スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ!
月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! (コバルト文庫)月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! (コバルト文庫)
(2012/08/31)
氷室 冴子

商品詳細を見る


まさか、今になって氷室冴子さんの新刊が読めるとは思ってもみなかった。


私の中学・高校時代は集英社コバルト文庫の黄金期で、氷室冴子さんは その看板作家だった。

「シンデレラ迷宮」でファンになり、その後は他の出版社のものも全て、氷室さんの著作を見付ける度に買った。

コバルト文庫の他の作家の本を読まなくなってからも、氷室さんだけは別で、二十歳過ぎても相変わらず新刊を楽しみに待ち続けた。


ところが、1996年、「銀の海 金の大地」11巻を最後に、ぱったりと新刊が出なくなってしまう。

「銀の海 金の大地」は、古事記の「佐保彦の叛乱」をモチーフにした大作だった。

11巻で、序章とも言うべき「真秀(まほ)の章」が完結し、次からはいよいよ本編「佐保彦の章」に突入…というところで、11巻のあとがきを読む限り、氷室さん御自身も非常に意欲的で、この作品に対する並々ならぬ思い入れが感じられた。


それなのに、である。


いつかきっと…と、続きを待ち続けて12年が経過した2008年6月、氷室さんの訃報を聞き 茫然とした。

「銀の海 金の大地」も、「碧の迷宮」も、「冬のディーン 夏のナタリー」も、もう永遠に 続きを読むことは叶わなくなってしまった。



ところが、今年の8月31日に氷室さんの新刊が出たというのである。

早速注文したが、これがなかなか届かない。

9月9日に注文して やっと届いたのは9月24日で、奥付を見ると半月ほどで第二刷となっている。

そして、新刊だというのに、帯も、いつもは付いてる「乙女ちっく通信」というインフォメーションペーパーも 栞もない。ガッカリ…。

それほど売れると見込んでいなかったのが予想以上に売れてしまい、大慌てで刷ったので 帯やチラシにまで手が回らなかったのだろうか?



待望の新刊は、単行本未収録だった「月の輝く夜に」、「少女小説家を殺せ!」、「クララ白書番外編 お姉さまたちの日々」の3編に、「ざ・ちぇんじ!」前・後編を加えた計4編で構成されている。

単行本未収録作品だけでは1冊分としてややボリュームが足りなかったのかもしれないが、「ざ・ちぇんじ!」は既に持っているので、往年のファンとしては単行本未収録作品だけにして価格を抑えてくれたほうがありがたかった。


が、これほど内容がバラバラの4編をまとめて1冊の本にするなんて、通常は考えられないことなので、そこまでしてこの本を出した編集部の熱意には感動するし感謝もする。


「月の輝く夜に」は 独立した短編でシリアスな平安朝もの。

「少女小説家を殺せ!」は 個性的な少女小説家たちが しのぎを削る業界パロディ「少女小説家は死なない!」の続編。

「お姉さまたちの日々」は ミッションスクールの寄宿舎を舞台にしたコメディー「クララ白書」シリーズの番外編。

「ざ・ちぇんじ!」は平安時代後期に成立した作者不詳の「とりかへばや物語」を少女小説にアレンジしたもの。



十七歳の貴志子は親子ほどに歳の離れた恋人の有実(ありざね)から、娘の晃子(あきらこ)を預かってほしいと頼まれる。

晃子は十五歳。どうしても貴志子に会いたいのだと言うが、貴志子は気が進まない。

晃子の母で有実の正室・豊姫との間で揉め事があったばかりでもあり、晃子の真意が解らなかった。

流されるままに承諾してしまい、それっきり忘れていた貴志子だったが、ある日 ほんとうに晃子が訪ねてくる。(月の輝く夜に)




