に右足に見切りをつけて、左足だけでプレーしていたのだと。

それを聞いたすずは、「みんな裕也のダメなとこばっか目がいってた」と、まさに目からウロコ。
そのことに気付いた風太を「すごい」と絶賛する。


これは、嬉しい。
裕也がまだ諦めていないってわかったことも、風太がそういうところをちゃんと見てる子だったってことも。



幸の職場の後輩、ダメナースだと思っていたアライさんの意外な一面を見た幸もまた、今まで見えなかったものが見えてくる。
いろいろと抜けたところのあるアライさんが、患者の安全に関わるようなミスは決してしないということ。



ひとつの出来事がきっかけで、その人を見る目が変わることって、たまにある。
「ああ、こういう人なんだ」と思ってあらためてよく見ると、次々と新発見があって、すずが言う、真昼の月を見た時みたいに、なんだか得した気分になる。



「情緒豊かな」っていうのは、きっとこういう作品を言うんだなぁ…。
鎌倉の古い美しい町並みも、移ろう季節も、読む度に肌で感じられるような気がする。
そんな中、香田家の姉妹を中心に、そこで暮らす人々の人間模様がきめ細やかに描かれる。


「BANANA FISH」や「夜叉」みたいなハードボイルドが十八番かと思えば、こんな味わい深い家族ドラマまで…!
印象が違いすぎて驚くものの、やっぱり根っこは同じなんだと納得もする。


大好きだったけど、毎回綱渡りの気分で、読んでて非常に心臓に悪かった「BANANA FISH」と違い、「海街」はコーヒー片手にのんびり落ち着いて読めるのが嬉しい。

この巻では予感だけだった幸とすずの(佳乃も?)新しい恋の行方は、また一年後のお楽しみ。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

[2010/02/24 12:20] 吉田秋生 | トラックバック(1) | コメント(4) | @
<<飾る | ホーム | 悪魔の花嫁 最終章2>>
コメント
--これはホントいい漫画ですよね♪--
こんにちは。
一年ぶりに会う親戚というか、お友達の進退を聞くようで、
ゆっくりじっくり味わえる漫画ですよね。

asagiさんのお母様もいいこといいますね。
嫌われてるっていうのは確かめなくてもわかるときってありますもんね。
私もそういうオーラは隠さないし。
いかんことですね。

人には必ずいいとこと悪いとこがあるというけど、
なかなかいいところを見つけられない私としては、
風太みたいな子は尊敬しちゃいます。
そしてかわいい。
すずちゃんとうまくいってくれると嬉しいですねぇ。

暑いといいながらも、坂を行く幸。あの風景が好きです。
鎌倉、ホントいいですよねぇ。

TB、ありがとうございました。私もいただいてまいります~
[2010/02/24 16:51] URL | さくら #- [ 編集 ]
--さくらさんへ--
さくらさん、こんにちは♪
やっと、さくらさんのところにTBできました~
こちらこそ、ありがとうございます^^

>一年ぶりに会う親戚というか、お友達の進退を聞くようで、

上手いこと言いますね~!!!
ほんと、まさにそんな感じで、一年待たされるのが不思議と苦になりません。
その間に、自分の中の何かがじっくり熟成されていくような気がして。

うちの母は…
いつか振り込め詐欺にひっかかるんじゃないかと、弟とふたりハラハラしております(^^;

一旦嫌いだと思ったら、良いところを見つけるのは難しいですよね。
でも、なんとなく苦手…くらいなら、何かのきっかけで見方がガラッと変わることもあります。
そういうことがあると嬉しいですね~

風太くん、ほんと可愛いです^^
美樹ちゃんの弟だから、数年後にはもっとカッコよくなるはず!

>暑いといいながらも、坂を行く幸。

私も好きです!あのシーン!
年の離れたキレイなお姉さんとお買いものって、ずっと憧れでした。
弟しかいないから、姉妹ってどんな感じかな~って思うんですよ。
あの「切り通し」って呼ばれてる坂の風景、いいですよねぇ^^
[2010/02/25 14:21] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--これからです~(笑)--
本屋に寄りたいんだが…なかなか寄れなくって…そうこうしているうちに
なくならないか不安どす~(笑)

陽子さんのような方、結構な数、知ってます(笑)
私なんぞから見ればお気楽に見えるんですがの
彼女達の心の容量がカレー皿程度に浅いもんで
それなりにアップアップらしいです(ハハハハ)
誰かに頼らないと生きていけない人って沢山居ますだ~
それを責められるほど、私も若くない(笑)
すずちゃん、エエな~。そんな時代もあったよな
とか、オバさんっぽく思ってしまうだ~(笑)

私もasagiどんの母上さまと同じような言葉を
バー様に言われたことがありますだ~
天邪鬼な私は「誰にでも好かれようとする女なんぞ最低ぞ」とか言っちゃいましたがの(ハハハハ)
この歳になっても未だに嫌いな人は嫌いですだ~(ガハハハハ)
でも、観察するのが大好きな私は、その人の全部を嫌いにはなれないですだ
そこが難点で…(笑)
スパっと嫌い・好きで割り切った方がasagiどんの言うように楽なんどすけどの~
[2010/02/25 17:34] URL | 満天 #- [ 編集 ]
--満天さんへ--
満天さんの観察眼は、優しいな~と思います^^
ちょっとした皮肉もユーモアで包んでしまうので、記事を拝見するといつも清清しく笑える^^

>それを責められるほど、私も若くない(笑)

私も~
「これぐらいのことで…」って私が思っても、その人にとっては「これぐらいのこと」じゃないんだろうなって、解っちゃいるのよ(笑)

でも、もし私が幸で、あの場面に陽子さん本人がいたら、笑顔で皮肉のひとつも言っちゃうと思います。
私の容量もスープ皿並に浅い(笑)

>そこが難点で…

いやいや。そこは紛れもなく美点ですわ^^

こんなとこでなんですが、この前の映画のお話、参考になりました~
そういう事情があったのか!と、納得。
どうもありがとうございました!
[2010/02/26 15:17] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/191-c96f9230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
海街diary3 陽のあたる坂道/吉田秋生
末の妹となったすずが、鎌倉にやってきて一年。父の一周忌で4姉妹で山形に向かうと、なんと陽子は結婚を前提につきあっている男がいて、とても顔を出せないから施主はできないと聞かされる。幸は大人の対応で引き受けるが、すずは不満を爆発させる。 また、幸が不倫関係...
[2010/02/24 16:52] ◆小耳書房◆
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。