スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
トム・チット・トット
トム・チット・トットトム・チット・トット
(2006/04)
ジェイコブズ

商品詳細を見る


初版は1978年。小学館の「世界のメルヘン絵本」というシリーズの中の1冊でした。


2006年にブッキングから復刊しましたが、現在は また品切れとなっています。



母親の言葉を取り違えて、パイを全部食べてしまった 少々頭の悪い娘が、ひょんなことから王様の妃になることに。


1年のうち11ヶ月は 好きなものを食べて、好きなものを着て、好きな者と付き合って 遊んで暮らしてもいいが、最後のひと月は 毎日5かせずつ糸を紡がなければならない。

それができなければ首を斬る。


そんな条件のもと、妃になった娘が、案の定 11ヶ月後に泣いていると、黒い小鬼が現れて 代わりに麻を紡いでやろうと言います。


「それで、おれいは?」


「おれの名まえを あててみい。毎ばん 三かいまで言わせるよ。だけど、ひと月しても あたらなかったら、おまえはわしのものだ。」



約束通り、毎朝 麻を取りに来て、毎晩 5かせの糸を持って来る小鬼に、お妃はいろんな名前を言うのですが、ちっとも当たりません。


とうとう、ひと月が終わるまで あと1日という日になって…




他に「ちっこい ちっこい」を収録。


イギリスの民話です。


類話に、グリム童話の「ルンペルシュティルツヘン」があります。

私には こちらのほうが子どもの頃から馴染み深く、「トム・チット・トット」というのは この絵本で初めて知りました。


「ルンペルシュティルツヘン」で小人がお妃に要求したのは「お妃が最初に生んだ子ども」でしたが、「トム・チット・トット」では お妃自身です。


また、日本の昔話「大工と鬼六」も、鬼の名前を当てるお話ですが、こちらは大工の目玉。


子どもの頃、この手の昔話を読むたびに「どうして名前を当てられたら魔物が力を失くすんだろう?」と不思議に思いましたが、「本当の名前を呼ぶことは その者の霊的人格を支配すること」というような思想が世界各地にあることを後に知ると、お伽噺は侮れないと思うようになりました。


荒唐無稽なようでいて、その中に真実を隠していることもあります。




この絵本、スズキコージさんの絵が ものすごいインパクトで、子どもの頃に この絵本に出会っていたら、強烈に記憶に焼き付いたに違いありません。


不思議と、子どもは 不気味でナンセンスなものを好む傾向があるようで。


子どもの頃に この絵本を読んだという人たちのコメントに、「怖いのになぜか何度も手にとってしまった」という内容のものを よく見かけました。


この「怖い」というのは、表題作の「トム・チット・トット」より 寧ろ同時収録の「ちっこい ちっこい」の方でしょうか。



むかし、ちっこいちっこい村の ちっこいちっこい家に


ひとりの ちっこいちっこい 女が、住んでいました。




この「ちっこい」というのは、絵を見る限りでは 小人サイズの「ちっこい」で、蟻が犬くらい、かたつむりなんか両手で抱えるほどの大きさです。



さて ちっこいちっこい女が、ちこちこっと 行くと、


ちっこいちっこい門に きました。




同じ言葉の繰り返しがおもしろく、それでいて なにやら薄気味悪いお話です。


墓石の上に骨を見付けて、


「このちっこいちっこい ほねは、


わたしのちっこいちっこい 夕はんの


ちっこいちっこい スープになるわ。」



とは、シュールすぎて理解できないセンスですが、なぜかこういうお話ほど 子どもは喜びます。


これ、うちの娘がちっこいうちに、是非とも読み聞かせたかった!


ちっこいちっこい声で読んでいって、最後の あの一言を大声で読んだら、きっと大ウケしたと思います。



そうそう、怖いといえば、「トム・チット・トット」も やっぱり かなり怖いかも。


あのお妃、最初の1年は小鬼のお陰でやりすごしたけど、翌年からはどうしたのでしょう?


元来が怠け者で、糸紡ぎのことは何も知らないというのに。


痛快な結末の、その続きを想像すると、なんだかぞっとします。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2012/07/02 16:49] その他の絵本 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
<<さかなはおよぐ | ホーム | これってほんとにインゲンですか?>>
コメント
----
私、コレ、知ってる!?
話の内容を読んで、記憶にあるだ!
「お妃の首」ってところで記憶が蘇っただ
子供の時に読んだんだと思うんだ。
久々に思い出してちょっとゾクっとしたぞ
子供の頃に怖い・けど好きっと思った作品は
その後も何かの拍子にポンっと蘇って
怖さがジワ~っと来るね(アハハハ)
ああ、懐かしい~
[2012/07/13 09:38] URL | 満天 #- [ 編集 ]
--満天さんへ--
ご存知でしたか!


私は先日初めて読んだのですが、スズキコージさんの絵のインパクトが只事ではありません。
これは、一度読んだら忘れられないだろうなぁと(笑)


大人になると、子どもの頃とは違うポイントで怖いと思ったりしますね。


一度は妃にした娘の首を「~ができなければちょんぎるぞ」と言い、ほんとに実行するだろう王様のほうが、魔物より余程怖いです。


まあ、娘と母親の考えが甘すぎたんですけど(笑)


子どもの頃はきっと、フツーに魔物が怖くて、名前を当てられないまま期限が迫ってくるのにドキドキしたのでしょうが。


あと、あの「ちっこい ちっこい」のシュールな展開、子どもの頃に読まれた満天さんはどう思ったのかな~と、すごく興味があります(笑)
[2012/07/13 16:44] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/329-8ec8caa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。