スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
トムは真夜中の庭で
トムは真夜中の庭でトムは真夜中の庭で
(2000/06)
フィリパ・ピアス高杉 一郎

商品詳細を見る


子どもの頃から本が好きで、たくさん読んでいたつもりだったのに、おとなになってふと気付けば、名作と名高い児童文学は案外読んでいませんでした。
この本を初めて読んだのは、二十歳前後だったと思います。


決して悲しいお話ではないのに、読み終えた途端、涙が止まらなくなって困りました。
ほんとに、どこかが壊れたのかと思うくらいぼろぼろ泣けてしまって。
この物語の何が心の琴線に触れたのかはわかりませんが、もしも中学生くらいの時に読んでいたなら、あんなに泣かなかったかもしれません。


弟のピーターがはしかに罹ったせいで、おばさん夫婦の家で一夏を過ごすことになったトム。
ほんとうなら、この夏、ピーターと二人で庭のりんごの木の上に家をつくろうと、楽しい計画をたてていたのです。
夫妻の住居は大きな邸宅を改装したアパートの一室で、トムは、そんな狭苦しいところに閉じ込められて、遊び相手もなしに過ごすのはまっぴらでした。


ところがそこでは、退屈だなどとは言っていられないような出来事が、トムを待ちうけていたのです。
真夜中、玄関ホールの古い大時計の鐘が、あるはずのない十三時を打った時、裏庭に出たトムが見たのは、ビクトリア時代の庭園でした。それも昼間の。


毎晩のように部屋を抜け出し、庭園を散策するトム。
庭園は夜毎に、一日のうちのいろいろな時間、違った季節でトムの目の前に現れます。
そこを歩きまわる古めかしい衣裳の人々には、トムの姿は見えず、声も聞こえないようなのです。


たった一人、ハティという名のちいさな女の子だけが、トムの姿を見ることができました。
(ほんとうはもう一人、トムの姿が見える人がいるのですが、これは内緒です。)


お互いのことを幽霊だと思っているトムとハティは、状況は全く違うものの、二人ともが孤独でした。
遊び相手が欲しかった二人は、すぐに仲良くなるのですが…。


このお話は、あんまりあらすじや感想を並べ立てると、初めて読む方の楽しみが半減してしまうので、この辺で。
未読で、これからこの本を読もうという方々が、ちょっと羨ましいです。


児童書ですが、おとなでも読み応えがある、というより寧ろ、おとなが読んだほうが心に響くものがあるかもしれません。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

[2007/12/03 14:38] フィリパ・ピアス | トラックバック(0) | コメント(6) | @
<<夢十夜 | ホーム | 北風のわすれたハンカチ>>
コメント
--間をおかずのコメント恐縮です・・・--
asagiさん、こんばんは☆
コメントしていた記事の近辺からいろいろ読ませていただいてたところ、「そうそう!」ってところがいっぱいでついまたコメントしたくなっちゃいました。

「しのはきょろきょろ」私も初・谷川作品でした☆っしてシンプルな和田さんの絵も♪
このシリーズは教室にあったので何度も読んでいて、大学時代懐かしくて数冊買ったくらいです。
しのがデパートでうろうろしてお話を創造していくところが大好きでした♪

「きいちご」「星のひとみ」お国柄か本当に気持ちのいいほど清らか。「きいちご」はぶどうパンとミルクコーヒーにうっとりしました。ピンクレディーの「UFO」で「飲みたくなったら○○○~♪」の歌詞には「きいちごの王さまだ!」と思ってました。古本もなかなかでない作品、いつか手元におきたいなあ。

「はるかな国の兄弟」私も他よりこれが好きです。
本来なら私好みではないのに、なぜか惹かれますね。不思議な作品です。

「トム」これはもう・・・なんともいえません。素晴らしい!30になってから出会って、私もこれは大人にこそ分かる作品だと思いました。「時の旅人」もそうですが、児童文学好きで良かったと思える作品です。少女時代に出会ってたらどれくらい心に残ってたんでしょうか。

ではでは今日はこの辺で、おやすみなさい☆
[2010/06/26 23:59] URL | みこ #nLnvUwLc [ 編集 ]
--みこさんへ♪--
古い記事を丹念に読んでくださって、すごく嬉しいです~^^
ありがとうございます!


