スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
村山早紀「人魚亭夢物語」
人魚亭夢物語 (新しいこどもの文学)人魚亭夢物語 (新しいこどもの文学)
(1999/08)
村山 早紀

商品詳細を見る


「コンビニたそがれ堂」「カフェかもめ亭」と同じく、風早の街が舞台のお話です。


この本の表紙を見た途端、娘が「ジブリの絵に似てる」と言ったのですが、私には特にそうも思えなくて。

ところが、挿絵の森友典子さんは元アニメーターで、ほんとにジブリのお仕事もなさっていたそうです。

奥付けページの紹介欄に、「『もののけ姫』でアニメーター生活に終止符を打つ。」とあります。

カバーイラストは、正直言ってあんまり私の好みではないのですが、人魚亭を描いた挿絵は、お店の内部も 外の佇まいも素敵。



人魚亭は、かもめ亭とよく似た雰囲気のカフェで、マスターが 海にちなんだ名前を持つ若い女性だという点でも、かもめ亭とイメージが重なります。(あちらは広海、こちらは真波。)

主人公は小学四年生の弥子で、人魚亭は弥子の行きつけの(!)喫茶店。

小学生が学校帰りに喫茶店に寄るなんて、決して感心できることではないけれど、弥子の家はお父さんが単身赴任中で、お母さんは仕事で帰りが遅くなることも多く、家に帰ってもひとりぼっち。

真波さんが「おかえりなさい」と迎えてくれて、親身に話を聞いてくれて、美味しいお茶が飲める素敵なカフェは、弥子にとってはかけがえのない憩いの空間なのでした。


ハンバーガー屋さんなら、紅茶は一ぱい百五十円。"本日のお茶"は三百五十円。高い。
でもこのお店で、きれいなカップで、真波さんに最高のお茶を入れてもらえてのめて、しかもポットで出てくるから二杯はのめる!
これっておとなのせんたくよね。私は、ちょっとだけ胸をはる。



それでもやっぱり、小学生のお小遣いではしょっちゅう立ち寄るわけにはいかないけれど。

こんな素敵なカフェを行きつけにしてる小学生、うらやましいなぁ。



「この角を曲がると異次元に行く」とか「今まさに空飛ぶ円盤がおりてくる」とか、そんな フィクションみたいな出来事が ほんとにあればいいなぁと思いつつ、心のどこかでは「そんなのあるわけない」と思っている弥子。

ところが ほんの短期間に、立て続けに お話のような出来事に遭遇するのでした。


伝説の怪盗「銀ぎつね」に、港を根城にする盗賊「黒犬団」、妙音岳に埋まっているという隠し財宝の噂。


都市伝説もどきの噂に過ぎないと思われていたそれらが、「ししゅうする少女」という絵によって繋がったことで俄かに現実味を帯び始め、その絵をめぐる一連の事件にすすんで巻き込まれた弥子が、嘘みたいな冒険をするという…

そこに、前世の約束やら 真波さんが実は○○○だったことを示唆するエピソードやら 風早に伝わる数々の伝説やらが絡んで織り成す、まさに夢物語。


「かもめ亭」や「たそがれ堂」に比べると対象年齢がかなり低く、児童書らしいといえばその通りなんだけど……う~ん。なんか物足りない。

「夢みたいな出来事」だからこそ、そこにリアリティーを持たせるべく、「銀ぎつね」が怪盗になった背景とか、伊東さんが あの絵に執着する理由について(ただ綺麗だからというだけでなく)、何らかの説得力のあるエピソードを添えるとかすれば、もう少し読み応えがあったかも。

言葉は悪いけど、子どもだましの「夢物語」で終わってしまった感じ。

優れた絵本や児童文学は大人の鑑賞にも十分堪えうるというか、子どもが読んで面白いものは大人が読んでも面白いと思っているので、「児童書だからこの程度でいいんじゃない?」とは思えないんですよねぇ…


でも、「かもめ亭」や「たそがれ堂」には名前だけしか出てこなかった「真奈姫川」や「妙音岳」に関する伝説が出てきたり、マルコ・ポーロの「東方見聞録」の記述にあるような「黄金の国」だった頃の風早の話が真波さんによって語られたりと、その辺りは面白かったかな。


それにしても、風早の街って、白狐の神さま「風早三郎」だけでなく、妙音岳の女神や竜宮の女神にまで護られているっていうのが、恵まれすぎてて都合が良すぎるような気もしないではない(笑)



風早の街を舞台にしたお話は、他の出版社からも多数出ているようで、文庫版「コンビニたそがれ堂」の解説によると、「出版社をまたにかける隠れシリーズものなのです。昔々、いまのような長編ファンタジーブームが来るとは知らなかった頃、新人作家だったわたしは、どうしても大長編が描きたくて、『一冊一冊は別の本でも、よく読むとシリーズものになるように本を書けばいいんだ』と、この方法を思いついて、密かに『風早街サーガ』と呼んでいました」とのことです。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2011/04/06 17:10] 村山早紀 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<財布を買ってみた | ホーム | 幻想の挿絵画家 カイ・ニールセン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/266-6ddfbf30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。