スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
さよなら わたしのおにいちゃん
さよならわたしのおにいちゃん (1982年) (あかね世界の児童文学)


先日記事にした「ふたりのひみつ」の続編。
以前の記事はこちらから→「ふたりのひみつ」


インゲの双子の姉エリカが死んで六週間。
今でも悲しいには違いないけれど、「わたしにのこされたのは、あなただけ」と、ことあるごとにインゲをひしっと抱き締めるお母さんに、インゲがそろそろ辟易し始めた頃。


お母さんには悲しみを分かち合える大人たちが周りに何人もいるのに、私にはひとりもいない!とインゲが不満に思っていた矢先、空き家だったお隣に引っ越してきたのが、美術学校に通う二十歳の青年ディーターでした。


インゲの初恋と、美しい母親への嫉妬(!)


この作者は、つくづく、子どもの目線で物事を書くのが上手い人だなぁと思います。

そうそう、女の子っていうのは、ほんのちいさいうちから「女」でした。


初めて出会った時、ディーターの気を惹くために「わたしのおねえさん、死んじゃったの。」と言ってみたら、ほんとうに自分がかわいそうに思えてきて涙ぐんだりとか。

ダシに使われたエリカには気の毒だけど、効果は覿面。


「いいことがある。きょうから、きみには、にいさんができたんだ。
どう思う、インゲ?いもうとのインゲ?」



優しいディーターはすぐにそう言ってくれましたし、実際その後は度々、インゲの喜びそうな贈りものや手紙を、インゲのひみつの場所に置いていってくれるのです。

わざとなのか天然なのか、それとも欧米の男性はこれが普通なのか、ディーターは女の子の虚栄心を満たすのが上手くて、インゲでなくても夢中になりそうな好青年。

もしもエリカが生きていたら、マグダなんかそっちのけで、ふたりしてディーターを取り合ったに違いない(笑)


初めて会った時には、髪にヒナギクの花を挿したインゲを「おひめさま」と呼び、一緒に散歩に行けばインゲの渡れない小川はインゲを抱き上げて向こう岸まで飛んでくれるし、お茶の時間には手品を見せてくれる。

「ほかにももっと、手品を知っているの?」

「はちきれるくらいいっぱいね。いくらでも知っている。
ぜんぶ、きみに見せるためのものだよ。」



そりゃあ好きになるよねぇ…

なのにディーターは、どうやらお母さんのことが好きらしい。



今まで「母親」という生きものだと思っていたお母さんが、「女」だということを本能的に察知した途端、嫌悪感が湧き上がり、反発を覚えて、時には意地悪してしまうというのは、同性として理解できるものの、このお話のインゲにはなぜかイラッとします。

お母さんよりも、わずか9歳のインゲのほうに、「女」の、ドロドロとした嫌な部分が見えてしまって。


恋敵としては、もしエリカが生きていたとしても、 同い年で同じ顔のエリカより、知識も教養もある美人のお母さんのほうが余程手強かったと思われます。
ディーターとお母さんが英語で詩について話し始めたりすると(このお話の舞台はドイツ)、インゲにはもう手も足も出ません。(もちろんお母さんには、インゲと張り合ってるつもりなんてこれっぽっちもないのですが…)



仕事が忙しいお父さんに代わって、ディーターが夏の旅行に付き添ってくれることになり、大喜びだったインゲですが、とんでもない失敗をしてしまい悲しい結果に。


「こんなにディーターのことを愛しているのに、ディーターにとっては、わたしよりおかあさんのほうが、大切なのよ。」


9歳の女の子の台詞とは思えないけれど、言ってる本人は大真面目ですから。


どっちも大切だと思うけど、おそらく「大切」の種類が違う。
それはお母さんにとっても同じこと。


「わたしにとっては、あなたがいちばん大切なの。」


いつか、おとなになった時、この言葉がほんとうだとインゲにも解るはず。

…とりあえず、私は、子どもより大切なものは思いつきません。



「ふたりのひみつ」と同様、この本の挿絵も作者自身の手によるものです。
絶版ですが、「ふたりのひみつ」ほど稀少でもないのか、古書検索サイトなどでは時々お手頃価格で見かけます。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2010/06/11 18:13] イルズ・マーグレット・ボーゲル | トラックバック(0) | コメント(2) | @
<<煩悩のカタチ | ホーム | ECCENTRICS>>
コメント
--好青年☆--
こんばんは~
いやぁ、女の子が勘違いするような親切や、甘い台詞を撒き散らす男は罪人ですね~
ホスト様の笑顔が過りました(笑)

9才でももう乙女心は人並みなんでしょうなぁ。
しかし、恋のライバルが母親じゃツラいわね。

ま、親子だからいつか通じあえるだろうけどね。

「ハガネの女」て学園ドラマにハマってるんだけど、
「そんな小学生いないよ」と思いつつ、
やたら一人立ちしてる子が多くてコワ面白いです。
私、荒んでるわぁ(-.-;)
[2010/06/12 18:45] URL | さくら #- [ 編集 ]
--さくらさんへ--
さくらさん、こんにちは♪

>ホスト様

そういう台詞や態度って、文化の違いか日本人の男がやると99%は鳥肌ものじゃないですか。
自然に出来てサマになるってことは、欧米での生活が長かったのかしらね~
一度、物陰からこっそり観察してみたいですわ^^

もう何年もまともにドラマを観てないので、「ハガネ」とか聞くと今真っ先に金髪に赤いコートのお子さまを連想します。もう病です(^^;

むか~し、「うちの子にかぎって」っていう学園ものがあったけど、あれに出てくる小学生もそんな感じだったわ~
一人立ちはしてないけど、ものの見方や考え方がスレてるっていうか。
まんま小学生だと面白いドラマにならないからかな~
ドラマだから面白いんで、現実の子どもがアレだとゲンコツのひとつもお見舞いしたくなるよね^^
[2010/06/13 16:54] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/208-53ad43b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。