「UFO」の歌詞、言われてみれば…
いつだったか、原由子さんがカバーしたのを車の中で聴いててつい「いいな~、そんな男。サイコーじゃない。」と本音がダダ漏れしちゃったことが(笑)

「はるかな国の兄弟」はね~
幼稚園児だったうちの娘が、ヨナタンが死んだ後、近所のおばさんたちが「なんでヨナタンのほうが…」とお母さんにお悔やみを言うシーンで、言外に「クッキーが死ねばよかったのに」と言ってるのが解るらしくて「ひどい!」と憤慨してました。
だってあの時、誰よりもクッキーがいちばんそう思ってたはずだから。

「トムは真夜中の庭で」は、私の場合たぶん、初めて読んだ時既に大人だったからこそ感銘を受けたんだろうなぁ…。
「100万回生きたねこ」とかも、子どもの頃に出会っていたら、読む度に泣くなんてこと、きっとなかったと思います。

ほんと、絵本や児童文学が好きでよかった^^
[2010/06/28 13:25] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
----
こんばんは!
ほんとうに、少女時代だけでなく、今でも書店や図書館へ行くと児童書コーナーへ必ず行きますから、そういう癖のおかげで近年もこういう名作の数々に出会えたし、上橋菜穂子・荻原規子・あさのあつこ・森絵都・佐藤多佳子など今をときめく作家さん達とも早くから出会えましたから、幸せな読書生活ですね☆

ちなみにasagiさんがもってらっしゃる「水曜日のクルト」のように、水玉デザインの偕成社文庫は、「ホッツェンプロッツ」シリーズ持ってます。これ中学時代に図書室で借りて大好きになり、大学時代に買いました。息子達も面白くてむさぼるように読んでましたわ☆
親子で楽しめるのも絵本・児童文学の良さですよね♪

小学校時代の図書館では「ドリーム77」「トンカチと花将軍」など不思議なお話が好きでした。教室文庫には「こどものとも」や、かこさとしさん作品が多く、家で海外モノを読んでいた私にとって学校は日本の作品に出会えるワンダーランドでした~♪
だから中学になるとおこづかいで講談社文庫の児童文学シリーズ(当時あった)を良く買いました。「コロボックルシリーズ」「ちいさいモモちゃんシリーズ」「霧の向こうのふしぎな町」などなど。150円から300円くらいで買えたんですよ、いい時代だった・・・
[2010/06/29 00:04] URL | みこ #nLnvUwLc [ 編集 ]
--みこさんへ--
こんばんは~

あさのあつこさんの「バッテリー」は、残念ながら私には合わなかったのですが(^^;
荻原規子さんは大好きです!
佐藤多佳子さんは、「MOE」を毎月買っていた頃、MOE童話大賞を受賞したデビュー作の「サマータイム」に一目惚れ、単行本が発売した時すぐに買いました^^
「九月の雨」と共に、今も大切に持ってます。

上橋菜穂子さんは、そのうち是非読みたいと思っているのですが未読(^^;

「ホッツェンプロッツ」あんな古い偕成社文庫でも出てたんですね!
知りませんでした。私が読んだのは小学校の図書室にあったハードカバーで。

コロボックルシリーズは、小学校の頃「だれも知らない小さな国」を何度も繰り返し読みました。
もう、ほんとうに大好きで^^
なのに続編を1冊も読んでないのはなぜだろう…

今は文庫本も高いですよね~(^^;
置き場所にも困るし、読みたい本はたくさんあるのに気軽に買えないのが悲しい(>_<)
持ってる本を思い切って処分しながらじゃないと、迂闊に増やせないんですよね…
[2010/06/29 20:42] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
----
asagiさん、こんばんは!
コロボックルシリーズ、私は10歳の頃入院してたときに母が講談社文庫で「ふしぎな目をした男の子」をくれて、はまったんです。大人になってハードカバーで買い揃え宝物にしてます♪
でもやっぱり私も「ふしぎな・・・」ばかり読み返しますねぇ。最初の思い入れかな?

この前「だれも知らない小さな国」の講談社文庫、古本屋で見つけましたよ~☆
私の持ってるのもそうだけど、講談社文庫ってぜんぜん黄ばまなくって、30年経ったいまでもきれい☆ しみはあっても紙の色は白いんですよ!
すごいですよね。

私は一本持ってる本棚に入るだけと決めていて、新たに買ったら同じくらい売ります。
これがさみしいんですね~。
無限に入る本棚があったら・・・☆

あ、上橋さんの守り人シリーズ、1作目とっつきにくいかもしれませんが、2作目はさらに女主人公がかっこいいので、機会があれば是非♪

ちなみに「まほうのほうき」「せかいいちおいしいスープ」私も大好きです!!

ではではいずれまた☆☆
[2010/06/30 21:43] URL | みこ #nLnvUwLc [ 編集 ]
--みこさんへ--
こんにちは~

私も、10歳の頃に初めて「だれも知らない小さな国」を読みました^^
函入りのハードカバーでした。
近所のおねえさんがもう読まないので捨てると言っていた本を、父が「もったいない!」ともらってきたんです。
一緒にもらってきた他の本には一向にそそられなかったのに(伝記ものが多かった!)、この本だけは何度も何度も読みました。

講談社文庫といえば、立原えりかさんの童話集、講談社文庫で出たものは全部持ってます^^
何年も本棚に眠ったままだったけど、そうですか、講談社文庫はそんなに紙の質が良かったんですね~
今度確かめてみます^^

私も、ドラえもんのポケットのように無制限に収納できる本棚が欲しい…(>_<)
[2010/07/01 14:58] URL | asagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/48-e48cb890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。