スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
Under the Rose(アンダーザローズ)7 ― 春の賛歌
Under the Rose 7 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)Under the Rose 7 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)
(2011/09/26)
船戸 明里

商品詳細を見る


「Under the Rose 」略して「あんだろ」

6巻発売から2年4ヶ月ぶりの7巻。

6巻までは1年に1冊ペースだったので、去年は「今月こそ出るか?!」と、そわそわしながら待っていたのだけど。

なんかもう待ちくたびれた…

とはいえ、読み始めればやはり最後までぐいぐい引っ張られる。

そして、読み終えた途端「続きは来年か再来年か…」と、また蛇の生殺し状態に。

6巻の感想はこちらから→アンダーザローズ6-春の賛歌



前巻で、正妻アンナに「もう貴女を愛していない」と告げたロウランド伯爵。

それでも表向きは、今までと変わりない日常が続くかに見えた。

ところが、アンナの言葉に従うことを決めたマーガレットが、伯爵には何も告げず 二人の子どもを連れて突然姿を消したため、伯爵もまたその後を追って失踪。

そのことを知るのはアンナとウィリアムのほか、一部の使用人のみ。


伯爵の失踪後、アンナが家政に口を出し始めたことから、ロウランド伯爵家の空気は一変する。

使用人のほんのささいな失態を見咎めては解雇し、それによって使用人が激減したことから、残った使用人の仕事が膨れ上がり、耐えかねて辞めてゆく使用人が増えるという悪循環。

家政に疎いアンナは、新しく使用人を雇うためには今より賃金を上げなければ誰も来てくれないなどとは 思いも及ばないのだった。


伯爵はもう帰ってこない。

口には出さずとも、ウィリアム そして上級使用人の誰もが、なんとなくそう思い始めていた。

そんな中、家庭教師のレイチェルだけは、伯爵が子どもたちを見捨てるはずがないと信じ、「絶対にクリスマスにはお戻りになります」と主張する。


それまでは何としても今のままのロウランドを維持しなければならない。

そして、子どもたちには、スタンリー母子と伯爵の失踪を知られてはいけない。


子どもたちとロウランドを守るため、レイチェルの奮闘は続く。





伯爵不在のロウランドの人々の困惑と焦燥。

そして、伯爵とスタンリー母子の逃避行が描かれる。


アーサー・ロウランド伯爵は、その人柄から使用人にもフレンドリーで、そのせいか子どもたちと使用人の垣根も低い。

それがアンナの目から見ると「ロウランドの使用人は教育不足」ということになるのだった。


「こんな調子ではロウランドから使用人がいなくなってしまいます」という本当のことを、誰もアンナに向かって言わないところにリアリティーを感じる。

レイチェルにしても、明らかにアンナの判断ミスなのに「奥様に恥をかかせる訳にはいかない」と、自分ひとりでなんとかしようとする。

そのせいで風邪をひいて四日も寝込んだのに、何も知らないアンナに「四日間も子供達を放置してよくも平気でいられますね」などと理不尽に責められても「お前のせいだろ」とは決して言わない。


19世紀後期の英国、貴族の屋敷では 主人と使用人の関係って ほんとにこんな感じだったんだろうなぁと思う。

だからこそ、ロウランド伯爵の人柄が際立って、彼は特別なんだと読者に印象付ける。


今回は使用人たちが良い味を出していた。私は特にウェルズさんがお気に入り。


なるべく早く続きが読みたいが、アシスタントさん無しで調べものをしながらでは、そんなにさくさく進まないらしい。



「あんだろ」の前に発表された「Honey Rose」(略して「はにろ」)という作品があって、これは「あんだろ」の十数年後のお話。

単行本は出ていなくて、今のところはダウンロード販売のみ。

ただし、「あんだろ」完結後に、「あんだろ」の続刊に 加筆修正の上「Honey Roseの章」として収録されるという。

それまで待つつもりだったけど、いつ完結するのか 考えると気が遠くなりそうだったので、WEBコミックというものを初めて買ってみた。

これは、ロウランド家の庶子の末っ子フィオナを主人公にして描かれたもの。(なんと、また庶子が増えてました)


大人になったロウランド家の子どもたちを見て、久しぶりに会った親戚のおばちゃんのごとく、「まあっ、大きくなって~」とか「なんでこうなった?!」とか突っ込みつつ、フィオナと一緒に一喜一憂しながら読み終えた。

とりあえず、いちばんびっくりしたのは、あの つんつんつんつんとんがりまくってたライナスが、人当たりの良い温厚な好青年に成長してたこと。


「はにろ」を読んだら、ますます そこに至るまでの「あんだろ」の展開が気になってしかたないのであった(笑)

あ、ちなみにタイトルの「Under the Rose」(=秘密に)は、作者によると「フィオナには内緒」って意味らしい。
長兄のアルが検閲済みの事柄しか、フィオナには知らされないんだとか。

…まあ、赤ちゃん同様の14歳には話せないことが多過ぎるわなぁ。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

[2011/10/14 17:21] 船戸明里 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<「黒ネコジェニーのおはなし」復刊!― ジェニーとキャットクラブ | ホーム | ゴーストハント6 海からくるもの>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/300-9f52de34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。