スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
夢十夜
夢十夜;草枕 (集英社文庫)夢十夜;草枕 (集英社文庫)
(1992/12)
夏目 漱石

商品詳細を見る
「こんな夢を見た。」で始まる、十の夢の風景。
短編と呼ぶには、それより更に短い、連作小品集。夏目漱石の小説です。


第一夜が殊に美しく、何年経っても記憶から去りません。


「もう死にます」と、静かな声で言う女の枕辺に座る自分。
白い頬にはほんのりと赤みが差し、唇も赤く、長い睫に透き通るように深い黒の眸。
とても死にそうには見えないのに、彼女は「死んだら、埋めてください。大きな真珠貝で穴を掘って。」と言うのです。
そうして「百年待っていてください」と。


「きっと逢いに来ますから」という女の言葉を信じて、彼は百年を待ち続けます。



↓※うっかり結末を書いてしまったので、初読を楽しみたい方は、この先へは進まないでください。
やがて墓石の下から青い茎が伸び、白い百合の蕾が花弁を開いた時、遙かな高みから涙のような露が百合の花に。


「遠い空を見たら、暁の星がたった一つ瞬いていた。」


この一文だけでも、「ああ、読んでよかったな」と思わせてくれる作品。


そして彼は、この時はじめて「百年はもう来ていたんだな」と気付くのでした。


読後もしばらくは美しい文章の余韻に浸ってしまいます。


対して、全身が総毛立つほど恐ろしいのは、第三夜。


盲目の子供を負ぶって、青田の中の路を行く自分。
確かに自分の子供なのに、なぜか気味が悪くてならず、どこかへ捨ててしまおうと思い、森へ向かいます。
背中の子供は、目が見えないはずなのに、まるで見えているかのようで。


「ちょうどこんな晩だったな」


子供がそう言った途端、なぜかは判然としないけれど、ただ、こんな晩だったように思えるのです。
もう少し行けば、それが分るような気がして、でも、分ってはいけないから、分らないうちに早く子供を捨ててしまおうと、足は次第に速まって。


思い出してはいけないことを思い出しそうで、読んでいるほうも次第にドキドキしてきます。


「お父さん、その杉の根の処だったね」


この言葉に続く最後の数行には、ほんとに背筋がザワッとしました。
ほんの短いお話なのに、何とも表現し難い不気味さと迫力でもって胸に迫ってきます。


余談ですが、昔、職場の同僚二人と話していた時のこと。
何がきっかけだったのか、この本の話になったことがあります。
二人のうち一人は読んだことがあって、彼もまた私と同じで第一夜の話をよく覚えていて、綺麗な話だよねと二人で盛り上がりました。


ところが、もう一人は「う~ん…。そうかなぁ?」
彼が言うには、死ぬ間際の人と、守れないとわかっている約束はしたくないと。
だからといって「そんな約束はできない」と言うのも薄情に思えるし、したらしたでその約束は必ず嘘になるから、そんな約束を迫られるのは嫌だと言うのです。


私と、もう一人は、ただ夢のお話として読んで綺麗だと思ったのですが、彼は、自分こそが死に逝く女性の枕辺に座っている姿を想像したのでした。
ほんと、人によって受け取り方はさまざま。


但し、彼は未読で、私たちの話のみを聞いての感想ですから、実際に読んだ後ならまた違うのかもしれません。


「夢十夜」集英社文庫版の表紙イラストは、漫画家の吉野朔実さんです。
先日、「人間失格」が小畑健さんのカッコいい表紙で話題になっていましたが、文豪の名作も表紙ひとつで随分と印象が変わりますね。
賛否両論ありそうですが、表紙がきっかけで子どもたちがこういった名作を手に取るようになるなら、それもいいんじゃないかと思います。
どちらの表紙も、私は好きだなぁ。

ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

[2007/12/05 16:23] 夏目漱石 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<クリスマスの絵本「サンタクロースの星」 | ホーム | トムは真夜中の庭で>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/49-9a9425f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。