ゴーストハント3 乙女ノ祈リ
ゴーストハント3 乙女ノ祈リ (幽BOOKS)ゴーストハント3 乙女ノ祈リ (幽BOOKS)
(2011/03/18)
小野 不由美

商品詳細を見る


・狐狗狸(こっくり)さんを見てから異常な行動を繰り返すようになったクラスメイト。どうやら狐に憑かれたらしい。

・開かずの倉庫での肝試しの後、壁にロープの影が見えるようになった。それは自分ひとりの時しか現れない。

・陸上部の部室でポルターガイスト現象が起きる。


SPR(渋谷サイキックリサーチ)への立て続けの依頼は、全て私立湯浅高校の生徒からのものだった。

ナルはそれら全ての依頼を断るが、ぼーさんこと滝川法生が持ち込んだ「坐った者が必ず事故に遭う呪われた席」や「美術準備室に出る幽霊」の話も湯浅高校だったことから、見過ごすわけにはいかなくなる。
当の湯浅高校の校長からの依頼が決定打となり、翌日から聞き込み調査が始まった。


出るわ出るわ、尋常でない数の しかも共通点のない種々雑多な怪現象に、人海戦術もやむなしと お馴染みのメンバーに召集がかかる。

巫女の綾子、霊媒の真砂子、神父のジョン。


怪異の報告された主だった場所を霊視した真砂子は「霊はいない」と断言するが、全てを錯覚で片付けてしまうには無理があり、依然として調査は進展せず。


聞き込みを続けるうち、「笠井千秋」という超能力少女の存在が浮上する。

全校朝礼の場で吊るし上げにあった彼女は、教師の一人に向かって呪いの言葉を吐いたという。

全ての怪現象の始まりは、それからだった。


歴史ある女子高にしては不自然なほど 怪談や七不思議が存在しない湯浅高校を 突然襲った怪異は、やがてナルと麻衣にも忍び寄る。

一連の怪現象の中心にいるものの正体は…?





今回も、薀蓄でおなかがいっぱいになりそうなくらい読み応えがあった。

子どもの頃にテレビで見た ユリ・ゲラーのスプーン曲げ。

あれを観ていてスプーンを曲げられるようになった人たちを「ゲラリーニ」と呼ぶなんてこと、この本で初めて知った。

あと、超能力の分類。ESPとPK。機能によるPKの分類。

陰陽道による呪いの方法 「厭魅」と「蠱毒」。そのルーツと、藁人形の本来の意味。

ここらへんの話が面白くて、ぐいぐい引き込まれる。



ノックの音に悩まされている教師が、ある夜 窓の外に見たものとか、窓から顔を出した時 髪を掠めた何かとか。

極めつけはナルと麻衣の前に現れた、天井から徐々に下りて来るアレの怖さといったら、只事ではない。

ゾッとするような描写が、相変わらず上手い。


前巻でも不思議な夢を見た麻衣だったが、今回もまた暗示のような夢を見たり、妙に勘が冴えてたりと、どうやら潜在的な能力が表に出始めたような。

ところで、今回は夏休みでもなんでもない平日の昼間の調査だったのに、麻衣はその間ずーっと学校休んでたんだろうか?

ナルの正体も未だ明かされずで、まだまだ謎だらけ。



ミステリーの要素もあり、1,2巻とは違う意味でも面白かったが…

ちょっとばかり後味が悪い。

この事件で最も心に傷を負ったであろう彼女の その後が気になる。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:ホラー小説 - ジャンル:本・雑誌

[2011/05/17 17:35] 小野不由美 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<くじらをすきになった潜水艦 | ホーム | 没後150年 歌川国芳展>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/276-fe064343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker