スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
ゴールディーのお人形
ゴールディーのお人形ゴールディーのお人形
(2003/10)
M.B. ゴフスタイン

商品詳細を見る


ゴールディー・ローゼンツヴァイクは両親が亡くなってから、その家にたったひとりで住んでいました。
そしてお父さんのしていたように、小さな木の人形を彫り、お母さんのしていたように、そのお人形に絵の具で、きれいな洋服とかわいらしい顔を描く仕事をつづけていました。




ゴールディーは、人形を作る時、四角く切られた木っ端ではなく 森で拾い集めた木の枝を使います。
それは、彼女のこだわりというよりは、信念みたいなもの。人形作りという仕事への姿勢の表れでもあります。


きれいに四角くなっている木を使うと「生きているような気がしない」のだそうです。
友だちのオームスに「生きてるって言ったって、ただの人形なんだけどなあ」と言われても、ゴールディーの姿勢は変わりません。


ゴールディーにとっても、ちいさな女の子たちにとっても、「ただの人形」ではないのです。



ゴールディーの仕事ぶりが、それはそれは丁寧に細やかに描写されています。

ひとつひとつに心をこめて、丁寧に。

ゴールディーは、やがてお人形を手にするまだ見ぬ誰かのことを思いながら、手に持った時にあたたかく心地よく感じるようにと、細部まで妥協のない仕事をするのでした。

彼女がどんなにこの仕事が好きで、誇りを持っているか、自分の作る人形たちをどんなに愛しているか。

そういうことがひしひしと伝わってくる製作過程の中でも、最後に、まるで命を吹き込むかのように人形の眼に何度も何度も笑いかけ、自分の笑顔をうつすように人形の顔を描き上げる というところがいちばん好きです。


ゴールディー・ローゼンツヴァイク人形は大人気で、いつもお店に出すとすぐに売れてしまい、作っても作っても注文に追いつかないほど。

けれど、当然ながら量産はできないので、ゴールディーの暮らしぶりは極めて質素なものです。

それでも、彼女は とても満ち足りていて幸せそうなのでした。



ある日、ゴールディーは、お気に入りのお店で、素晴らしく美しい中国製のランプに出会います。

とっても高価なもので、ゴールディーのお人形27個分ものお値段!

お人形の納品先でもあるそのお店の主人ミスター・ソロモンは、ゴールディーには特別に3分の1値引きしてくれると言いますが、それでもお人形18個分。

ゴールディーが3ヶ月かかって作り上げる数です。



「安くしてもらわないで、全額払えばよかった。
だって、これは私が生まれてから今までに見た、いちばん美しいものなんだもの。」



ミスター・ソロモンの厚意で、3ヶ月後ではなく その日のうちにランプを家に持って帰れることになったゴールディーは、帰る途中でオームスの家に立ち寄った時にそう言うのですが、オームスにはとても理解できません。

オームスが何の悪気もなく言った一言で、嬉しい気持ちはすっかりしぼんでしまい、家に帰り着いた頃にはむしろ憂鬱で、寂しくてたまらなくなっていたのですが…



余程裕福な人でない限り、少しでも安く買えれば嬉しいのはあたりまえ。
でも、「全額払えばよかった」というゴールディーの気持ち、わかるような気がします。

自分も「ものを作る」仕事をしていて、その仕事に誇りを持っている人だからこそ、ランプに描かれた緻密で美しい絵や丁寧なつくりを見て、価格に見合う価値を認めたのだと思うのです。
そして、提示された額をそのまま支払うということは、作り手への敬意の表れでもあったのでしょう。
それはそのまま、自分の仕事への誇りにも繋がります。


オームスは大工ですから、やはり「ものを作る」人なのですが、そしてゴールディーいわく「ハンサムでやさしくて」いい友達なのですが…
彼の仕事への姿勢がどうこうということではなく、単にゴールディーとは価値観が違ったんだなぁと思います。


オームスの一言で、高い買い物を後悔したゴールディーは、自分の仕事や信念にさえ自信を失くしかけたのかもしれません。


そんな彼女に、もう一度「ものを作る」ことへの自信と誇りを取り戻させた素敵な出会いとは?



…ゴールディーもまた、見知らぬ作り手にとって「やがて作品を手にするまだ見ぬ誰か」だったということ。




絵本といってもコンパクトサイズで、テキストだけのページもあって漢字もふつうに使われていて、むしろ大人のための絵本という印象です。

もの作りをしている人はもちろん、日々信念を持って働く全ての人に向けたメッセージ。
そしてまた、この絵本は その信念が揺らぎそうになった時の、心のビタミン剤。


「私はここで、会ったことのない友だちのために、小さな木の人形を作るの。」


作業台の前の椅子に腰掛けて、こちらを振り向いてそう言ったゴールディーの笑顔が素敵。



最後の作者紹介のページに、写真と共に作者のインタビュー記事の抜粋が載っています。
その、更に抜粋。


「私が本の中で表現したいと思っていることは、自分が信じるすばらしい何かを作り出すために黙々と働く人の美しさと尊さです。」


私もそういう仕事がしたいなぁ…。

ガンバレ、私!


