スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
石井あゆみ「信長協奏曲」
信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2009/11/12)
石井 あゆみ

商品詳細を見る


戦国時代にタイムスリップした高校一年生、サブローが出会ったのは 若き日の織田信長。

病弱な信長が、どこか静かな土地で静養しようと従者一人を伴って、こっそり城を抜け出してきた折も折、空中に突然降って湧いたサブローは、信長に瓜二つだった。


「そなた、その凛々しい面を活かして わしの身代わりになれ。」(笑)


…てなわけで、勉強嫌いで日本史にもまるで興味のないサブローが、その日から信長として生きることになったのだった。


織田信長を衝撃の新解釈で描く 時をかける風雲児サブローの戦国青春記(カバーより)




今更、こんな超有名な戦国武将を題材にしてもなー。さんざん映像化されてるし小説やマンガにもなってるし…と、あまり期待もせずに読み始めたが、驚いたことに これが非常に面白い!


その奇行の数々から、信長が「尾張の大うつけ」と呼ばれていたのは有名な話だが(教科書にも載ってたし)、なるほど、現代からタイムスリップした高校生が自由気ままに振舞えば、当時の人々の目には「奇行」と映るに違いない。


なにしろ、身分の上下などない現代日本で生まれ育った、全てがゆるゆるの高校生である。

制服をだらしなく着崩し、勉強嫌いで授業態度もよろしくない。

が、視力と運動神経だけは良い。



だからサブローは、「動きにくい」と袴を脱ぎ捨て、丈の短い着物で走り回り、百姓の子どもたちにも気軽に声をかけ 彼らの遊びに加わる。

使えると思えば身分に関係なく召し抱える。



歴史に興味がないとはいえ、織田信長は知っているし、「歴史を変えるわけにはいかない」という意識はあるサブローくん。

タイムスリップしたのが下校途中だったため、教科書の入ったカバンを持っていたのは幸いだったが…

元の時代に戻れるまで、とりあえず信長の人生に従って動こうとするも、日本史の教科書には 当然ながら 大まかな出来事が大まかにしか書かれていない。

結局 「ま、いーや。好きに生きよ。」となるのであった(笑)



何が面白いって…

まず、サブローが何気なく口にした言葉を、聞く者が勝手に深読みしてくれる。

また、そのタイミングが絶妙なもんだから、その度に相手は感嘆したり怖れたりするのである。

「信長が天下とらないと ほら、歴史が変わっちゃうでしょ?」と、当然のように言えば、「自分が天下をとることが天命であり、自分に歴史を変えるほどの力があると本気で思っているのか?!」と、ある者は衝撃を受け、次には畏怖の目で見るようになる。

実際には、信長は天下統一を目前にして討たれたが、サブローは漠然と「信長は天下をとる男だ」と思っているので。


2巻の第5話、織田信長と斎藤道三の あんな会見シーン初めて見た…(あたりまえだけど)。

こうくるか~!!!と仰天し、そして笑った。


桶狭間の戦いの頃には、サブローは すっかり領民に慕われている。

まだ暗いから…と足元を気遣い、道沿いに松明を掲げて立つ領民に見送られ、出陣して行くサブローの姿に胸が熱くなる。



史実に沿って話が進んでいるのに、どうしてこんなにわくわくするのか。

サブローが、次は何をやらかしてくれるかと、楽しみでならない。

帰蝶がとんでもなく可愛くていじらしい。彼女が嬉しそうにしていると和むし、おてんばでブラコンのお市もまた微笑ましい。

秀吉のキャラ設定が斬新で、びっくり!こんな描かれ方をしているのを、今まで見たことがない。


絵柄も、この漫画にはよく合っていると思う。

少女漫画のようなタッチで描かれたら興醒めだったろうし、かといってあまりにごつごつし過ぎていると この独特のゆるい空気を壊してしまう。

そのどちらでもない、絶妙なタッチで描かれている。



明智光秀の前半生が謎に包まれていることを初め、記録として残っていない事柄も多いから、想像の入り込む余地がまだたくさんあって、こんな面白い漫画にしちゃう人がいるんだなぁと、感激してしまう。


現在3巻まで出ていて、桶狭間の戦いの後は、清洲同盟、美濃攻略等を経て、3巻の第15話では驚きの展開が待っていた。

「信長協奏曲(コンツェルト)」というタイトルの意味が、ようやく明らかになる。

ここまででもじゅうぶん面白かったのに、まだ序章だったのか!と、驚くとともに続きを期待せずにいられない。


もちろん、ツッコミどころも多々あるが…。

とりあえず、教科書を持ってるんだから 本能寺の変の首謀者の名前くらい確認しとこうよ、サブローくん(笑)


第4巻は今月10日発売。

あ~、もう、楽しみでしょうがない!


信長協奏曲 2 (少年サンデーコミックス)信長協奏曲 2 (少年サンデーコミックス)
(2010/03/12)
石井 あゆみ

商品詳細を見る


信長協奏曲 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2010/08/12)
石井 あゆみ

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

[2011/02/06 00:17] 石井あゆみ | トラックバック(0) | コメント(2) | @
<<梓崎優「叫びと祈り」 | ホーム | 村山早紀「カフェかもめ亭」>>
コメント
----
学校では小説は持ってきていいけど、マンガは不要物だからダメ。
どうしてなのか、と中学生に聞かれたので、結局、盗まれたとか、なくなったとか、汚されたとか、いろんな問題が出てくるからだよ、って答えておきましたが、それなら小説だって同じことです。

私も腑に落ちないままです。
[2011/02/10 20:56] URL | みちこサン #- [ 編集 ]
--みちこサンへ--
「マンガばっかり読んでないで勉強しなさい」とか、「もっとためになる本を読みなさい」とかが親の小言の定番だった頃の名残でしょうか。
私が高校生の頃は、学校で、マンガも含めて本の貸し借りをフツーにしてた覚えがあるのですが。
中学ではどうだったかな~
[2011/02/14 13:42] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/255-5f3bf3e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。