スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
ゴーストハント5 鮮血の迷宮
ゴーストハント5 鮮血の迷宮 (幽BOOKS)ゴーストハント5 鮮血の迷宮 (幽BOOKS)
(2011/07/13)
小野不由美

商品詳細を見る


長野県の山奥にある古い洋館に SPR(渋谷サイキックリサーチ)一行を含む二十名もの霊能者が集められた。

増改築を繰り返し 迷路のようになったその洋館では、先々月以降 中に入った者が連続して二人 行方不明になっている。

一人目は肝試しにやって来た少年で、二人目は その少年の捜索をしていた消防団の青年。

件の洋館は、もと首相の 夫人の実家が所有していたもので、夫人も その父親もそこに住んだことはなく 長らく空き家だったという。

にも関わらず、夫人の父 故・美山宏幸氏は、毎年のように業者を入れて 気まぐれに増改築を重ねてきた。

アメリカの有名な観光名所ウィンチェスター館の如く、改築のための改築を重ねたとしか思えない館には平面図すらなく、ナルの指示で測量を始めた麻衣たちは、館内にいくつもの空洞があることに気付くのだった。


調査のさなか、次々と姿を消す霊能者たち。

やがて、館に秘められた血塗られた過去が明らかになり、SPRのメンバーにも危機が迫る。





既刊5冊の中で、これがいちばん怖かった。

どう見てもデタラメな増改築の理由と、それによって隠されていたモノが見えてくるにつれ、ゾッとせずにはいられない。


前巻で初登場した安原少年がめでたく大学生となり、ナルの要請により 今回はちょっと変わった形で調査に協力する。

他に、ナルの師匠だというゴーストハンター 森まどか 登場。

館内の調査には加わらず、専ら地元民への地道な聞き込みで館の過去を洗い出す。


事件とは別に、1作目から引っかかっていた麻衣の家庭の事情や リンさんの本名が明かされたりと、新たな展開も。



ほんとに怖くて、それでいて 読み出すと途中でやめられないくらい、ぐいぐい引っ張られる。

だからつい見過ごしてしまいそうになるけれど ちょっと残念なところも。

例のコートの持ち主が、あれを誰に伝えるために書いたのかとか、そもそもどうして あそこに残ってたのか とか。(ふつうは処分されると思う)

その辺りの事情がわからないと、コートも紙幣も 取って付けたような「手がかり」に見えてしまう。


館の管理人夫妻についても、何かの伏線かと思ったらそうでもなかったし、あのエピソードってほんとに必要だったんだろうか?



いや、相変わらず恐怖シーンの描写は尋常でなく怖いし、謎解きの過程も読み応えがあって面白いんだけども。


主人公に好感が持てない小説は、ふつうその小説自体嫌いなもんだけど、このシリーズは ヒロインは嫌いだけどストーリーは面白いので困っている(笑)


ふつうはここ、「思いやりのあるイイコだなー」とでも思わなくちゃいけないんだろうなってとこでも、私には独りよがりで偽善的なくっさいセリフにしか見えなくて。

「原さんはプロだ」というナルの言葉に、そうだよなーと思う。


小説自体は好きだけどヒロインを好きになれない読者って、つくづく不幸だ。


それと、今回、我ながら迂闊だったのは、検索しているうちにうっかりネタバレを読んでしまったこと。

作中に名前が挙げられている実在の超能力者について調べようと思っただけなのにっ(泣)

リライト前の「悪霊シリーズ」刊行当時は まだインターネットが普及してなかったから、その手の調べ物はほとんど図書館に頼るしかなかった。
ゆえにネタバレの恐れもなかっただろうけど、今はネットサーフィンしててうっかり…ってこともままありそう。


これからゴーストハントシリーズを読もうとお考えのかたは、作中の記述について検索したりせず全巻読み通されることをお勧めします。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:ホラー小説 - ジャンル:本・雑誌

[2011/07/28 17:15] 小野不由美 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
<<鋼の錬金術師CHRONICLE(クロニクル) | ホーム | チカちゃんは四年生>>
コメント
--残念--
こちらでは、お久しぶりですw
ネタバラシされてしまったんですか? それは…残念でしたね。
私も。小野さんにハマった頃は悪霊シリーズが絶版で、続編の「悪夢の棲む家」を先に読んでしまったので(笑)。
ごく普通に「そういう設定」として話が始まっていたものですから、あとで悪霊シリーズを読んで(しかも1巻と最終巻がまず復刊)、泣くに泣けなかった過去が…。

ネタバラシされてしまったのは、あの人の正体だけですか?
もしそうであるなら不幸中の幸いかも?
正体が見えてくるその過程もすごく面白いんですよ。正体が分かっていても楽しんで読めると思います。

ヒロインも悪い子じゃないんですが。確かに「うみ」とかは私も笑いましたけど。
良くも悪くも少女小説の主人公なんですよね。
「悪夢の棲む家」では悪霊シリーズで色々経験した後だったし、三人称だったからなのか。
あまり気になった事は無いのですが。
まだまだ名シーンもありますので、もう少し長い目で見てやってください(笑)。
[2011/07/30 02:02] URL | りほ #gS/xbSlc [ 編集 ]
--りほさんへ--
りほさん、こんにちは。
ご丁寧にありがとうございますm(__)m

>あの人の正体だけですか?

そうです~!!!
検索結果が表示された時点でネタバレが目に飛び込んできたっていう…(笑)
該当ページを開くまでもありませんでしたよ。

正体がわかってて読んでも面白いと伺ってちょっと気持ちが持ち直しました。
ありがとうございます^^

>良くも悪くも少女小説の主人公なんですよね。

健気で前向きなキャラだってわかってはいるのですが、好きになれないのは、私がトシをとったからかもしれません(^^;

ええ、もちろん、残りの2冊もとっても楽しみにしております。
「悪夢の棲む家」も復刊してくれるといいんですけど。
…にしても、悪霊シリーズの1巻と最終巻がまず復刊っていうの、ひどいですね~(^^;
[2011/07/30 17:02] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/290-b99e321c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。