スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
いたいけな瞳 4
いたいけな瞳 4 (ぶーけコミックスワイド版)いたいけな瞳 4 (ぶーけコミックスワイド版)
(1992/07)
吉野 朔実

商品詳細を見る


・第13話 「月の桂」

君には俗欲のカケラも無かったが
俺は君が欲しかった

君は俺の事などどうでもいいと思っていたが
俺は君になりたかった

君になって
俺の事などどうでもいいと思いたかった




初っ端から心臓に突き刺さるようなこのフレーズ。

シリーズ全31話中、(私にとって)最も印象に残る話だった。



仲原一。大学生で小説家。
高校生の時にデビューして、その後2作目を発表したものの、鳴かず飛ばずで3年が経つ。

「君」とは、友人の清滝を指す。


ある出来事がきっかけで、大学も東京での生活も捨て、山奥の一軒家で隠遁生活を始めると言う清滝を送って、仲原もまたそこへやって来た。

広いばかりの、廃屋同然のその屋敷は、清滝が子どもの頃を過ごした家で、周囲にほかの家はなく電気さえ通っていない。

彼が初めて書いた小説「秘黙の里」は紛うことなき傑作だったが、小説家になるつもりはないと言う。

もともと人に見せるつもりのなかったそれを仲原に見せたことを「魔がさしたんだよ」と清滝は言ったが、まさにそうとしか思えない。



清滝を殺して埋めた後、彼の未発表の傑作を自分の名前で発表するというだけなら。ただ才能を嫉んでの犯行だったなら、ありきたりな話かもしれない。

違うのは、仲原が欲しかったのは清滝の「才能」だけではなかったということ。
傑作を自分のものにすることは付録に過ぎず、嫉みや憎しみで殺したわけでもなかった。

しかし、嫉妬も羨望も超えて 何よりも誰よりも執着した人を殺してしまったら、いったいその後に何が残るのだろう。


幸か不幸か、私は その人になり代わりたいと思うほど誰かに焦がれたことはないが、冒頭のフレーズにはドキッとする。
それは、もしかするとすぐ隣に在って、誰もが陥るかもしれない狂気だからか。


清滝が健在であれば、決して人の目に触れることなく埋もれてしまったであろう傑作は、皮肉にも彼が殺されたことによって日の目を見る。
「読んだ人が宝物にしたくなるような」と評され、生き続けることになる。
それほどに美しい小説だった。



こんな 夜だったな 仲原



まるで、漱石の「夢十夜」 第三夜を思わせるラストシーン。


タイトルの「月の桂」は、中国の言い伝えに由来する。
日本ではうさぎが餅つきをしている様子にたとえられる月の模様が、中国では桂の木を切る男の姿とも言われるらしい。
その桂の木は、切っても切っても傷がすぐに塞がってしまうので、男は永遠に木を切り続ける。



・第14話 「JUNGLE FLOWER」

台詞がひとつもない、絵本のような漫画。全20ページ。

南国版「おやゆび姫」といった印象で、花から生まれた女の子が、犬に追いかけられたり魚に食べられそうになったりしているうちに「王子さま」に出会う。

「王子さま」といっても、女の子に出会うまではたったひとりで暮らしていて、家来がいるわけでもない。
でも、頭に冠を載せているから「王子さま」

ヤシの実を割って作ったらしい、樹上のゆりかごのような素敵な家に住んでいる。

植物や ふたりの身につけているものなどが、タヒチとかバリとか、なんか南の島っぽい。


「月の桂」が重すぎる話だったので、単行本にする時に この話をすぐ後ろに持ってきたのだろうか。

絵柄も内容も、ほのぼの。



・第15話 「恐怖のおともだち」

「ECCENTRICS」のキャラクターがここにも~!!!

「ECCENTRICS」第2巻、鹿島先生のオフィスにたった2コマ登場しただけの名も無き人。
にも関わらず、ユニークな髪型と左目の眼帯が印象深かった彼女は家政婦で、名を白玉(しらたま)さんという。


このお話では、「春野あかり」という 女の子みたいに可愛い名前の男の子の家で、臨時家政婦をしている。
あかりくんは、小学3年生くらいだろうか?
お父さんが単身赴任中でお母さんは入院中。


なんだか いつも生傷の絶えない女

お父さんも嫌がるゴキブリを瞬きひとつせず一撃で叩き殺す

怖いもの知らずの独眼竜



あかりくんから見た白玉さんは、そんな印象らしい。

あかりくんには、怖いものがいっぱいある。
裏を返せばそれは、人一倍感受性が鋭くて想像力も豊かだということなんだけど。
まだちいさいので、本人はそんなことに気付かない。
そのうち怖すぎて死ぬんじゃないかとまで思っている(笑)


あかりくんに対する白玉さんの接し方がいいなぁと思う。
子ども扱いせず、怖がりを笑うこともなく、恐怖の正体やその対処法をわかりやすく教えた上で「私はものすごく怖がりなんです」と白状してみせる。


あかりくんを恐喝していた6年生3人、白玉さんが撃退してくれるのでは…という予想に反して、あかりくんが自分で何とかしてしまったのがすごい。
いきなりボクサー並みに強くなったとか、そんな不自然な勝ち方ではなく、殴られたり蹴られたりでボロボロだったけど、あれならもう手出しは出来まい。
怖いものがいっぱい見えるということは、怖がらせる方法にも長けているということ。


怖がりだけど、弱虫じゃない。
結局、誰にも話さず自分ひとりで解決しちゃったもんねぇ…

ただし、現実の出来事なら、ああいう奴らは警察に補導してもらうことを勧める。
小学生っていってもやってることは明らかに恐喝なんだから。


…それにしても白玉さん、謎の人だった。眼帯の下はどうなってるんだろうな。
「ECCENTRICS」では掃除機の修理までしちゃってるし、何でも器用にこなしそうなのに生傷が絶えないのは、片目のせいで遠近感が掴めないせいだと思うけど。

ぜひとも白玉さんが主役のお話を読んでみたい。




・第16話 「淡水魚」

青いてのひら
私を 眠らせて
私の恋を 眠らせて



原田蓉子。間もなく25歳の誕生日を迎える。
海のそばの、エアコンも電話もFAXもテレビもラジオも時計もない家で、愛人を待つ日々。

ある日、彼女の家にやって来たのは、愛人 社 荘介(やしろ そうすけ)の弟 薫。
蓉子は、荘介に弟がいることさえ知らなかった。

「兄貴とケンカして 謝れなくって…」と彼は言うが、蓉子に会いに来た本当の理由は、ほかにあるらしい。


なにか 変だ…
あの真面目な男が 
こんな不便な家に 女を囲っているなんて

こんなのは嘘だ

そんな兄貴 俺は知らない
こんな女 俺は知らない



…蓉子は、なんだか、水だけで生きているイメージ。
実は人魚だったとか、魚の化身か何か?と思うくらい、人間臭さがない。
なのに誰かの囲われ者だなんて、不自然すぎる。似合わない。


自分では どうすることもできないわ
あの人に 会った時から
私は待つことしかできなくなったの



そんな恋も あるのかもしれない。

薫が告げた言葉で解き放たれた彼女は、眠りを取り戻せただろうか?

確かに生身の女性だと思えるシーンがあるにも関わらず、やっぱり人ならぬモノだったのでは…と思ってしまうラスト。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

[2010/07/17 01:05] 吉野朔実 | トラックバック(0) | コメント(4) | @
<<木槿 | ホーム | いたいけな瞳 3>>
コメント
--はじめまして よろしくお願いします--
絵本好きで、ここにたどり着きました!
絵本ブログ、ちょこちょこ訪ねるのも楽しみになっています♪
色々、拝見させて頂こうと思います!
とりあえず、足跡を~♪
アナログな私なので、足跡っていう言葉、やっとこさ覚えました・・・
そして、ここでも、たくさんの絵本に囲まれて、しあわせな気持ちになります♪
ありがとうございました!
[2010/07/19 17:04] URL | tomo #l.rsoaag [ 編集 ]
--tomoさんへ--
はじめまして。
コメントどうもありがとうございました!

最近は漫画の感想ばっかりですが、そのうちまたお気に入りの絵本の記事も書きたいな~と思ってます^^

絵本作家も絵本のお店も、私の憧れです^^ いいなぁ…
夢が一日も早く叶いますように!
お身体に気をつけて、がんばってくださいね。
[2010/07/20 17:40] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--ありがとうございます!--
できたばかりの、しかも、まだまだ中途半端なhpにご訪問して下さったようで、本当に本当にありがとうございました!!

まだ何も出来ていないのにっっすみませんっっ

始めたばかりというのもありまして、自分の体調と相談しつつ、イチからブログの勉強からですね。。

本当にボチボチとなりそうですが。。

そして、ありがたすぎて、でも何もできなくて。。挨拶だけはと。。

asagiさんも、ムリなく自分のペースで続けてくださいね!



そして、ご訪問して下さいました皆様に!と、
それぞれのhpに伺わせてもらっているのですが、
お返事がままならずな中途半端になってしまうのが申し訳なく、
このたび、誠に勝手ながら、お返事巡りは、断念させて頂くことにしました。。
すみませんっっ
私事で申し訳ないのですが、治療や夢にも、ボチボチとマイペースにやってゆこうと。
本当に、すみませんっっ
ご訪問頂いたことは、本当に本当にうれしくてうれしくてしょうがなかったです。
皆様にお返事を~!と安易な初心者さんでした・・・
すみませんっっ
でも、気まぐれ屋さんですので、ぬぼぉ~と現れましたら、
コメントさせて下さいね!
そして、asagiさんも、体を大事にムリはしないでくださいね。

では!本当に、ありがとうございましたとすみませんっっ

[2010/07/22 20:36] URL | tomo #l.rsoaag [ 編集 ]
--tomoさんへ--
こんにちは。

わざわざありがとうございますm(__)m

梅雨が明けたと思ったらいきなり連日の猛暑で、しんどいですね~(^^;

外でお仕事をされている方々には もうほんと、頭が上がりません…

家の中でも熱中症になってしまう暑さですので、くれぐれもご自愛くださいね。

ブログ始めたのがいつだったか覚えてないくらいのまったりペースが長く続けるコツかもしれませんよ~^^

私は今年もブログの誕生日を忘れてて、ハッと気付けばもう過ぎてました(笑)
[2010/07/23 15:20] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/214-881da4fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。