※Amazonには在庫がないらしく、マーケットプレイスに定価より高い値段で何冊か出品されていますが、他のオンラインショップをざっと見てみたところ、まだまだ在庫のあるお店もあります。
多分、ふつうの本屋さんでも、注文すれば まだ版元から取り寄せが出来ると思いますので、早まって高いものを買わないで下さいね~。(7月31日追記)



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2010/07/30 22:39] M.B.ゴフスタイン | トラックバック(0) | コメント(6) | @
<<いたいけな瞳 5 | ホーム | 匠の技=*puco*さんからの贈りもの>>
コメント
--ありがとうございました!--
これまた、ステキな本ですね!
絵もかわいいけども、内容がまた。
私も、そうでありたいな。

そして、このたび、
皆さんにご訪問して頂いたおかげで、
絵本ランキングにて1位と、
雑誌、本ランキングにて3位が取れたようなんです。。
本当に本当に、ありがとうございます。
今月始めたばかりの初心者なので、
自分の力ではないと思っております。。
まだまだ絵本紹介も、やっとこさ出来たところですし、
相変わらずのへなちょこぶり。。
ボチボチと頑張っていきたいと思いますので、
これからも、どうぞよろしくお願い致します。
[2010/07/31 08:17] URL | tomo #l.rsoaag [ 編集 ]
--tomoさんへ--
こんばんは。

私は、ゴールディーのようなクリエイティブな仕事をしたことはないのですが(笑)、仕事への姿勢はまさしく「こうありたい」と思います^^

絵を描くことも、文章を書くことも、手芸も工作も、とにかく「ものを作る」ことが大好きだったのに、ある時期からぱったりと 憑き物が落ちたようになんにもしなくなりました(^^;

でも、またいつか、「もの作り」でなくとも、見知らぬ誰かの役に立っていると思える仕事をしたいなぁ…と。
何かにひたむきになれるって、すごく素敵なことだと思います。

ランキング1位、よかったですね~!!!
おめでとうございます^^

どうぞ無理をなさらず、がんばってくださいね^^
[2010/07/31 23:00] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--手仕事--
asagiさん、こんばんは!
子供が生まれた頃に出会ったあの本だ~♪と、思い出しました。
図書館で児童書や絵本を見ていたときに、見つけた本です。

こつこつと手仕事で作り上げる物には、えもいわれぬ魅力がありますよね。
最近地元の工芸品や九谷焼などのお店を見て歩くのがすきなのですが、本当に好みのものに出会うと作った人の魅力も感じて、素通りできなくなります。そういうものはたいていお安くないし・・・苦悩。
買う人の顔を思い浮かべながらありったけの心をこめて手仕事をする人たちの、技術やセンスや愛情のたまもの。

こういう本はなかなか子供にとっては表舞台には出ませんが、
なるべく若いうちに出会って欲しい本のひとつですね。
かつて読み聞かせに使おうと思いつつ判型が小さかったので断念したことが・・・
すでにたくさん売れているであろう「ルリユールおじさん」「ペレのあたらしいふく」などと一緒に、知り合いの子供にプレゼントしたいなあ。
素敵な本を思い出させていただいて、ありがとうございました☆
[2010/08/03 22:05] URL | みこ #nLnvUwLc [ 編集 ]
--みこさんへ--
こんにちは!

この本、私は書店で見かけたことがありません。
ネットショップでも品薄みたいですし、みこさんがご存知だったのが意外なくらい(^^;
良い絵本なのに、残念ですよね~

そうか。読み聞かせには向かないんですね。
私は、なーんにも考えずに 自分の好みだけで絵本以外の本も娘に読み聞かせたりしてましたが、大勢のお子さんたち相手の読み聞かせだと、やっぱりサイズが小さくて絵のないページがたくさんある本はダメでしょうね~(^^;

でも、自分で読めるお子さんには是非読んで欲しいです。
今はピンとこなくても、大人になった時、「ああ、こういうことだったのか!」と解る時が来るはず。

私も、工芸品を見るのは好きです^^
残念ながら、買うことはめったにありませんが…
前にテレビで、それは見事な銀細工の煙管を見てすごく欲しくなりましたよ~
使うあてもないのに(^^;
でもほんとに美しかったんです。
繊細な手仕事で作り上げられた美しいものは、見てるだけで幸せな気持ちになれますね^^
[2010/08/04 18:09] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--NO TITLE--
asagiさん、こんばんは♪
「大人になったらピンとくる」、ホントそうですよね!
子供時代の読書は、大人になったときに生活の中でよみがえってきたりして、また読み返してみたりして、楽しみ倍増ですよね♪

工芸品といえば、先月もどうしてもあきらめきれなくて、
天然石の入った万華鏡(地元作家の作品)を買ってしまいました・・
大好きなブルー系の石やスワロフスキーのクリスタルが入ってて、回すほどに夢のように模様が花開いて、ほんとうっとりしますよ~♪
胴体部分も蝶をあしらったアンティーク調の仕上げで・・・
ぜんぜん実用性が無いけど、ずっと服もアクセサリーも買ってないから、「きれい」ってだけで買う贅沢を実行してしまいました。
誕生月だったからいいよねー♪

asagiさんが夢中になってらっしゃる粘土細工の作家さん、作品がどれもこれも最高にかわいくて細かくて、感動しちゃいましたよ!1
[2010/08/04 22:02] URL | みこ #nLnvUwLc [ 編集 ]
--みこさんへ--
こんばんは~

万華鏡といえば、私も いつか買おうと狙ってるのがあります^^
手作りで、ふたつと同じものがないという、外見まで凝った美しいお品。

実用性のないものほど美しいんですよね~^^
私も、アクセサリーには興味がないし、服も機能性優先で 手持ちのものに満足してるので めったに新しいのを買いません。
お金かけるとしたら、本か、実用性のない美しいもの。

*puco*さんの作品は絶品ですね~(*^^*)
もともとは、うちの娘が粘土細工やらビーズ手芸やらが好きで、いろいろ検索しているうちに辿り着いてファンになったんですよ。
プレゼント企画も、娘がわくわくしながら待ってて、始まったと知るや 私に「応募して~!!!」と懇願したという…(笑)

ほんとに繊細で可愛くて、見ているだけで幸せになれますよね^^
[2010/08/05 00:22] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/217-b67279d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。