スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
漆原友紀「水域」
水域(上) (アフタヌーンKC)水域(上) (アフタヌーンKC)
(2011/01/21)
漆原 友紀

商品詳細を見る


日照り続きのその年の夏休み、中学三年生の千波は、部活の最中に校庭で倒れ 気を失っている間に不思議な夢を見る。


夢で目覚めた場所は川のほとりで、そこでは雨が降っていた。

久しぶりの雨と 水量豊かな美しい川と。

嬉しくなって川に飛び込み、ひとしきり泳いで顔を上げれば、川の向こうに村が見えた。


その日を境に、千波は度々その村の夢を見るようになる。


そこで出会ったのは「澄夫(スミオ)」という少年と、澄夫の父親だという老人の二人きり。


村のそこかしこに人の気配はあるのに、二人以外の誰の姿も見えない。


雨の降らない現実の街と、雨の降り続く夢の村を行き来するうち、千波はあることに気付くのだった。


私の夢 なんかじゃない
私がいない間も この世界はあって スミオ達は ここに住んでるんだ




水底に沈んだ村の記憶が、千波の夢と 酷暑の夏をきっかけに 母と祖母の中に蘇り、ある変化をもたらす。





「蟲師」が完結して寂しい寂しいと思っていたら、今年の一月にようやく出た待望の新作!

上下巻同時刊行というのがまた嬉しい。


(※以下、ちょっとだけネタバレあり。未読の方はご注意ください。)




第1話「遡上」は、二つの意味を持つタイトル。

自分のルーツを辿るという意味をも含んでいると思う。

ひとつの村の歴史の 最後の数十年と、そこに住んでいた人々のドキュメンタリーのようでもあるが、もちろん それだけでは終わらない。

やっぱり「蟲師」の作者の作品だなぁと(良い意味で)思った。



夢の村の澄夫の家で、台所から物音が聞こえるが、千波がそちらへ行ってみると 誰もいない。

後に この同じシーンが、今度は別の人物の夢として その人の視点で描かれるのだが…

このシーンで、「蟲師」第9巻の「壺天の星」を思い出した読者は私だけではないと思う。



千波の祖母 清子(キヨコ)、次に 母 和澄(カズミ)の回想が続き、千波が夢で訪れる村の正体や その村に起きた出来事が 徐々に明らかになっていく。


「今はもう無い場所」への強烈なノスタルジィだけなら、ただただ切なく美しいばかりの物語だっただろう。

だが、かの村を故郷とする人々の胸の中には 多少なりとも 後ろめたさが残っているので、懐かしさだけでは語れない。

加えて 和澄には、ほかにも 辛い 悲しい思い出があるので、尚更である。



千波が大きくなるころには 消化できてるだろうから
そしたら……ちゃんと話そうと思ってた

……でも むしろ 時間がたつほど 澱みたいになっちゃって……
まだ どんなふうに話せばいいのか わからない




村の記憶を持たない千波が 夢の村と現実とを繋ぎ、母の中に澱のように沈んでいた思いを それとは知らずに昇華させる。


最終話「水天」では、祖父母や澄夫の思いもまた、龍神とともに昇華したのではないかと思う。




…上手いなぁ。

この作品だと、もしも龍神が ほんとに龍の姿で現れたら浮きまくるし、作品を台無しにしてしまうだろう。

だから、そうは描かれない。



人々が「龍神」と呼んだ何者かが、確かに村を護っていて、住むべき場所を失くしてからも なぜかその地に留まっていた。

それは、竜巳と清子の願いのせいだったかもしれないし、澄夫を哀れに思ったからかもしれない。

懐かしむのも後ろめたいけれど やはりどうしようもなく懐かしい、人々のそんな思いが まだそこに凝っていたからかもしれない。

あの夢の村は、それら全部で出来ていたのではないかと思う。



「蟲師」の、あの 江戸と明治の狭間で時が止まったような世界が大好きな私は、「水域」の中では何といっても 千波の祖母 清子の回想がいちばん好きだった。


「蟲師」の第1話「緑の座」で、しんらの持つ筆の先から滴る深い緑。

しんらの言う「この国の 緑のような 濃くて 鮮やかな」緑。


清子の回想の中の村は、そんな緑にあふれていた。



「蟲師」、殊に「緑の座」の印象が強烈だったせいか、私の中で漆原友紀の作品のイメージは 緑、碧、翠 で固まってしまった感がある。


次にまた あの深い緑に逢えるのは、いつだろう?

次の作品も 楽しみでならない。

水域(下) (アフタヌーンKC)水域(下) (アフタヌーンKC)
(2011/01/21)
漆原 友紀

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

[2011/03/09 15:54] 漆原友紀 | トラックバック(1) | コメント(4) | @
<<東北地方太平洋沖地震 | ホーム | 尚月地 設定資料集「秘宝」>>
コメント
----
この漫画は買って読みました(笑)
まだレビューには至ってないけどね

私も蟲師が大好きだったから
この作品がどんなんだろう?っと興味を持って見たんだけど面白かった~
あっと言う間に上下とも読みました

ダムに沈んだ村に時々でいいから
こうして遊びに行きたいっと思っている人が
沢山いるんだろうな~
ふるさとが水の下になってしまった人の思いが
しみこむような作品でした
[2011/03/10 15:05] URL | 満天 #- [ 編集 ]
--読まない読まない--
こんばんは~
そんな本が出ているとは全然知りませんでした。
さっそく明日、早起きして買いに行ってきます♪

なので、レビューはよみませんぜ。
本を読んでからたっぷり楽しませていただきます♪
[2011/03/11 00:48] URL | さくら #- [ 編集 ]
--満天さんへ--
自分で書くより満天さんのレビューが読みたい(笑)
「蟲師」は一話完結形式だったから、ひとつの長いお話描くのって、作者はこれが初めてだったんですね~
この人はやっぱり、ちょっと昔の日本を描かせたらとんでもなく上手い!と思います。
使い古されてちっとも魅力的でなくなった言葉だけど「日本の原風景」とか、「古き良き日本」とかね。
それをあまりに魅力的に描くもんだから、舞台が「現在」に戻った途端に世界が色褪せて見える。

でも、良い作品でしたよね^^
「蟲師」は、ネタさえあればまたいつでも再開できそうな終わり方だったから、また描いてくれないかなぁとも思いますが、漫画家としてはもっと違ったものにも挑戦したいだろうし…
次回作が楽しみですね~^^
[2011/03/11 15:52] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--さくらさんへ--
こんにちは。

「蟲師」の雰囲気もそこはかとなく残しつつ、現実に根差した話に幻想を絡めた作品でした。

さくらさんのレビューをお待ちしております~^^
[2011/03/11 17:16] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/260-854ec12e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
水域(上)(下)/漆原 友紀
日照り。給水制限のため、プールで泳げない水泳部の千波はグラウンドを走っている途中で倒れてしまう。気付くと雨の降りしきる川が目の前にあった。我を忘れて泳ぎまくる千波は遠くに村を見る。どこかで見た光景。 目覚めた千波は家へ戻るが、お風呂でまたその川へときて...
[2011/08/16 19:34] ◆小耳書房◆
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。