尚月地イラスト集「ノスタルヂア」
尚月地イラスト集 ノスタルヂア尚月地イラスト集 ノスタルヂア
(2010/09/25)
尚 月地

商品詳細を見る


「艶漢」の作者 尚月地さんのイラスト集。

「艶漢」は 漫画なのに画集レベルの絵柄だったので、それならイラスト集はもっと凄かろうと期待して買ってみた。

精緻。繊細。叙情的。

これでもかというほど細部までとことん描き込まれた作品の数々は、偏執的にも見えて 怖いほど美しい。

一枚一枚、隅々までじっくり見入ってしまう。


変な話かもしれないが、このイラスト集のほうを先に買っていたら、「艶漢」にはそんなに期待しなかったと思う。

こんなにも緻密で美麗な絵を描く人が面白い漫画を描けるわけがない!という思い込みが邪魔をしたに違いない。

ああ、でも、「笑わせる」ほうの面白いではなくて、内田善美さんのような叙情性には期待したかも。

この人なら詩のように美しい漫画を描くに違いないと。



その「艶漢」、仲良くしていただいているさくらさんのブログに表紙画像がどーんと貼ってあったので、前々から気になってはいたものの、なぜか躊躇してしまい買うまでには至らなかった。

最近になって魔がさしたんだか開き直ったんだか、えいやっと買ってみて、猟奇殺人事件などが起きるというので、ちょっとビクビクしながら読み始めたのだが…

もう、お腹が痛いのを通り越してぎっくり腰になりそうなほど笑った。


猟奇殺人といっても、グロい死体をリアルに描いたコマなどはないので、そこは楽々クリア。

服装や背景などは大正時代か昭和初期くらいのイメージだけど、作者のアレンジが加えられて、摩訶不思議な空間が作り上げられている。

現在3巻まで出ているコミックス裏表紙の作品紹介には、それぞれ「世界の果てのまぼろしみたいな裏町」とか「蜃気楼か廃墟の町か…」「迷路のような廃墟の街」などとあるが、ほんとにそんな感じ。

レトロな看板がそこかしこに見られる 立体迷路のような不思議な街並みは、そんなはずはないのに廃墟のように見える。

事件が起きれば警察が動く、確かに人の住む街のはずなのに。

「千と千尋の神隠し」で、千尋が迷い込んだ あの街の 昼の雰囲気に似ているような…


背景も小道具も衣装も装飾品も凝りに凝っていて、緻密に描き込まれたそれらを見ているだけでも楽しい。

そして読めば大爆笑。


いろいろとユルいが実は意外な裏の顔を持つ傘職人 詩郎と、熱血漢だけど暑苦しくないイケメン巡査 光路郎が巻き込まれる犯罪絵巻。


隔月刊の雑誌での連載なので、コミックスが出るのは1年に1冊。

でも、そうでなくても あの絵柄では量産は無理だと思う。

とにかく絵が緻密すぎるのと、あまりにも個性的なので、アシスタントさん雇って背景やモブをお願いするのも無理そうだし…


3巻がこの前出たばかりなので、次の巻はまた来年。

待ち遠しいが、こんなにも丁寧に描き込まれた漫画なら 仕方ないなぁと気長に待てる。


ただ、この漫画…

なぜか微妙に フツーにオススメしにくい(by さくらさん)

同感(笑)

艶漢 1 (WINGS COMICS)艶漢 1 (WINGS COMICS)
(2008/09/01)
尚 月地

商品詳細を見る


艶漢 (2) (WINGS COMICS)艶漢 (2) (WINGS COMICS)
(2009/07/25)
尚 月地

商品詳細を見る


艶漢 (3) (ウィングス・コミックス)艶漢 (3) (ウィングス・コミックス)
(2010/09/25)
尚 月地

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

[2010/10/20 16:31] 尚月地 | トラックバック(1) | コメント(2) | @
<<「なんでもふたつさん」復刊! | ホーム | 恩田陸「不連続の世界」>>
コメント
--画集も買っていたとは!--
こんばんは。
なんか嬉しゅうございます。
ホント、手放しで「騙されたと思って買って」とは
まず言えない世界観があるのでね。
でもこの画集は手に入れてお得感がありましたよね。
たぶん3巻読み終わる長さより、こっちを閉じるまでの時間のほうがかかったと思います。

うん、アシスタントさんは無理な気がしますよね。
つか、「ここは譲らないわ!」みたいな。
好きで描いているんだろうと思いますよね。

艶漢、長く続いてくれるといいですよね♪
[2010/10/23 00:37] URL | さくら #- [ 編集 ]
--さくらさんへ--
こんにちは~

だってね~、「艶漢」読んだら この人のほかの絵も見てみたい!って思いますよ^^
カラーなら尚更期待してしまう。
うん。ほんとにお買い得なイラスト集でした!
「艶漢」だって隅から隅まで見すぎて読み終えるまでかなり時間かかったんですけど。そうですね、このイラスト集はもっとじっくり見てしまいました。

>「ここは譲らないわ!」みたいな。

わかる~!!!
どんなに時間かかったとしても、この人 好きで描いてるんだろうなぁというのがビシバシ伝わってきますよね。
妥協できないんだろうな~

「艶漢」は今後もすごく楽しみだけど、願わくは私の生きている間に完結してほしいです(泣)
作者の根気と情熱が、あのクォリティーを維持しつつ長続きしてくれますように!

さくらさんのブログで見かけなかったらきっと読む機会がなかったと思います。
素敵な出会いをどうもありがとうございましたm(__)m
[2010/10/24 14:49] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/234-d774c645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ノスタルヂア-尚月地イラスト集-
こここここここ細かいッ! 装飾品の形から、髪や服の流れや、配色に至るまですべてが細かい。 こういう画集は楽しいよねぇ。 好きな絵かっつったら、多分そうでもないんだけど、この描き込みようにとにかく初めから惹きかれていたので、一枚一枚、隅々までじっくり見...
[2010/10/23 00:46] ◆小耳書房◆
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker