スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女
RDG4 レッドデータガール    世界遺産の少女 (角川文庫)RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (角川文庫)
(2012/12/25)
荻原 規子

商品詳細を見る


戸隠から帰り、残りの夏休みを玉倉山で過ごした泉水子は、深行から意外な事実を知らされる。

和宮が深行に憑いてしまったこと。

合宿中、如月仄香の舞で 深行と真澄が消えてしまった例の一件の顛末。

そして、現実とは異なる層で、泉水子と真夏を連れ戻すために力を貸してくれたのが和宮だったということ。


夏休みが終わって鳳城学園に戻った時、正門をくぐったところで 泉水子はかすかな違和感を覚える。

学園祭の準備に追われ 忘れてしまうが、水面下ではひっそりと陰陽師の計画が動き出していた。


今年のテーマである「戦国学園祭」の衣装の着付け講習会で、急遽モデルを務めることになった泉水子は 三つ編みを解くことによる姫神の出現を危惧するが、深行に教わった九字の護身で何とか乗り切ったかに見えた。

が、その護身が仇となり、講習会を終えた後、髪をきっちりと編み直した泉水子に姫神が降りる。

もはや紫子が泉水子にかけた暗示は解け始め、三つ編みは封印の意味を成さなくなった。

姫神は深行に恐るべき事実を語る。



RDG3の感想はこちらから。



※ネタバレがありますので未読の方はご注意ください。





今まででいちばん泉水子の態度にイラッとさせられた巻だった。

深行が気の毒でたまらない。

姫神を畏れながらも、なんとか機嫌を損ねないよう 姫神の気の済むようにさせつつ、泉水子を取り戻そうと頑張ったというのに、どこをどう解釈したら姫神とのデートを楽しんでいたことになるのか。

泉水子にも真響にも全く共感できず、泉水子は「なにこのめんどくさい女」って感じだし、真響には「片方の言い分しか聞いてないくせに知ったふうな口きくんじゃねーよ」と言ってやりたい。


今回 姫神の衝撃の告白を聞いて思ったのは、泉水子がさっさと死んじゃえば姫神に成り代わることも人類を滅ぼすこともないんじゃないの?ってことだった。

ほんともうそれくらい泉水子がうざかった…

実際はそう簡単にはいかないから、姫神がああも気の遠くなるような手間ひまかけて時を彷徨い、未来を改変しようとしているのだろうけれど。

にしても、姫神=未来の泉水子(?)と考えると やっぱり深行と同じようにタイムパラドックスに頭を抱えてしまう。



この巻のクライマックスは姫神の告白だったが、次に印象に残ったのは戦国学園祭の全体イベント第二案の内容だった。

川中島合戦のようなメジャーなものではなく、地元を意識したローカル・バージョン「八王子城の攻防」。

小田原城の支城だった八王子城の落城は、当時でもめったに見ないほどひどい流血沙汰だったという。

歴史の教科書には載っていないローカルな史実ではあるけれど、戦国時代の終焉を招く重要な合戦だった…とか、歴史は結構好きだったのに全然知らない内容で興味深かった。


その八王子城の亡霊を呼び寄せて、高柳がしようとしているのは一体何なのか?

次の巻でやっと学園祭が始まる。


ストーリーは面白いんだけど、泉水子がもうちょっと魅力的だったら あんまりストレスなく読めるのになー。

美人でなくても性格が地味でも全然かまわないけど、とにかくイライラさせられるし思考回路が理解できない 共感できない うざい!

今のところ姫神が憑くという特殊な血筋以外に惹きつけられるものがない。


残すところあと2巻。

次巻こそは少しくらい泉水子を好きになりたい。ヒロインなんだから。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

[2013/09/28 16:50] 荻原規子 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
<<現代語 万川集海 陽忍篇 | ホーム | RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた>>
コメント
--地元ですよー--
ご無沙汰ですー。あれ?このペンネームで連絡してましたっけ?
安房直子さん好きの東京の私です。

八王子城、地元ですよ-。なんか凄い伝説いっぱい残ってますよー。そのうち、お目にかかってゆっくりお話しできるといいですねー。
あと10年ぐらい(?笑 の間に)
[2013/09/28 20:53] URL | しゅん #- [ 編集 ]
--しゅんさんへ--
こんにちは。お久しぶりです!
うちのパソコン突然ダウンするので、この頃は立ち上げるのが億劫になってしまって更新頻度も減りました。
お返事が遅くてすみません!

八王子城、地元でしたか!
この本の中にも「滝が三日三晩血で赤く染まった」とか、「本丸が落ちる時、二人の修験者が焼け死ぬまで護摩を焚いて戦勝の修法を行っていた」とか悲惨な話がいっぱいでした。
凄い伝説やら幽霊話やらたくさん伝わってそうですよね。

でも、そういう神霊スポット目当てとは別に、八王子城址に行ってみたくなりましたよ~
ほんとに、いつかゆっくりお話できるといいですね^^
[2013/09/30 12:46] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/360-f7d44590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。