スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
帰ってきた星の王子さま
帰ってきた星の王子さま帰ってきた星の王子さま
(2005/02)
ジャン=ピエール ダヴィッド

商品詳細を見る


そのとき、子どもが、あなたがたのそばにきて、笑って、金色の髪をしていて、なにをきいても、だまりこくっているようでしたら、あなたがたは、ああ、この人だな、と、たしかにお察しがつくでしょう。

そうしたら、どうぞ、こんなかなしみにしずんでいるぼくをなぐさめてください。

王子さまがもどってきた、と、一刻も早く手紙をかいてください……
   (岩波書店刊 内藤濯 訳 「星の王子さま」)



サン・テグジュペリがこう記してから半世紀、この呼びかけに応えた人は誰もいませんでした。

「星の王子さまの続き?とんでもない!そんなもの、だれに書けるものか。」

と、訳者あとがきにもある通り、もとの作品があまりに有名すぎて、万一試みたとしても たちまち非難の嵐にさらされそうな そんな大博打、うてるわけがありません。

ところが、1997年になって、とうとう カナダに現れたのです。

「サン・テグジュペリが生きていたら、喜んで握手しにきてくれるような作品を」

そう願いながら書いたという作者ジャン・ピエール・ダヴィッドの、これはサン・テグジュペリへの熱烈なラブレターです。


「サン・テグジュペリさま

今日、こんなお手紙をさしあげるのは、とてもおかしな出来事にあったからです。」



…という書き出しで始まるこの作品の主人公が王子さまに出会うのは、サハラ砂漠ではなく 大洋に浮かぶ小さな無人島。

ミャンマーのチャウピューを目指しての船旅の途中、嵐に遭って船の甲板から投げ出され、ひとりで漂流しているうちに辿り着いたのでした。



作者がこの作品を書くにあたって心掛けたことは、次の三つだそうです。

1.王子さまの人物像を変えないこと。

2.王子さまが、地球にたどりつくまえに、いくつもの星を旅してくるという構想を変えないこと。

3.もとの作品とおなじくらいの長さの作品にすること。



とある事情から、ヒツジの入った箱を抱えて 流れ星にとびのり、再び旅に出ることになった王子さま。

星をめぐり、さまざまな人に出会いながら、最後に 昔出会ったキツネの言葉を思い出し、地球を目指します。

エコロジスト(環境学者)、宣伝マン、統計学者、狂信的な愛国者など、王子さまが出会う人々は前回とは様変わりしているものの、やはり この星の多くの大人たちの姿にほかなりません。


ひとつ「あれっ?」と思ったのは、地球に降り立った王子さまの話を聞いた人々が、「バラの花は、なんの象徴ですか?」「トラはなんの意味でしょう?」「ヒツジはつまり、神の子羊ですか?」
などと口々に質問するところ。

いくら王子さまが「バラはただの植物、トラもヒツジもただの動物です」と繰り返したところで、誰も耳を貸さないのです。

王子さまの話には何らかの寓意が隠されているはず と思い込み、それを解明しようと躍起になっている この人々も、ある種の人々を諷刺したものなのか、それとも批評家への牽制か。


本国カナダではたいへん好意的に受けとめられたという本書、「続編」ではなく、サン・テグジュペリへのラブレターだと思って読めば、とりたてて貶すところのない良い作品だと思います。

なのに、何か物足りなさを感じるのは、王子さまが旅に出ることになったそもそもの原因を取り除く手立てが、結局見つからなかったということと、この先バオバブの木をどうするのかが示されていなかったことが原因と思われます。

バラの花が無事だといいのですが。



ヘレン・スマイス描くところの品の良い挿絵は日本語版だけのオリジナルだそうで、物語のイメージによく合っていて素敵です。



…ところで、私は この本の旧版を古本で入手したのですが、奥付ページの裏の イラストの下に 日付と名前の入ったメッセージが。

どうやら1998年のクリスマスプレゼントだったらしいのですが。

そしてどうみても彼から彼女へのプレゼントなのですが。

この本が古本屋にあったということは、二人は別れたってこと?

この本を開く度に、他人様の人生の一コマを盗み見したようで、フクザツな気持ちになります。



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2011/11/17 17:19] ジャン・ピエール・ダヴィッド | トラックバック(0) | コメント(2) | @
<<はるかなる黄金帝国 | ホーム | よろづ春夏冬中(あきないちゅう)>>
コメント
--星の王子様!--
こんばんはー。
たぶん小学生の時に読んでるはずなんだけど、
文節の一つどころか、ストーリーさえ覚えてないのが
星の王子様なんですが、
続編(?)まであったのですねぇ。
機会があったら読んでみたいです。

古本屋で買うとそういう気まずい気持ちになることもありますわなw
私もクリスマスプレゼントに「ノルウェーの森」上下巻貰ったけど、読んですぐ売り飛ばした記憶が…。
なにもメッセはなかったことだけチェックはしましたが。
[2011/11/18 22:53] URL | さくら #- [ 編集 ]
--さくらさんへ--
こんにちは。

子どもの頃に読んだ時はあまり意味がわからなくて印象に残らなかったのが、大人になって再読した時ハッとするのが「星の王子さま」だと思います。
この本を読む前にぜひ元祖「星の王子さま」の再読をお勧めします^^

「ノルウェイの森」って、見た目がまんまクリスマスカラーですもんねー。
きっと、中身がさくらさんの好みなら洒落たプレゼントになったのでしょうが…
高校の頃、先に読んだ友だちの評価がさんざんだったので、私は未だに読んでません(^^;

古本って面白いものが挟まってることがあって、そういうのも古本の楽しみだと思うのですが、心のこもったメッセージが書かれてるのは気まずいですね~
この本のメッセージ、娘と二人で「別れたのか?」「いやいや、持ち主が事故か病気で亡くなって遺族が本を処分したのかも」とかいろんな推測をしてしまいました(笑)
[2011/11/20 15:17] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/308-4f38c16f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。