初出一覧を見ると、「1990年Cobalt10月号に掲載された同タイトル作品に、2005年Cobalt2月号掲載時、加筆したもの」とある。

「銀の海 金の大地」11巻が最後かと思っていたが、これが氷室冴子さんの最後の作品らしい。


コメディーを多く書かれているので その印象が強いが、こういったシリアスな平安朝ものを読むと、とても美しい文章を書かれる方だったとあらためて思う。

誰も幸せではないのに、読み終えてみれば 美しかったなと、ただそう思う。


表紙と挿絵は今市子さんで、これまた美しくてイメージにぴったりだった。



もうどうしようもないことだけど、角川文庫から出ていた「碧の迷宮」の続きも読みたかったなぁ…

シリアスな平安朝ミステリーで、平成元年に上巻が出てそれっきり。

でも、私の記憶違いでなければ、それから4、5年後のこと、書店に貼り出してある「今月の新刊」という一覧表に「碧の迷宮・下巻」が載ったことが確かにあった。

そこに書かれていた発売日に嬉々として買いに行ったけど、その日発売の他の本はちゃんとあるのに「碧の迷宮」だけなくて。

それから何日も通いつめて探したし、店員さんにも聞いたけれど「出てませんねぇ」と言われるばかり。

「今月の新刊」に載ったということは、もう原稿は上がってたと思うんだけど…

どうして出なかったのか、未だに謎である。


「碧の迷宮」にもきっと今市子さんのイラストが合うだろうな~と思う。

出してくれないかな~。

ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:コバルト ・ コバルト文庫 - ジャンル:本・雑誌

[2012/10/04 17:26] 氷室冴子 | トラックバック(0) | コメント(8) | @
<<赤い実はじけた | ホーム | 信長協奏曲7>>
コメント
--お久しぶりです^^--
asagiさん お久しぶりです~(o≧∀≦o)
メッセージ、とっても嬉しかったです!
ありがとうございます☆

振り返ってみれば 早いような~~長いような~~
どちらとも言えない5年、でしたが
おかげさまで ここまで再発せずに
過ごさせて頂くことができました(〃▽〃)

娘さんもお元気なご様子で☆とてもとても嬉しいです!
うちの上の子も 中学生になりましたΣ(・ω・ノ)ノ!
小学生の頃とは全く違う生活リズムや、成長に、
少し切なさを感じたりしながら(。-∀-)
これからも こうして親子一緒に過ごせる日々を
大切にしていこうと思います(*^^)

長々とすみません(´∀`;)
季節の変わり目ですので、asagiさんも娘さんも
風邪など引かれませんように お気をつけて、
v-34を楽しんでくださいねi-80

メッセージ本当にありがとうございました(*´∀`*)ノ″
[2012/10/17 12:20] URL | みぃ #- [ 編集 ]
--満天--
氷室冴子さんの作品は、なんて素敵にジャパネスクを読んでいました~。
でも、氷室さんがお亡くなりになっていたとは知りませんでした。
ちょっとビックリしています。
で、本の写真を見て、え?氷室さんて…今市子さんに絵がソックリ!えっ~そうだったけ?と思いましたがな(ハハハハ)
記事を読んで納得。懐かしい人の作品に感涙です。
[2012/10/17 16:05] URL | #- [ 編集 ]
--みぃさんへ--
こんにちは。
わざわざありがとうございます^^

入院と通院治療で二年余り。
当時は気が遠くなりそうでしたけど、気付けば退院からもうすぐ4年が経過します。
過ぎてしまえば あっという間だったような気もしますね。

早く安心したいと思いつつ、中学二年生になった娘を見ると、大きくなるのはもっとゆっくりでいいよと言いたい気も(笑)
複雑ですね~

みぃさんのお元気な様子、お子さんたちと過ごす楽しそうな日々をブログで拝見するのは楽しかったです^^
どうぞお身体に気をつけて、これからもうんと楽しい日々を送ってください!
[2012/10/18 14:20] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--満天さんへ--
「なんて素敵にジャパネスク」面白かったですね~^^
コメディーだと思って油断してたら、2巻ではまさかのシリアス展開に泣かされたり。

