ブルッキーのひつじ
ブルッキーのひつじブルッキーのひつじ
(1989/03)
M.B. ゴフスタイン

商品詳細を見る


だいすきだいすき かわいいこひつじ



文庫本よりちょっと大きいかなというくらいの、ちいさくて薄い絵本です。
絵も文章も至ってシンプルなのですが、胸にじわじわとこみ上げてくる、この愛おしさはいったいなんでしょう。



ブルッキーはひつじが大好きで、ひつじのためにいろんなことをしてあげます。
歌を教えたり、本を読むことを教えたり。
でも、ひつじの歌える歌は、「めえ めえ めえ」。
何を読んでも「めえ めえ めえ」。



だけどやっぱり だいすきだった。



「To my husband」という献辞を見ると、作者のゴフスタインさんは夫をこひつじになぞらえて描かれたのでしょうか。
でも、私はこの本を読むと、あかちゃんだった頃の娘とこひつじを重ねてしまいます。



たくさんの言葉を連ねなくても、誰かを大切に思う気持ちは、こんなにもシンプルに表現できるのですね。



そうして ぴったりよりそった。



最後のページの、この言葉が大好きです。

訳は谷川俊太郎さん。さすが。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
くつろぐブログランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村ランキング参加中。お気に召しましたらぽちっとお願いいたします。
スポンサーサイト
[2008/12/18 11:30] M.B.ゴフスタイン | トラックバック(0) | コメント(2) | @
<<鋼の錬金術師 | ホーム | 幻の名作「エリノア」>>
コメント
--お邪魔します♪--
素敵な本ですね~
見つけたら 読んでみようとおもいます

谷川さんの日本語は すばらしいですよね!
大好きです
[2008/12/21 23:30] URL | necona #z8Ev11P6 [ 編集 ]
--neconaさま--
neconaさん、いらっしゃいませ!



相変わらずパソコンからは書き込みができないので、ケータイから失礼します。


谷川俊太郎さん、いいですよね~(*^^*)
あんなふうに自在に日本語を操ることができたら、どんなに気持ちいいだろうと思います。


「言葉はいつも想いに足りない」って、誰の言葉だったかな。日々痛感してます(^_^;)
[2008/12/22 08:48] URL | yukinousagi #9kA7E2gM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukigahuru.blog113.fc2.com/tb.php/86-08033d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってます

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集

RSSフィード

BlogPeople

フリーエリア

楽天市場のおすすめ商品

フリーエリア

おすすめお小遣いサイト


おすすめアンケートサイト

メールで送られてくるアンケートに答えてポイントGET! 貯まったポイントは換金できます。 マクロミルは事前アンケートがたくさん届くので、1~2ヶ月で500円貯まりました。

マクロミルへ登録

アフィリエイト

PageRanker