氷室さんの訃報を目にしたのは、うちの娘が入院していた頃、たまたま洗濯をしに自宅に帰っていた時でした。
久しぶりにパソコンを立ち上げたら、Yahoo!ニュースの見出しにそれがあって。
どうしようもなく沈んでいた時期ですから余計に落ち込みました。

中高生の頃、たま~にファンレターを出すと時々お葉書をくださって、それは今でも宝物です。
いつも漫画家の藤田和子さんのイラスト(氷室さんの似顔絵)が印刷してあって、必ず手書きでメッセージが添えられていました。

ほんと、久々に手にした新刊に感無量です…
[2012/10/18 14:54] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--おひさしぶりです!--
asagi様、こんばんは!
数年前に「白夜のナイチンゲール」でコメントさせて戴いてた
みこです、ご無沙汰しています!

さっき久しぶりに「木いちごのおうさま」を検索していたら
(あ、新刊絵本は発売直後に買いました☆でも童話集はまだ探し中です・・・)
こちらがヒットしまして、
なんとなく氷室さんをクリックしてみたら知らない文庫が!!
なななんと、未収録短編にクララ番外編少女小説家続編
そして持っていなかった「ざ・ちぇんじ」が収録なんて!!
寄せ集めにも程がある内容ですが私が読みたいものだらけ☆

こんな本がでていたなんて全然知りませんでした。
asagi様、書いていただいてありがとうございました~!!
明日さっそく書店へ行ってみます♪
[2013/08/06 20:37] URL | みこ #nLnvUwLc [ 編集 ]
--みこさんへ--
みこさん、お久しぶりです。

氷室冴子さん、お好きでしたか!

「ざ・ちぇんじ」が未読でしたらお買い得だと思います。

こんな内容バラバラの短編と長編の寄せ集め、通常なら考えられませんよね。

ただ、解説も何もなくて残念でした。

当時の担当編集者さんなり、懇意だった作家さんなりに解説をお願いできなかったのかなぁと。

この本が出るまでの経緯に触れるような文言もなく、唐突な感じが否めません。

もちろん、未読の小説を読めたのは嬉しかったんですけども。

この記事が みこさんのお役に立ててよかったです^^



[2013/08/07 16:44] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
--買ってきました!--
こんにちは。
先日行きつけの書店へ電話で取り置きをお願いし、
今日買ってきました! 嬉しい!!
やはり「厚っ☆」と見るなり思いました。
でも「ざ・ちぇんじ」が無いと薄そうですしね。

「ざ・ちぇんじ」は昔持ってたんですよ。大好きで。
ジャパネスク同様峯村さんのイラストが好きでしたが
全部処分してしまい・・・もったいない!
ジャパネスクの2巻だけは感動ものなので後に買い直しましたが。

とにかく小・中のころは漫画・児童文学・コバルト・少しの翻訳小説で
読書生活成り立ってたので、
氷室さん作品は大事な思い出です。しかも今読んでも面白い!
あらためてすごい作家さんだったんですね。
(「少女小説ワンダーランド」のような特集本も好きです。)

さてこの本、表題作以外は挿絵がなくて寂しいですが、
今さんの装画や挿絵が素晴らしくてうっとりします。
読むのはこれからです。楽しみー♪

[2013/08/08 15:37] URL | みこ #nLnvUwLc [ 編集 ]
--みこさんへ--
こんにちは。

実家に帰れば今もコバルトシリーズの氷室さんの本は全部あります。
エッセイや他社から出ていた小説のうち何冊かは手放してしまったのですが、コバルトシリーズは愛着があり過ぎて。

ジャパネスク2は名作ですよね~^^
そして「金の海 銀の大地」と「碧の迷宮」上巻は、実家ではなく今も手元にあります。

いつか続きが出るはずと信じていたものですから。

私の小中学生の頃も同じで、漫画と児童文学とコバルトシリーズと赤川次郎、そこにたまに文豪の名作が挟まって成り立ってました(笑)

久々のコバルト、あの頃の空気にどっぷり浸ってお楽しみください^^
[2013/08/09 15:53] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/338-d1e0e5b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。